今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

ワインとラク~トルコ蒸留酒~

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
今回はトルコの話を勝手に語ります。

 

 

アラビア語圏ではアラックといわれるトルコの「ラク」をご存知でしょうか?
無色透明ですが、水を加えると白濁するのが特徴です。
そのことからトルコ語では「獅子の乳」という意味の言葉で呼ばれているそうです。アルコール度数は高めで、45%以上あります。食前酒の役割を担うことが多いといえます。

 

このラクの原料ですが、ワインなのです。

 

実はトルコというのは、ブドウ栽培面積は世界でも屈指の規模を誇っています。トルコワインもありますが、宗教はイスラム教スンニ派で、イスラム教徒人口で計算すると全人口の99%だといわれます。
しかし他のイスラム系の国と異なり、飲酒が厳禁とまではなっていません。そのためトルコワインだけでなくビールも製造されています。
そしてワインを原料とする蒸留酒がラクです。

 

ただし酒類を多く飲むのには「壁」があるのはイスラム圏ならではです。
それは税率です。
他のイスラム諸国と同様に税率が高いため、気軽に飲用するものではないのが現実です。そのため、トルコワインは国内消費より輸出が中心のようです。

 

ブドウ栽培については、食用が中心で、ワイン用としてはごくわずかなようです。しかも、製造されたワインは、ラクの原料にするために蒸留します。その割合はワイン全体の約4分の1程度にまで及ぶようです。

 

そういう意味ではトルコワインは貴重ともいえるかもしれません。
トルコ原産のオクズギョズやボアズケレ、カレジックカラスなどの品種がトルコワインの赤で、白なら、やはりトルコ原産のナリンジェやエミール、ボルノファミスケティ種などがあります。
日本でラクを飲むというのもありでしょうが、やはり今宵はワインを贈りたいと思います。

 

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ