今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

ワインを飲む順番

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
ワインを複数用意した際、どの順番で飲むのが良いでしょうか?
勝手に語っていきます。

 

 

同じ銘柄・同じ年代のワインなら、飲む順番は関係ありませんが、タイプの異なるワインの場合、どちらを先に飲むか、考えてみるもの良いでしょう。
基本はライト感覚のものからヘビー感覚のものへ、という順番です。

 

あるいは、こんな図式もあるかもしれません。

 

食前酒 : スパークリングワイン
食中酒 : 白 → 赤
食後酒 : 貴腐ワイン

 

ビールだったらアルコール度数の低いものから高いものへという順番もありますが、やはりワインと同じように「軽 → 重」が一般的かもしれません。

 

軽いとか重いというのは、ボディ、要するに舌で感じる味わいの重い・軽いに関係します。
軽いものから、重いものへ、辛口から甘口、若いワインからヴィンテージワインへ、等々によって、各々のワインの味わいを感じ取りやすくなるといわれます。

 

よくいわれることで、重いワインのあとに軽いワインを飲むと、味が薄くなってしまったり、甘口のあとに辛口を飲むと、辛さが際立って旨味がなくなるとかというのも、頷ける話といえます。

 

でも注意しなければならない点もあります。

 

もし複数のワインをプレゼントで渡し、一緒に食事会で飲む場合、プレゼントした相手があまり飲めない人だとしたら。
高価なヴィンテージワインを開ける前に、もう飲めない状態になってしまったら本末転倒です。

 

最も大事なのはプレゼントした相手のことをよく考えることが重要で、順番はその後の話です。

 

コメント

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ