今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

ディオニュソスとヒポクラテスとワイン

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
今回はワインの歴史について語りたいと思います。全てを語るのは大変なので、ヨーロッパに伝わった頃に焦点を当てます。

 

 

ワインといえばヨーロッパというイメージが強いと思います。
歴史的にもヨーロッパに伝わったのは紀元前3000年以上前ともいわれます。
伝わった地はギリシアです。

 

フェニキア人によって伝えられたといわれ、古代ギリシャでワインは盛んに造られるようになりました。
ギリシャ神話では、酒の神であるディオニソスの登場です。豊穣とブドウ酒と酩酊の神です。

 

ワインの伝来の神話も残っています。

 

エジプトやシリアなど、各地を遍歴したディオニュソスはイーカリアー村で農夫イーカリオスのもてなしを受けた。
ディオニュソスはそのお礼として、イーカリオスに葡萄の栽培と、ワインの製法を伝授した。イーカリオスはそのワイン製法を実践し、完成したワインを村人たちに振舞った。
しかしここで悲劇が起きた。
生まれて初めて酒を飲んだ村人にとって、「酔う」ということそのものが理解できなかった。毒を盛られたのではないか、と誤解するようになり、村人たちはイーカリオスを殺害してしまった。
娘のエーリゴネーはその死体を見て、激しいショックと悲嘆により、その場で首を吊ってしまった。

この悲劇の次第を知ったディオニュソスは怒った。
村の娘を全員、狂気に陥らせ、しかも集団縊死させたのである。

やがて村人たちはワインが毒ではないと知り、誤解であったことを気づいた。村人たちによって殺された父と自殺した娘を丁寧に供養した。これによりディオニュソスの怒りも収まった。
これ以降、この地は葡萄の産地として名を知られるようになった。

 

何ともいえないギリシア神話のワイン伝来物語でした。

 

神話はともかく、紀元前1100年ごろには、既にギリシャは有数のワイン輸出国だったようです。

 

もう一点、古代ギリシャとワインの関係を。

 

医学の父と呼ばれるのがヒポクラテスですが、ワインについて医薬品として扱う記述があります。効能効果は、解熱作用・利尿作用・疲労回復でした。
古代ギリシャは、ディオニュソスに代表される「酒」という役割だけでなく、医薬品でもあったというのは、何とも興味深いことです。

 

コメント

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ