今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

ヴィンテージワイン・「あたり年」と「はずれ年」

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
ヴィンテージワインを語るとき、よく「あたり年」「はずれ年」という言葉が聞かれます。

 

プレゼントとしてヴィンテージワインを贈る場合、何となく気にしてしまうかもしれませんが、この意味とは何でしょうか?

 

 

この「あたり年」「はずれ年」というのは、ワインそのものではなく、原料のブドウの収穫時の状態のことを差します。

 

ブドウは、天候の良し悪しによって味が変わるといわれています。そのため、天候に恵まれた年のブドウは「あたり年」となり、天候不順の年は「はずれ年」となります。
天気が良い日が続いた年は、ブドウがよく熟すため、糖度が高くなり、濃厚な味になります。一方、天気が悪い日が多いと、酸味が強くなり、味は軽くなるといわれます。

 

では、「はずれ年」に収穫されたブドウを原材料とするワインはまずいのでしょうか?

 

答えは「否」か、より正確にいえば「そうとは限らない」となります。

すでに述べたように、「あたり年」「はずれ年」とは、あくまでブドウの出来不出来のことです。いくらブドウが良くても、必ずしも品質が高くなるとは限りません。極端なことをいえば、ブドウの品質が良いだけで、ワインの造り手が手を抜いたり、素人だったりしたら、決してブドウの品質に比例してワインの品質も上昇するわけではありません。同様に、「はずれ年」のブドウでも、造り手によって十分にブドウの品質をカバーすることができることもあるのです。

 

ヴィンテージワインをプレゼントする場合、もしとことん拘るなら、「あたり年」「はずれ年」とともにワインの造り手についても考慮しないとならなくなるでしょう。
しかし、プレゼントとしてヴィンテージワインを受け取る側は、そこまでの気遣いが理解できるかどうかは、その人次第となるでしょう。
贈る相手によっては、そこまで拘らないといけない人もいるでしょうが、ヴィンテージワイン、特にその人の「生まれ年」のワインをプレゼントするのは、拘るポイントはそこじゃないかもしれません。

コメント

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ