今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

ワインはコーカサスより始まる

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
ワインの歴史は古く遡ることができます。今回はコーカサス山脈近くのジョージアです。

 

 

2017年11月13日、アメリカ科学アカデミーの機関誌で、ワインの歴史について注目すべき記事が掲載されました。
ジョージアの首都トビリシの近郊で発掘された土器のかけらから、ワインをつくるためぶどうを発酵させた痕跡があったという内容でした。この土器はおよそ8000年ほど前のものだといいます。つまり、人類最古のでワイン製造地域の最有力地域を裏付けたともいえることでした。
ちなみに近くのアルメニアでは、6000年前のワイン醸造跡が発掘されています。

 

この地域は地理的にコーカサス山脈一帯といえる場所で、メソポタミア文明にも近いといえます。メソポタミア文明の遺跡でもブドウ果汁をしぼる石臼が発見されています。この石臼の年代も紀元前4000年ごろといわれています。

 

ジョージアとワインとは、あまり連想できないかもしれませんが、あのクレオパトラもジョージアのワインを愛していたといわれています。そのことからコーカサス周辺からメソポタミアを経由して、エジプトまで広まったワインは、別名「クレオパトラの涙」と呼ばれています。

 

ところで、ジョージアという国ですが、馴染みがあまりないかもしれません。
2015年4月22日の「在外公館名称を変更するための法改正案」が成立する以前は、国家名称として「グルジア」を、それ以後は「ジョージア」と表記することになりました。

 

東西冷戦時代はソビエト連邦の構成国でした。
この国の中央部・ゴリはスターリンの出身地です。

 

独立したのは1991年です。
歴史的に、ロシア帝国、ソビエト連邦により支配された地域であったことから、独立後はロシアとの対立路線を取ることが多いといえます。
1997年に、ウクライナの呼び掛けにより、アゼルバイジャン・モルドバと共にGUAMを結成し、2009年には独立国家共同体 (CIS) を脱退しました。

 

地理的には北にロシア、南にトルコ、アルメニア、アゼルバイジャンと隣接していることから、古来より数多くの民族との交流が激しいエリアです。しかも他民族により支配された歴史もありながら、独自の伝統文化を保っているのは特徴といえるでしょう。東西ローマ帝国の分裂以来の東方教会も守られ、カトリック以上に伝統を守ったキリスト教信仰も残っているようです。

 

それだけ伝統を保持している地域だけに、世界最古のワインも守られ、現在でもワイン生産は盛んです。
コーカサス南麓から始まったワイン、そんな歴史を感じながらプレゼントに贈るのはいかがでしょうか。

 

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ