今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

ボルドーとブルゴーニュ(食事に招かれた場面のプレゼント編) 

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
ボルドーとブルゴーニュの違いについてですが、今回は食事に招かれた場面のプレゼント編です。

 

 

食事に招かれたので、手土産としてプレゼント用のワインを用意するとします。
この場合、相手からリクエストがあれば、それに応じたワインを用意するだけですみます。しかし、あくまで気を利かせてワインを持って行くとなると、最初に考えるのは、どんな食事内容かということでしょう。肉か魚か、和食か、フレンチか、イタリアンか等々。

 

もし料理の内容がわからなかったとしたら、ボルドー、ブルゴーニュ、どちらを選択すれば良いでしょうか?

 

一般にボルドーのワインは香りが繊細、ブルゴーニュは香りが華やか、といわれます。この側面を捉えれば、ボルドーは女性的、ブルゴーニュは男性的といえます。食事に招いてくれた人の性別で判断することもできそうな気がします。
しかし、別の見方でいえば、ボルドーはタンニンが強い傾向にあるため男性的なイメージ、ブルゴーニュは淡い色をしているので女性的というイメージもあります。

 

要するに判断できない、ということになります。

そこで結論、食事内容にあわせられない、性別にあわせられない、ということであれば、以下の選択肢が良いでしょう。

 

もし、招待してくれた人がワインに詳しいなら、話のネタにもなるので、高価でもヴィンテージ・ワインを、詳しくないなら、質より量で、タイプの異なるものを複数プレゼント。

細かいことは考えず、ボルドーでもブルゴーニュでも良いのです。食事に招いてくれた人へのお礼、気持ちなのですから。

コメント

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ