定年・退職祝いプレゼント スペシャルワインギフトのシエル・エ・ヴァン

退職祝いのプレゼント/入社年ワインには、入社から退職までの歴史が詰まっています

あっと驚く!思わず笑顔になる!感動のスペシャルワインギフトのご紹介

イチオシ!退職プレゼントならこちらがおすすめ!

  • 想い出が詰まった感動ギフト 入社年のヴィンテージワイン
    想い出が詰まった感動ギフト ヴィンテージワイン
  • 人気のギフト 名入れ・オリジナルラベルワイン
    人気のギフト 名入れ・オリジナルラベルワイン
  • 特選ワインのギフト券 お中元・お歳暮・お祝いお返しに
    特選ワインのギフト券 お中元・お歳暮・お祝いお返しに
  • 恋の大一番に 恋のエピソードを持つワイン
    恋の大一番に 恋のエピソードを持つワイン

年齢・記念年でワインを選ぶ

生まれた年や各種記念年のワインを一発検索!

  • より華やかにラッピング/素敵を演出する多彩なラッピングメニュー
  • お客様の声
Love Story 愛のワイン物語 -コミック版-
最近すれ違ってばかりの、一組のカップル。どうしたら昔のような関係に戻れるのか、悩む2人......。そんな2人のラブストーリー。

コミック

Love Story 愛のワイン物語 -The Movie-
彼女を怒らせちゃった......。もうすぐ誕生日の彼女に一生忘れないくらいスペシャルなプレゼントをしたいなぁ。

退職のお祝いだからこそ、若かったあの頃を想起する記念品

初々しかった心を呼び覚ます退職祝いプレゼント

学生を卒業し、新社会人として初めて会社へ入社した若かりしあの頃。退職を目の前にすると、会社へ入社したときの緊張感、職場での語りつくせない多くのドラマ、それらすべてが走馬灯のように心に想起されるのではないでしょうか。
退職の理由はさまざまだと思います。定年退職の方、新たな仕事、職場への転職を目指した自己都合の退社、女性ならご結婚や妊娠など、各自会社を辞める理由は色々だと思いますが、定年退職を迎えた上司、転職を理由に退社する同僚などへは、お疲れ様と新たな挑戦を応援するという意味を込めた記念品、素敵な退職祝いのプレゼントを贈りたいですね。

期待と不安が入り混じったご入社から定年退職まで

当ページをご覧の方は、退職プレゼントをお考えなのだと思います。きっとお世話になった上司の定年退職や、同僚の退社に伴う退職プレゼントをお探しなのでしょう。
現在、定年退職は60歳~65歳と段階的に繰り上げを行っている最中で、実際には各会社の規定やご本人など、当事者によってその時期はまちまちなようですが、学生卒業後、多くの人にとって、特に男性にとっては最大のコミュニティ、人によっては唯一のコミュニティが会社・職場に当たると思います。そのコミュニティを今退職されようとする方の心情は、実際にその日を迎えないことにはわかりませんが、自己都合による退社を除き、一般的に想像するに、やはり寂しさを感じるものなのではと思います。
初めてネクタイを締め、スーツを身にまとい、期待と不安を交差させながら新入社員として入社し、無我夢中で走り抜けた年月。会社人間として仕事に没頭してきた方であればあるほど、退職という卒業式は感極まるものだと思います。きっと貴方の会社の上司も、心の中に風が吹いているのではないでしょうか。

退職祝いのプレゼントはアニバーサリーな記念品で

プレゼントには色々なものがありますが、退職祝いならではの贈り物、退職を祝うプレゼントだからこれを選んだといえるギフト・アイテムは、中々ありません。どのような記念日でも併用できるギフト・アイテムが殆どです。では退職祝いプレゼントならでは記念品、特に上司への贈り物となると、どういったものがあるのでしょうか?
シエル・エ・ヴァンは、退職される方がもらって嬉しい、必ずや感動される、特に目上の立場にあられる上司への退職祝いのプレゼントにパーフェクトにマッチする記念品として、ヴィンテージワインをご提案いたします。

職場での想い出がスパイスされた入社年ワイン

入社から定年までのドラマを内包する退職プレゼント

イメージ写真

単なるワインではなくヴィンテージワイン。それも単なる古い年代のヴィンテージワインを退職のプレゼントにおすすめしているのではありません。しっかり意味のある贈り物として、シエル・エ・ヴァンは退職される方がご入社された年のヴィンテージワインを、退職のプレゼントにおすすめいたします。ラベルに刻印された入社年が、退職祝いの記念品として最高のマリアージュを見せるのです。

入社年がラベルに刻印されたワインを退職祝いの乾杯酒に

退職祝いのプレゼントに入社年ワインを贈られるのはもちろんですが、例えば、退職される方の送別会の乾杯酒に、入社年ワインをご利用されるのも素敵な演出でしょう。
ラベルにある自らの入社年を見つめると、深い感慨を感じるはずです。勢いだけは誰にも負けなかった新人時代、仕事で成功し上司に褒められたこと、取引先との商談に遅刻し大失敗をしたこと、初めて上司となり部下ができたときのこと、部長へ昇格し気がつくと社長以外の上司はおらず、職場の全員が目下の立場になっていたときのこと、きっと入社年のワインの味わいには、そんな出来事がスパイスとして詰まっていることでしょう。

引退で気づく最大のコミュニティの存在

ハッピーリタイアという言葉もよく聞かれるようになりました。
特に若い頃は、若くして成功し、50歳を迎えるまでには引退して悠々自適の生活を送るのだとか、そんな夢みたいなことを考えていた、あるいは望んでいたときもあったのではないでしょうか。しかし、いざ自らが60~65歳を迎え、定年退職という立場にたったとき、これまでのルーティンがすべてなくなることを肌で感じると、会社が自分にとって最大のコミュニティであり、そのコミュニティの中で繰り広げられる人間模様や自己成長、出会い、別れ、事件にドラマ等々の喜怒哀楽、実は職場にこそ、家庭とはまた違った自らのプライベートがあったことに気づかれるかも知れません。
そんな寂しさを癒し、さわやかな郷愁を与える退職プレゼントに、シエル・エ・ヴァンは入社年ワインをおすすめします。

ページの先頭へ

  • 人気のギフト 名入れ・オリジナルラベルワイン
  • 想い出が詰まった感動ギフト ヴィンテージワイン
  • 特選ワインのギフト券 お中元・お歳暮・お祝いお返しに
  • 恋愛や感謝ギフトに ハートラベルワイン
  • 恋の大一番に 恋のエピソードを持つワイン
  • おまとめ注文
  • より華やかにラッピング
  • お客様の声
  • オリジナルムービー愛のワイン物語
ワインを選ぶ
ヴィンテージで選ぶ
1948年(69歳)
1949年(68歳)
1950年(67歳)
1951年(66歳)
1952年(65歳)
1953年(64歳)
1954年(63歳)
1955年(62歳)
1956年(61歳)
1957年(60歳)
1958年(59歳)
1959年(58歳)
1960年(57歳)
1961年(56歳)
1962年(55歳)
1963年(54歳)
1964年(53歳)
1965年(52歳)
1966年(51歳)
1967年(50歳)
1968年(49歳)
1969年(48歳)
1970年(47歳)
1971年(46歳)
1972年(45歳)
1973年(44歳)
1974年(43歳)
1975年(42歳)
1976年(41歳)
1977年(40歳)
1978年(39歳)
1979年(38歳)
1980年(37歳)
1981年(36歳)
1982年(35歳)
1983年(34歳)
1984年(33歳)
1985年(32歳)
1986年(31歳)
1987年(30歳)
1988年(29歳)
1989年(28歳)
1990年(27歳)
1991年(26歳)
1992年(25歳)
1993年(24歳)
1994年(23歳)
1995年(22歳)
1996年(21歳)
1997年(20歳)
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
タイプで選ぶ
赤ワイン
白ワイン
ロゼワイン
甘口赤ワイン
甘口白ワイン
スパークリングワイン
ブドウで選ぶ
産地で選ぶ
生産者で選ぶ
  • お得!ワケありセール品
    わけありワイン
プレゼントにワイン
二大銘醸地
奇跡の甘味
ヴィンテージ概観
ヴィンテージワイン概観
1957年(60歳)
1967年(50歳)
1977年(40歳)
1987年(30歳)
1997年(20歳)
2007年(10年物)