父の日プレゼント スペシャルワインギフトのシエル・エ・ヴァン

父の日のプレゼント/感動と郷愁を内包するワンランク上のピュアギフト/大好きなお父さんへ生まれ年のヴィンテージワインでありがとうを贈る

あっと驚く!思わず笑顔になる!感動のスペシャルワインギフトのご紹介

イチオシ!父の日プレゼントならこちらがおすすめ!

  • 想い出が詰まった感動ギフト 父の生まれた年のヴィンテージワイン
    想い出が詰まった感動ギフト ヴィンテージワイン
  • 人気のギフト 名入れ・オリジナルラベルワイン
    人気のギフト 名入れ・オリジナルラベルワイン
  • 特選ワインのギフト券 お中元・お歳暮・お祝いお返しに
    特選ワインのギフト券 お中元・お歳暮・お祝いお返しに
  • 恋愛や感謝ギフトに ハートラベルワイン
    恋愛や感謝ギフトに ハートラベルワイン
  • 恋の大一番に 恋のエピソードを持つワイン
    恋の大一番に 恋のエピソードを持つワイン

年齢・記念年でワインを選ぶ

生まれた年や各種記念年のワインを一発検索!

  • より華やかにラッピング/素敵を演出する多彩なラッピングメニュー
  • お客様の声
Love Story 愛のワイン物語 -コミック版-
最近すれ違ってばかりの、一組のカップル。どうしたら昔のような関係に戻れるのか、悩む2人......。そんな2人のラブストーリー。

コミック

Love Story 愛のワイン物語 -The Movie-
彼女を怒らせちゃった......。もうすぐ誕生日の彼女に一生忘れないくらいスペシャルなプレゼントをしたいなぁ。

お父さんの生まれ年ワインを父の日にプレゼントに

父の日を通じて父親の存在を再考してみてはいかが

イメージ写真

晩春から初夏にかけての梅雨真っ只中のギフト・イベントといえば父の日ですね。6月の第3日曜日に行われる父親への感謝行事です。皆様は日常、例えばお父さんへ感謝の意を表したり、プレゼントを贈られたりされることは父の日を除いてありますでしょうか?恐らく殆どの方がないことと思います。プレゼント・イベントの王道といえる誕生日であっても、父親へ何かプレゼントを贈るということはされない、それどころか、父親の誕生日すら覚えていないという方も少なくないと思います。年に一度のこの機会に、父親という存在をもう一度見つめ直してみてはいかがでしょうか。

父の日の誕生ヒストリー

父の日は、1909年にアメリカ・ワシントン州のJ.B.ドット夫人が、彼女を男手1つで育ててくれた父親を想い、地元教会の牧師に依頼して、父の誕生日である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけといわれています。母の日は当時から既に行われていたことから、彼女は父の日もあるべきだと考え「母の日と同じく父に感謝する父の日を」と牧師協会へ嘆願したことが始まりの起源であるといわれています。

父の日のプレゼントの象徴といえば...

母の日の贈り物といえばカーネーションが広く知られていますが、実は父の日のプレゼントの象徴も花とされています。しかも、花の中でも最も父親のイメージとかけ離れた?「薔薇」が象徴とされています。これはドット夫人が、父の日に父親の墓前に薔薇を供えたからだといわれています。お酒やネクタイ、髭剃り、少し時代をさかのぼるとタバコなど、お父さんを連想させるプレゼントは色々ありますが、実は最も父親のイメージから遠い物が、父の日のプレゼントの象徴になっているのです(笑)。

父の日のプレゼントに、人生を内包する人気・サプライズなプレゼント

イメージ写真

父の日のプレゼントの象徴がいくら薔薇だといっても、現実にお父さんへ薔薇をプレゼントするということは...やはり有り得ないですよね。。先述したアイテム、お酒やネクタイはそれぞれが定番ですが、当の本人(父親)の本音はどうでしょうか?子を持つ親であれば誰でもそうでしょうが、どんなプレゼントよりも「気持ち」が最も重要な要素のはずです。愛する息子や娘から、「ありがとう」という気持ちを表現してもらうだけで親という者は感動するものです。その上で、いつもは会話やコミュニケーションも少ないお父さんに対し、一緒に時間を共有するという一日が、最も素敵なプレゼントになると思います。父の日に、お父さんと一緒にお酒でも傾ければ会話も弾むものです。いつもは口数の少ないお父さんも、愛する子供からそのような時間を作ってもらったなら、気持ちも盛り上がり饒舌になることでしょう。その楽しい時間の乾杯酒には、ビールや焼酎などいつものお酒も悪くないですが、日常の晩酌では開けないようなお酒、ワイン。しかも父親の生まれ年のヴィンテージワインともなれば、最高のお酒になること間違いないと思います。お父さんの誕生日と同じ生まれ年が表記されたラベルのワインを用い、ワンランク上のプレゼントをご用意しましょう。

お父さんにも意外に人気?!甘口のデザートワイン

晩酌はビールや焼酎が殆どで、ワイン独特の渋みや酸味が苦手という方もいらっしゃることでしょう。そこでおすすめしたいワインが甘口のデザートワインです。甘口といっても糖分をふんだんに使ったカクテルのような過ぎた甘さではなく、ブドウ由来の清涼感を伴う甘みですので嫌味はなく、甘いものは苦手という方でも問題なく美味しくいただけます。事実、イメージとは異なるかも知れませんが、父の日のプレゼントとして毎年当店でヴィンテージワインを父親へ贈られる方の多くのお客様が、デザートワインをご購入されており、事後報告として大変なご好評を頂戴しております。特に古いヴィンテージワインの場合、品質劣化の心配が少ないデザートワインはとても便利なアイテムで、父の日のギフトとして当店では人気の定番アイテムになっています。また、生まれ年の記念ワインは腐ることもありませんので、お酒として飲むことだけでなく、父の日のプレゼントの記念品として一生大切に保管できることも人気の理由の一つです。ワインを見る度に父の日の事を思い起こさせる「形に残る想い出ギフト」になること間違いありません。

父の日におすすめ!感謝を形にするプレゼント

「父親へのプレゼントを何にしようか?」と悩まれている方には、当店のヴィンテージワインを父の日のプレゼントとしておすすめいたします。高価なヴィンテージワインですが、独自の調達ルートにより可能な限りリーズナブルなプライスでご提供できるよう努めております。

ご好評!赤ワインと白ワインで紅白ギフト

父の日プレゼントなら縁起の良い紅白ギフトがおすすめです

父の日の贈り物に、赤ワインと白ワインの紅白ギフトも人気です。
昔から赤と白の紅白は縁起が良いとされており、父の日を初めとする様々なお祝い事には欠かせない定番色として人気です。特にワインのように、赤と白に分類されるお酒は2本セットの収まりがいいですね。
父の日のお酒ギフトとして、生まれ年の赤と白2本セットを特におすすめいたします。

父の日 コラム

ページの先頭へ

  • 人気のギフト 名入れ・オリジナルラベルワイン
  • 想い出が詰まった感動ギフト ヴィンテージワイン
  • 特選ワインのギフト券 お中元・お歳暮・お祝いお返しに
  • 恋愛や感謝ギフトに ハートラベルワイン
  • 恋の大一番に 恋のエピソードを持つワイン
  • おまとめ注文
  • より華やかにラッピング
  • お客様の声
  • オリジナルムービー愛のワイン物語
ワインを選ぶ
ヴィンテージで選ぶ
1948年(69歳)
1949年(68歳)
1950年(67歳)
1951年(66歳)
1952年(65歳)
1953年(64歳)
1954年(63歳)
1955年(62歳)
1956年(61歳)
1957年(60歳)
1958年(59歳)
1959年(58歳)
1960年(57歳)
1961年(56歳)
1962年(55歳)
1963年(54歳)
1964年(53歳)
1965年(52歳)
1966年(51歳)
1967年(50歳)
1968年(49歳)
1969年(48歳)
1970年(47歳)
1971年(46歳)
1972年(45歳)
1973年(44歳)
1974年(43歳)
1975年(42歳)
1976年(41歳)
1977年(40歳)
1978年(39歳)
1979年(38歳)
1980年(37歳)
1981年(36歳)
1982年(35歳)
1983年(34歳)
1984年(33歳)
1985年(32歳)
1986年(31歳)
1987年(30歳)
1988年(29歳)
1989年(28歳)
1990年(27歳)
1991年(26歳)
1992年(25歳)
1993年(24歳)
1994年(23歳)
1995年(22歳)
1996年(21歳)
1997年(20歳)
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
タイプで選ぶ
赤ワイン
白ワイン
ロゼワイン
甘口赤ワイン
甘口白ワイン
スパークリングワイン
ブドウで選ぶ
産地で選ぶ
生産者で選ぶ
  • お得!ワケありセール品
    わけありワイン
プレゼントにワイン
二大銘醸地
奇跡の甘味
ヴィンテージ概観
ヴィンテージワイン概観
1957年(60歳)
1967年(50歳)
1977年(40歳)
1987年(30歳)
1997年(20歳)
2007年(10年物)