今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

日本のワイナリー(東京)

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
世間ではお盆休みの期間なので、旅先の方もいらっしゃることも踏まえて、日本のワイナリーについて語ることにします。

 

 

ワイナリー(Winery)は、ワインを生産する施設のことをいいます、あるいは単にワイン製造事業そのものを指すこともあります。
したがって、ワインの原料であるブドウ栽培が盛んな地域にワイナリーが多く、日本では山梨県が多いイメージがあるでしょう。

 

しかし、実を言うと東京の23区内にもワイナリーはあるのです。
もちろん都内なので小規模な醸造所で、他県から仕入れたブドウを使うワイナリーもありますが、都内産ブドウを使うワイナリーもあります。

 

都内の第1号ワイナリーは練馬区の「東京ワイナリー」です。
住所は練馬区大泉学園町になります。この大泉学園は、関越自動車道の北側では、キレイな碁盤の目のように区画された住宅街ですが、東京ワイナリーは関越道の南側で、西武線の大泉学園駅から北にのびたバス通りの近くにあります。そのため、キレイに区画された住宅街ではなく、のどかさとゴミゴミした感じの地区といえます。

 

店舗は新聞販売店を改修したもので、狭小スペースでありながら、醸造から販売までを行っています。あくまで「手作り」感にこだわったホームメイドマイクロアーバンワイナリーということです。

 

おそらくワイナリーの一般的なイメージとは程遠いのが東京ワイナリーといえるかもしれませんが、ここはかなり貴重です。西武池袋線沿線なので、都内近郊の居住者ならばアクセスは悪くないでしょう。
機会があれば、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

 

 

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ