今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

ドイツ語入門 3(Vergleiche mit Englisch)

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
今回はドイツ語入門の3回目です。

 

 

前回は「ドイツ語入門2(Deutsche Verbstellungen)」と、「ドイツ語入門 番外(Amerikanische Deutsch)」を述べました。どうしても日本人は外国語というと「英語」になってしまうため、今回はドイツ語と英語を少し比べてみます。

 

多くの日本人は、英語というと、外国語の習得というより、主要教科の一つという認識が強いと思います。そのため、義務教育による英語の学習が、そのまま英語の難しさに繋がっているかもしれません。
では、義務教育の教科となっていないドイツ語は、どうなのでしょうか。英語と比較して、より難しのでしょうか、それとも簡単なのでしょうか?

 

まず発音については、第1回の「ドイツ語入門(Übersicht)」でも取り上げています。単語のスペルを見ただけで、知らない単語であっても正しい発音ができるかどうかという点で、明らかに英語よりドイツ語のほうが簡単だといえます。簡単に分ければ、ドイツ語は規則正しく、ルールに沿った発音が多いといえます。それに対して英語は例外的な発音が多いため、知らない単語は発音できないともいえます。つまり英単語の綴りと発音が乖離しているからです。
もちろんドイツ語の場合、日本人には馴染にないもの、要するに慣れた英語では見慣れない音もあります。変音の「Ä、Ö、Ü」ですが、これは完全に慣れの問題です。慣れれば、単語を見ただけで発音がわかることには変わりません。

 

問題になるのは文法でしょうか。これも第1回でも触れましたが、やはり格変化が日本人には難しく難じることになるかと思います。
最初に学ぶ外国語が英語の場合、そもそも格変化にそれほど気を使うことがないので、どうしてもドイツ語のほうが難しいと感じてしまうでしょう。英語の場合、代名詞を除けば、格変化がほとんどありません。主語であろうが、目的語であろうが、単語も定冠詞も不定冠詞も、さらには形容詞も変化しません。さらに名詞に性もありませんから、格変化とは無縁といえます。ドイツ語は3つの名詞の性にあわせて、1格から4格まで、つまり「3×4=12」で、12種類に変化することになります。さらに、冠詞のない場合、定冠詞、不定冠詞の場合でさらに「×3」、形容詞の有無で「×2」となり、合計で72種類となります。
最初にドイツ語を学んでいれば、フランス語だろうと、ロシア語だろうと、この変化については当たり前のことと認識しているでしょうが、最初に変化しない英語から入るので、これは実に厄介なことになるでしょう。

 

ただ、これも考え方によるかもしれません。英語の変化がないというのは、いわば簡略化された結果ともいえるわけで、この弊害は、変化しないがゆえに文章の厳密さはなくなり、ある種のあいまいさが生まれていることになります。ドイツ語は厳格であるがゆえ、格変化を完全にマスターすれば、明確な表現ができることにもなります。そういう意味では、英語より簡単といえなくもありません。

 

ところで、世界の言語の難易度ランキングというのがあります。国際機関のUNESCOが発表した、言語の難易度ランキングでは、以下のような順位になっています。

 

1位:中国語
2位:ギリシャ語
3位:アラビア語
4位:アイスランド語
5位:日本語
6位:フィンランド語
7位:ドイツ語
8位:ノルウェー語
9位:デンマーク語
10位:フランス語

 

ロシア語が入っていないのが、果たしてどうなのか、という気がしないでもないのですが、それはともかく、ドイツ語は7位で日本語が5位です。ドイツ語は日本語より簡単ですが、英語より難しいということになります。
結局このランキングは、欧米言語から見て、なじみのない文字を使っている言語が難易度が高いということになるのかもしれません。そう考えると、英語と同じアルファベットを基本的に使っているドイツ語が7位というのは、確かに難しいといえるのかもしれません。

 

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ