今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

ソミュール(Saumur)

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
今回はソミュール (Saumur)について勝手に語ります。

 

 

フランスのメーヌ=エ=ロワール県の都市であるソミュール(Saumur)は、ロワール河岸にあり、ロワールワインの産地です。 石を採掘するために掘られたトンネルがり、それを利用して、地元のブドウ園がワインの保管場所としています。
採掘される石というのは、美しいが壊れやすいといわれるテュフォストーンというもので、これはチョーク質石灰岩です。ソミュールの民家の多くも、この石灰岩で建設されています。

 

この都市には新石器時代の巨石墳墓群があります。「ドルメン・デ・バニュー」というもので、このことから数千年前よりこの地に居住した人がいたことを意味します。それだけ太古より居住地に向いていたわけですが、この街が大きく変貌したのはノルマン人(Normanean)の侵入かもしれません。
ノルマン人はスカンディナヴィアやバルト海沿岸にいた北方系ゲルマン人のことです。8世紀後半から活発化し、9世紀になるとヨーロッパ各地を侵略していました。
ソミュールは845年に略奪され、10世紀になるとノルマン人防衛を目的とするため、ブロワ伯ティボー1世によってソミュール城(Château de Saumur)が建設されました。トゥエ川とロワール川の合流点を見渡せる位置にあります。1067年には破壊されてしまいましたが、12世紀後半にイングランド王ヘンリー2世によって再建されました。最終的にはシャトー(château)になりました。

 

宗教改革の時代にはカルヴァン主義(Calvinism)の影響を受け、ソミュール大学でプロテスタント神学者のMoses Amyrautによる「Amyraldism 」あるいは「School of Saumur 」という学派が誕生しました。
フランス革命期に発生したカトリック王党派の反乱であるヴァンデの反乱(Rébellion Vendéenne)では、戦場となりました。王党派の白軍と共和国側を青軍が激しく戦闘し、白軍はロワール川の北に追い詰められました。1794年のル・マン、サヴネの戦いにより、組織的抵抗は壊滅しましたが、以後はゲリラ戦へと続いた反乱でした。

 

第二次世界大戦でもソミュールの戦いがありました。1940年6月18~20日でした。
ソミュールの人々は、愛国心を見せ、必死の抵抗をしました。このことから、クロア・デ・ゲール勲章を授与されることにもなりました。
現在はロワールワインの産地として、人口わずかに2万7千人の平和な都市になっています。

 

 

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ