今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

アメリン&ウィンクラーの気候区分

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
今回はアメリン&ウィンクラーの気候区分について勝手に語ります。

 

 

アメリカのアメリン博士とウインクラー博士が世界のワイン産地の気候区分を定めているのをご存じでしょうか。
あまり一般的なものとはいえず、彼ら独自の計算方式によって決められたものです。しかし、ソムリエ試験にはおなじみのものなので、今回はワイン屋の店長らしく、ご紹介したいと思います。

 

では、その独自の計算方式とは何かですが、それは「度日」という単位を使うものです、これは、ブドウの生育期に相当する4月1日から10月31日までの1日ごとの気温を測定し、華氏50℃(摂氏10℃)を上回った日について、その温度差を合計したものです。これによって、その土地の気候を区分しています。
この説明だとよくわからないでしょうから、具体的にします。
例えば、4月1日の気温は華氏48℃だとします。この日は50度を下回りますので、数字は0。翌日の4月2日の気温が華氏54℃だとします。すると50℃を4℃上回っているので、+4となります。さらに4月3日の気温が華氏51℃だとすると、+1となり、これを前日までの数値である⁺4に加えます。
このように計算をしていき、最終日の10月31日までの数値を出すわけです。

 

この数値から、アメリン博士とウインクラー博士は、気候区分をREGIONⅠからREGIONⅤまでに分類しました。
では、ソムリエ試験の過去問も取り上げてみましょう。

 

アメリン&ウィンクラー博士によるワイン産地の気候区分によれば、日本の山形県は次のどれになるか?
1:Region Ⅰ
2:Region Ⅱ
3:Region Ⅲ
4:Region Ⅳ
5:Region Ⅴ

 

答えは3のRegion Ⅲです。
Region Ⅰはドイツやフランスのブルゴーニュ北部などになり、Region Ⅱ は、フランスのボルドーや、イタリア北部などです。
山形県のRegion Ⅲ は、フランス南部、イタリア中部、アメリカ中部などになります。Region Ⅳ は、イタリア南部、スペイン、ポルトガル、アルゼンチン、南オーストラリア州 アデレードなどで、日本の甲府もここの区分に入ります。
Region Ⅴ は、シチリアや南アフリカなどです。

 

実際の度日とブドウの適合品種は以下のようになります。

 

Region Ⅰ
度日:0~2500F日
シャルドネ、リースリング、ピノ・ノワール

 

Region Ⅱ
度日:2501~3000F日
カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、ネッビオーロ

 

Region Ⅲ
度日:3001~3500F日
シラー、サンジョヴェーゼ

 

Region Ⅳ
度日:3501~4000F日
カリニャン、グルナッシュ

 

Region Ⅴ
度日:4001~
カリニャン、グルナッシュ

 

こう見ると、ソムリエ試験で覚えるのは、かなり大変だな、と改めて思う次第です。

 

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ