今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

ランス(Reims)

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
今回はランス(Reims)について勝手に語ります。

 

 

フランス北東部の旧シャンパーニュ=アルデンヌ地域圏、現在のグラン・テスト地域圏マルヌ県にあるランス(Reims)は、シャンパーニュ地方の中でも特にワイン醸造で知られています。ランスを拠点として、多くの有名なシャンパン製造会社がテイスティングやセラーツアーを開催しています。また、それらのシャンパン製造会社は、ランスの地下に、総延長120キロに及ぶワイン貯蔵庫・カーヴが縦横に張り巡らされています。
そのような都市ということもあり、郊外はブドウ畑が一面に広がっています。まさにブドウ畑の平原であり、シャンパーニュの語源も「平原」を意味するラテン語のカンパニアに由来すると言われています。
パリからは、東北東に約130kmの場所に位置しています。

 

かなり古くからの歴史のある都市で、古代ローマによる支配がはじまる以前から、この地に都市ができていたといわれます。当時はガリアで、居住していたのは、レミ族でした。彼らが築いた都市がドゥロコルトルム(Durocortorum)で、これがランスの前身でした。
古代ローマが支配する時代になってからの遺構も残っています。その代表が、3~4世紀につくられたマルス門でしょう。
また「戴冠の都市(la cité des sacres)」や「王たちの都市(la cité des rois)」とも呼ばれますが、これは498年にメロヴィング朝フランク王国のクロヴィス1世の戴冠式が関係しています。ここで聖別戴冠式が挙行されたのです。そのようなことから、フランス王家にとっては、聖なる都市ともなっています。歴代国王の戴冠式がここで行われてきたのです。

 

そのフランス歴代国王の聖別戴冠式が行われたのが「ノートルダム大聖堂」です。これは隣接するトー宮殿、市内の聖レミ教会堂とともに1991年に、ユネスコ世界遺産に登録されました。フランス国内のゴシック様式の傑作の一つといわれています。
816年にルイ1世がここで戴冠式を行い、その後、1825年のシャルル10世に至るまで、計32人が大聖堂で聖別を受けました。戴冠式では、15世紀、ジャンヌ・ダルクに連れられて聖別を受けたシャルル7世、ルイ13世、ルイ14世、ルイ16世などがいます。
しかし、ランス・ノートルダム大聖堂は、フランス革命の時の動乱では、彫像を中心に破壊されてしまいました。そこで1875年には、フランスの国会で修復が決議され、彫像の多くが修復されるようになりました。
ところが次は第一次世界大戦でした。1914年から1918年までドイツ軍により彫像だけでなく、ステンドグラスも半数近くが被害にあいました。大聖堂は壊滅的な被害を受けたのでした。
20世紀になって、ランス出身の建築家アンリ・ドゥヌの主導により再建が開始されました。現在でも一部はまだ修復作業が行われています。

 

 

そして、このランスでは、1962年にフランス大統領のシャルル・ド・ゴールと西ドイツ首相のコンラート・アデナウアーがこの地で会見しました。フランスとドイツの歴史的な和解でした。

 

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ