今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

マーガレット・リバー(Margaret River)

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
今回はマーガレット・リバー(Margaret River)について勝手に語ります。

 

 

マーガレット・リバーは、西オーストラリア州の南西部にある町です。州都であるパースから南へ277㎞、クルマで車で約3時間の距離にあります。
マーガレット・リバー地域は、オーストラリアを代表する高品質のワイン産地でも知られます。ただし、この地域のワイン生産量は、オーストラリア全体の3%以下しかありません。それにもかかわらず、最高級ワインの5分の1以上がここで生産されているのです。
世界レベルのワイナリーとしては、ヴァス・フェリックス(Vasse Felix)、ルーウィン(Leeuwin)、ボエジャー・エステート(Voyager Estate)などがり、その数は120以上を誇ります。

 

町の名は、1831年に西オーストラリアの初期開拓者だったジョン・バッセルのいとこの名前が由来です。マーガレット・ホワーという名で、彼女の名を川に名付け、その上で、この町の名になりました。
もともとはこの地域にはヌーンガー族が住んでいたそうです。最初の開拓者はイギリス人で、1850年に到着後、1870年頃頃から材木を伐採していき、1910年までに、町として機能するようになったようです。

 

第一次世界大戦後には、西オーストラリア州への移住を誘致し、新しい開拓者が集まってきました。1922年には移住者が100人を超え、入植者による地区ができたそうです。
鉄道は1920年代初頭にバッセルトン-マーガレットリバー鉄道が建設され、1925年にマーガレットリバー-フリンダースベイ線が開通しました。

 

南北に約100㎞、部分的に幅約27㎞というこの地域は、東側にリーウウィン自然史リッジが囲み、西側にはインド洋があります。気候は地中海性で、ブドウ栽培には理想的な条件です。
しかも、この気候はフランスのボルドーと似ているともいわれます。
湿度も理想的で、気候、土壌、ブドウ栽培の実践の組み合わせにより、一貫して高品質の強い風味の果実が生まれます。

 

また、マーガレット・リバーの見どころとしては、レイク・ケーブ(Lake Cave)の鍾乳洞にある「suspended table」と呼ばれる造形物です。
この鍾乳洞は石灰岩の結晶で、重さは数トンに及びます。洞窟の天井から地底湖の水面すれすれまで吊り下がっているのは圧巻です。このような岩層は、世界でここにしかないと言われていますので、これは必見です。

 

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ