今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

ルクセンブルク語入門(Lëtzebuergesch)

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
今回はルクセンブルク語入門について勝手に語ります。

 

 

フランス語、イタリア語、ドイツ語に続いて、今回はルクセンブルク語です。
国名としてはともかく、言語としては聞きなれないかと思います。それもそのはずで、もともとはドイツ語で、その中の高地ドイツ語の中部ドイツ語に属する方言(モーゼル・フランケン方言)なのです。 ところがフランスとドイツに挟まれた小さな国だけあって、公文書はフランス語、日常使うのはドイツ語方言となっています。では、ルクセンブルク語とは何かといえば、ルクセンブルクで使われるドイツ語の方言を、「国語」としたもので、1984年に正式にルクセンブルクの公用語という扱いになりました。

 

したがってルクセンブルク国内の公用語がルクセンブルク語となるわけですが、もともとがドイツ語の方言なので、国外にも使用する地域があります。具体的には、ベルギーでは、リュクサンブール州アルロン行政区、リエージュ州ブルク=ロイラントとザンクト・フィート周辺地域、フランスではロレーヌ地域圏モゼル県北西部、ドイツではラインラント=プファルツ州西部のビットブルク、トリーア周辺地域です。また移民がそのまま使用する地域もあります。
しかし、それらを合計してもルクセンブルク語の話者は全世界で30万人程度です。これでは日本で学習者がほとんどいないのも頷けます。

 

ドイツの方言ということで、ドイツ語を話す人にとっては容易な言語な気もしますが、実は必ずしもそうではないのが困ったものです。やはりフランス語の影響が強く、語彙がドイツ語由来だけでなくフランス語由来のものがかなり多くあります。フランス語を少しでも理解していて、なおかつドイツ語を話す人であれば、聞きとりに関してはそれほど難しくないかもしれませんが、ルクセンブルク語を話すというのは相当に難しいといえます。
いわば、ドイツ語とフランス語が入り乱れた言語なので、そういう意味でおもしろいともいえます。

 

では、具体的にドイツ語とフランス語との比較でルクセンブルク語を見ていきましょう。
まず、あいさつ言葉で、フランス語では有名な「bonjour」です。ルクセンブルク語では「moien」。ドイツ語だと「Hallo」なので、どこにも似ていない印象を持つでしょうが、ドイツ語のハンブルク方言では「Moin」ですから、ルクセンブルク語と似ています。ただし、日本のドイツ語の教科書には出てこないものなので、北ドイツ居住者でないとこの似た感じは分からないかもしれません。
今度はお礼の言葉です。フランス語では「merci」、ルクセンブルク語では「merci」なので同じスペルです。ドイツ語だと「danke」なので、似ているとはいえません。
肯定と否定、ようするに「はい」と「いいえ」は、フランス語で「oui」と「non」、ルクセンブルク語では「jo」と「neen」、ドイツ語は「ja」と「nein」。フランス語の「oui」だけが外れている感じです。
子どもの複数形、通りなどはドイツ語の方言だというのが良く分かります。フランス語の影響は低い単語です。子どもたちは、フランス語で「enfants」なのに対して、ルクセンブルク語では「Kanner」、ドイツ語で「Kinder」。通りはフランス語で「rue」ですが、ルクセンブルク語では「Strooss」、ドイツ語では「Straße」です。

 

このように比較していくと、ルクセンブルク語はおもしろいことがわかります。
標準ドイツ語を話せれば、ルクセンブルクでの会話は困らないといわれていますが、残念ながら入国したことがありません。ぜひ、一度訪れてみたくなりました。

 

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ