今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

ドメーヌ・シャトー・ネゴシアン、さらにマイクロ・ネゴシアン

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
今回はドメーヌ・シャトー・ネゴシアン、さらにマイクロ・ネゴシアンについて勝手に語ります。

 

 

今回もブルゴーニュのワインに関連してドメーヌ・シャトー・ネゴシアン、さらにマイクロ・ネゴシアンを取り上げます。
よほどの人でなければ聞き慣れない単語の羅列かもしれませんが、ブルゴーニュワインを理解する上で欠かせない単語とも言えます。

 

ブルゴーニュワイン一覧

 

まずこれらの単語の中で最も一般的に馴染みがありそうなのは「シャトー」かもしれません。
シャトー(Château)は、ドメーヌ(Domaine)とほぼ同じ意味です。ただ、シャトーは本来は「城」の意味で、ブルゴーニュのドメーヌに対比したボルドーのワインで使われます。
どういうことかというと、どちらもブドウ畑からブドウを栽培し、醸造、熟成、瓶詰までを一貫して行う施設のことで、ボルドーは大規模経営の生産者にシャトーを、ブルゴーニュは小規模ばかりなので、小規模生産者にドメーヌを使います。
それだけブルゴーニュのドメーヌは、小規模な家族経営であるものの、何代も続く歴史を持つ生産者が多いということになります。

 

次にネゴシアン(Négociant)やマイクロ・ネゴシアン(ミクロ・ネゴス)についてです。
ネゴシアンは、ドメーヌとは関係深いものの対照的な立場といえます。
ワインを生産者から樽の状態で買い付け、それを瓶詰めして販売する商売の人のことです。
しかしブルゴーニュワインの場合は、この本来の意味とは少し様相が異なります。これがブルゴーニュならではの特徴です。
ワインを樽で購入する代わりに、ブドウの段階で購入するのです。そのうえで自身でワインの醸造を行うため、いわば仕入れがワインではなくブドウになります。そのため、ブドウを大量に仕入れ、ワインの大量生産も可能にできるため、大規模生産者のほうがシックリくるかもしれません。

 

マイクロ・ネゴシアンは読んで字のごとく、ネゴシアンの小規模なものです。
ドメーヌが自分のブドウ畑から栽培・醸造するのに対して、マイクロ・ネゴシアンやネゴシアンはブドウやブドウ果汁を仕入れ、それで醸造します。
畑という土地を所有しなくともワイン生産ができるので、新規参入もしやすいといえます。

 

ブルゴーニュワイン一覧

 

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ