今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

神は水を作ったが、人はワインを作った

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
今回はヴィクトル・ユーゴーについて語ります。

 

 

「神は水を作ったが、人はワインを作った」
これはフランス・ロマン主義の詩人・小説家のヴィクトル・ユーゴーの言葉です。
ヴィクトル・ユーゴーといえば、『レ・ミゼラブル』の著者として有名です。また1965年までフランスの5フラン札紙幣の肖像画になっていたことでも知られます。

 

ヴィクトル・ユーゴーの父はナポレオン軍に属していたジョゼフ・レオポール・シジスベール・ユーゴーで、ヴィクトル・ユーゴーは父の任地だったブザンソンで誕生しました。
もともとユーゴー家は農民の家系ではあったものの、父だけがフランス革命以来の軍人で、母は資産家の娘でした。

 

ヴィクトル・ユーゴーの才能が世間に最初に知られたのは、17歳のときでした。アカデミー・フランセーズの詩のコンクールで1位になったのです。
23歳のときには、この若さでレジオンドヌール勲章を受けることにもなりました。
1822年刊行の『オードと雑詠集』では、国王ルイ18世に気に入られ、年1000フランの年金をもらえるようになりました。ヴィクトル・ユーゴーは、この年金があることで、結婚することを許可されたといわれます。

 

代表作とも言える『レ・ミゼラブル』は、1本のパンを盗んだために19年間もの監獄生活を送ることになったジャン・ヴァルジャンが、どのような劇的な生涯をおくったかの物語です。
この作品では、当時のフランスの状況がかなり記載されています。フランス革命語のナポレオン時代、7月革命、6月暴動など、時代背景も興味深い内容となっています。

 

そんなヴィクトル・ユーゴーの名言こそが、「神は水を作ったが、人はワインを作った」なのです。

 

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ