今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

ワイン用のブドウとは(Was sind Weintrauben?)

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
今回はワイン用のブドウについて勝手に語ります。

 

 

ワインの原料はブドウですが、ワイン醸造のために栽培されているブドウと、フルーツとしてそのまま食べるブドウとは何か違いがあるのでしょうか? 日本酒の原料の米は、食用とは異なる品種ですが、ブドウの場合はどうなのでしょうか?
改めて疑問に思った人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、その違いについて述べてみたいと思います。

 

まず、ワイン用ブドウとフルーツ用ブドウの栽培量ですが、実はワイン用のほうが多いのはご存じでしょうか。全世界のブドウ栽培量の約8割はワイン用なのです。つまり、ほとんどのブドウが生で食べられることを前提にしていないで栽培されているわけです。このような果物は他にないかもしれません。

 

では本題です。ワイン用のブドウとフルーツ用のブドウの違いとは何でしょうか。
基本的にフルーツ用のブドウは、食べやすいものが中心で、ワイン用は関係ないといえます。つまり、食べやすいブドウは、大粒で皮の薄いものが多いといえます。種無しブドウというのもそうです。味だけでなく食べやすさを求める品種改良により、このように分かれてきたともいえます。もちろん、これは大雑把な分け方で、例えばデラウェアなどは、どちらかといえば小粒のブドウです。ただし、皮は厚くないので、食べにくいとはいえないでしょう。

 

このような分け方だと、かなり曖昧になってしまいますので、ワイン用のブドウから見ていくと、実はワインに必須のタンニンの差がフルーツ用と異なるといえます。ただし、これも赤ワインと白ワインでは同列に扱えないので、結局はこの指標も曖昧になってしまいます。それを承知でいうと、ワインの原料となるブドウには、タンニンの含まれる部分が多いのが望ましいため、種や皮が多いのが良いわけです。これがワインの酸味を増す効果になります。一方、フルーツとしてのブドウの場合、酸味が強いと食べにくく、種も皮も不必要なので、それらが少ないものが向いています。
タンニンは「渋味」を出すものなので、ワインには欠かせませんが、生で食べるには邪魔なものになるわけです。

 

では糖度はどうか、というと、実はワイン用のほうが高いのです。フルーツ用ブドウのほうが甘いのでは、と思うかもしれませんが、フルーツ用は酸味が弱いので、そこまで糖度が高い必要がないのです。ワイン用ブドウは酸味も強いですが、糖度も高めで、ようするに成分的には凝縮されているといえます。この糖分こそがアルコールになるわけです。
では、ワイン用のブドウを食べるとどうなるでしょうか。もちろんブドウですから、そのまま食べても問題ありません。フルーツ用と比較すると、皮が厚いこともあり、フルーツ用ブドウを食べなれていると、何だか食べにくい印象を持つかもしれません。それで味は、というと、味覚には個人差がありますが、おそらく多くの人が「おいしい」と感じるのではないでしょうか。

 

ワイン用ブドウとは、そのまま食べてもおいしいものですが、醸造するのに最も適したブドウ品種ということになるかと思います。フルーツ用は、それに食べやすさが加わったことで、気軽に食べれれるという付加価値を持ったことで、成分の凝縮度が落ちたといえるかもしれません。

 

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ