今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

ワイン不凍液事件

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
今回はワイン不凍液事件について勝手に語ります。

 

 

1985年のオーストリア産ワインジエチレングリコール混入事件が「ワイン不凍液事件」と呼ばれるものです。
事件が起こる前まで、何年にもわたって、ドイツやオーストリアは、オーストリア産ワインの最大の輸出先でした。しかも輸出量は年々増加傾向にありました。ドイツもワイン生産量が多いのに、なぜ、と疑問に思うかもしれませんが、輸入していたオーストリアワインはドイツのワインと同じような甘口のもので、ドイツの低価格ワイン市場に多く流通するのに適していたわけです。リースリング種のワインのような高価なものはドイツ国産ですが、数種のブドウをブレンドしたオーストリアの輸入ワインは、とにかく安価だったのです。

 

そのような背景の中、1985年、オーストリアから輸入したワインに重大な欠陥があることが判明しました。
それがワインに不凍液をまぜていたというものだったのです。
不凍液とは、主にクルマなどの内燃機関で、エンジンの冷却水の凍結を防ぐための液体です。ジエチルグリコール(DEG)でした。不凍液としてはエチルグリコールの方がより広く使われていますが、このジエチルグリコールも決して出回っていないものではありません。
この不凍液混入のワインが最初に発見されたのは、シュトゥットガルトのスーパーでした。ワインの中身が分析され、摘発へと動きました。さらに広範囲な調査を続け、その結果、かなりの数のワインに不凍液を混入させる計画があったことが分かったのです。

 

もしこの毒ワインを飲用してしまうと、中毒になり、最悪では死に至ることもあります。
ただし、そのジエチルグリコールをわずかな量だけ混入した場合には、とろみと甘さが増すようです。この理由でオーストリアのワイン生産者が始めたようでした。
これは、この年がオーストリアではドイツに売るだけのワインを作るための高品質なブドウの量が確保できなかったことに関係しているようでした。そこで、高品質ではない、いわば酸っぱい低品質のブドウからワインを醸造しても、完成品が甘くなるように、ジエチレングリコールを入れたようでした。

 

日本でも少量ですが、この不凍液事件のワインが入ってきていました。
具体的な被害についての報告はないようです。

 

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ