今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

ドイツ語入門 2(Deutsche Verbstellungen)

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
今回はドイツ語入門の2回目について勝手に語ります。

 

 

前回は「ドイツ語入門(Übersicht)」で、概要を勝手に述べましたが、今回は少しドイツ語そのものに触れてみたいと思います。特にドイツ語らしい動詞の位置についてです。

 

イメージ的にドイツ語は論理的な文法に縛られて、かなり堅苦しい感じがするかもしれません。特に大学の第二外国語で学んだ人は、特にそのように思うでしょう。
しかし、ドイツ人同士の会話を聞いたり、あるいはドイツ映画などを観たりすると、必ずしも堅苦しい表現をしているとは限らないことに気づきます。もっとも、聞き取れれば、ですが。
特に目立つのは語順の自由さです。
ドイツ語は動詞が基本的に2番目にきます。裏を返すと、動詞を2番目にさえしておけば、1番目は何でも良いとなります。そこで強調したいこと、あるいは話題にしていることなどを最初に置き、次に動詞を置けば、それだけで話の流れがスムースになります。あるいはドイツ人らしい会話になります。日本では、あまりこれは重視されず、和文独訳では、必ず主語を1番目にしますので、なんとも会話ではぎこちない文章になってしまいます。

 

具体例を挙げましょう。

 

In Deutschland habe ich zum ersten Mal von den Überbleibseln der Zeit des Kalten Krieges erfahren.

 

最初の語句が「In Deutschland」、2番目の動詞が「habe」、これは3番目の「ich」が主語なので「haben」が変化したものです。訳は、最初が「ドイツで」、主語と動詞で現在分詞を形成して、「habe」が関係する現在分詞の動詞は文末の「erfahren」になります。これもドイツ語の特徴で、この場合は必ず文末や句末に置かれます。なので、それさえ守れば自由度は高いことになります。「erfahren」は「知る」「識る」「分かる」などの意味です。
つまり、ドイツで知った、というのがこの文章の骨格です。
では、何を知ったのか、それが主語から文末までの語句にあります。まず「zum ersten Mal」は「初めて」、「den Überbleibseln」は前置詞の「von」の格支配を受けています。意味は「痕跡」です。「der Zeit」は時間という意味ですが、ここでは「時代」、それが何の時代かというと「des Kalten Krieges」 は冷戦なので「冷戦時代」となります。
つまり日本語訳としては、「ドイツで初めて冷戦時代の痕跡を知った」となります。初めてを強調したければ、語順をかえて、「Zum ersten Mal habe ich von den Überbleibseln der Zeit des Kalten Krieges in Deutschland erfahren.」。意味は変わりません。ただ印象が異なります。

 

このように何を強調したいのかが極めて明確に伝える自由度がドイツ語にはあるのです。さらにドイツ語会話という面でいえば、まず頭に浮かんだ単語を最初に言い、そこから文章にしていけば良いという点も挙げられます。文法に自信がなくても、このパターンで会話をしていけば、文法が間違っていても、何かと通じやすいというメリットがあります。
大学では教えてくれないことですが、ドイツ語会話はこの自由度を大いに利用するのがベストだと思います。
さらに、もう一点、会話で主語が自分自身になる場合、「ich」ばかりを連続で最初に使うことになり、単調な印象になってしまうことを避けることができます。これも実際のドイツ人同意の会話を聞けば、いかに最初に「ich」を言っていないか、よくわかります。

 

最後に、このパターンで、もう少し簡単な例文を挙げておきましょう。

 

Ich gehe nach der Arbeit zu einem Fussballspiel.
(私は、仕事のあと、サッカー観戦に行きます)

 

Nach der Arbeit gehe ich zu einem Fussballspiel.
(仕事のあと、サッカー観戦に行きます)

 

Zu einem Fussballspiel gehe ich nach der Arbeit.
(サッカー観戦に、仕事のあとで行きます)

 

何となく、ドイツ語に親しむ気がしましたでしょうか? 逆効果だった気もしますが、懲りずに機会があれば3回目も考えています。

 

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ