今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

キリストの血入門 16

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
ワインが「キリストの血」であることから、キリスト教について勝手に語っていく第16回です。今回もワイン屋の店長が宗教学者になって語りますので、誤りがあっても許してください。

 

 

前回は東方諸教会についてでした。今回はローマ帝国の東西分裂についてです。キリスト教というよりローマ史になりますが、これは中世の東西分裂に関係する部分なので、あえて取り上げています。

 

帝政ローマの初期に誕生したキリスト教は、2世紀末になると、ローマ帝国全土へと広がっていきました。313年にはミラノ勅令(キリストの血入門 11)によりキリスト教が公認されました。
その一方で、ユリアヌス帝により異教復興もありましたが、その後のキリスト教は影響力が拡大していきました。そしてテオドシウス1世によりついにキリスト教はローマの国教になりました。

 

ただローマ帝国の支配力は徐々に弱体化し、286年のディオクレティアヌス帝により東方正帝と西方正帝による分担統治が開始されました。これより事実上の東西ローマ帝国となりました。当初はあくまでも分割統治でしたが、帝国の東西領域を実質的に一人で統治する支配者が現れなかったことで、このようになりました。
もっとも、この当時の意識としては別々の国家に分裂したわけではなかったようです。

 

このようなローマ帝国の分裂により、東西のローマ帝国領域内でキリスト教もそれぞれ異なった展開となっていくことになりました。
帝国としての政治的側面の影響は大いにありますが、地理的要因も大きく関係したといえます。それは西ローマ帝国がラテン語圏、東ローマ帝国がギリシア語圏であることから、文化圏が根本的に異なっているからです。
この二つのキリスト教の流れが決定的に分裂したのは中世になってからの1054年でした。

 

ローマ帝国としても東西では、命運が大きく分かれました。
西ローマ帝国はゲルマン人の侵入に脅かされ、首都も移転し、イタリア半島の領土さえ支配するのが危ぶまれる状態でした。一方で東ローマ帝国は、首都がコンスタンティノポリスで、15世紀まで続きました。西ローマ帝国の滅亡が476年なのに対して、東ローマ帝国は1453年の滅亡ですから、その差は1,000年近くあります。
また、中世の東ローマ帝国は、ビザンツ帝国やビザンティン帝国とも呼ばれるようになりました。古代末期のローマ帝国を受け継ぎ、キリスト教国家であり続けました。西ローマ帝国と違い、ゲルマン人の侵入については最小限に食い止めていました。
その結果、西ローマ帝国滅亡により、東ローマ帝国の皇帝が唯一のローマ皇帝となり、全ローマ帝国の統治権を持った皇帝という名目になりました。

 

西ローマ帝国滅亡後に西ローマ帝国の領土を統治したのはゲルマン系諸王国でしたが、統治に際して、東ローマ帝国の皇帝よりローマ帝国の官僚に任命されるスタイルをとりました。あまり知られていませんが、ゲルマン系の人たちはローマ帝国の権威を利用していたのです。
教科書的に見ていくと、西ローマ帝国滅亡後、ローマ帝国に代わって別のゲルマン系諸王国が誕生したとなりますが、実際には形式上は依然としてローマ帝国が継続していた演出のもとに生まれた支配だったのです。
そのため、ゲルマン人に支配された地域の住民たちも、「ローマ人」であるとの認識だったようです。

 

この構図が決定的に変化したのは、フランク王国のカール大帝(Karl der Große)の時代です。
800年12月25日のミサで、カールにローマ教皇のレオ3世が「ローマ皇帝」としての帝冠を授けたのです。カールの戴冠です。これでローマ皇帝であることが宣言され、それを授けたローマ総大司教は管轄にあるキリスト教会ともども、東ローマ帝国の宗主権下から名実ともに離脱したことになりました。これが新たなローマ帝国の東西分裂であり、キリスト教会も分離を意味しました。
このカールの戴冠の延長上に神聖ローマ帝国があり、新しいローマ皇帝とローマ教会との関係が新しく誕生したわけです。これは1806年のライン同盟結成まで継続しました。

 

キリスト教とローマ帝国の関係はとても重要なので、今回はここまでにしておきます。
【参考記事】
フランク王国
カールの戴冠
フランス共和国( République française)1
なぜフランスはワイン大国なのか?
カール大帝とコルトン・シャルルマーニュ(Corton-Charlemagne)

 

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ