今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

シャロン=シュル=ソーヌ(Chalon-sur-Saône)

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
今回はシャロン=シュル=ソーヌ(Chalon-sur-Saône)について勝手に語ります。

 

 

シャロン=シュル=ソーヌ(Chalon-sur-Saône)は、ブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏ソーヌ=エ=ロワール県北部にある都市です。県内では最大の人口がありますが、それでも4万6千人程度です。
ここの周辺は、ブルゴーニュ・ワインの産地として知られるシャロネーズ地区です。

 

シャロネーズ地区は、ソーヌ川に面した場所で、以前はワイン商の重要な活動拠点でした。当時は川の港から出荷していました。場所的に北方と地中海を結ぶ交易地で、ローマ時代から重要な港でした。
しかし、現在は川での交易はなくなり、ワインと直接関係する産業は廃れ、一般的な産業都市へと変貌しています。
ブドウ栽培は、平野部から丘陵地帯へと続いていますが、平野部のワインは特徴がなく、何の評価もありません。これが西の丘陵地帯のブドウとなると、良質のワインと評価されます。

 

気候は場所によって変化があり、特に南側へと進むと地中海性気候の影響を受けてきます。土壌や地形にも変化があり、それによってブドウ品種も変わってきます。ピノ・ロワールやシャルドネだけでなく、ガメイとアリゴテのブドウなども栽培されています。そのため完成したワインも多種多様で、変化に富んだワインが楽しめる地域といえます。また、価格も比較的リーズナブルといえます。

 

この丘陵地帯には、リュリ(Ruly)、メルキュレ(Mercurey)、ジブリ(Gvry)、ビュクシー(Buxy)など、ブルゴーニュ・ワインの有名産地の村々が点在しています。
また、市内の旧市街地にはサン・ヴァンサン大聖堂(Cathédrale Saint-Vincent)があり、フランス文化省から「芸術・歴史都市」に指定されています。この大聖堂は8世紀に建てられたもので、シャロン司教が置かれていました。1801年には、政教条約によってオータンの司教区に統合されました。一部に8世紀の創建時の部分が残っていますが、現在の姿は19世紀の改築後のものが中心で、ファザードがネオ・クラッシック様式となっています。1903年には歴史記念物に指定されました。
市庁舎(Hôtel de ville)はサン・ピエール広場(Place Saint-Pierre)にあり、元々は修道院でした。1845年に修道院跡に移転されました。

 

 

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ