今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

エストニア

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
今回はエストニアについて勝手に語ります。

 

 

北欧は税金が高いため、比較的安価に購入できる近隣の国々へ買い物に行くことがあります。
特にアルコール類は、わざわざ買いに行っても、十分にお得だったりする場合があります。
例えばフィンランドですが、西側の隣国は同じ北欧のスウェーデンやノルウェーなので、同じように税金・物価が高いですが、東側のロシアやその南のバルト三国などは比較的行きやすい場所であり、物価も北欧よりはるかに安くなります。
ただこの地域はワインベルトの北限よりさらに北側に位置しますから、地元産の良質ワインを求めるのはできません。
結局、バルト三国のワインとなると、フランスやスペインから輸入されたもので、高級品の扱いであり、このアルコール度数では酒税も少し高めです。ビールなら十分に買いに来るメリットはあるようです。

 

そんなバルト三国のひとつ・エストニアについて少し言及しましょう。
バルト・フィン諸語のエストニア語を話すエストニア人は、フィン人と同系統でありますが、同一民族による独立国家となると、1917年の2月革命後でした。
中世の時代にはドイツ人に支配されていました。
当時はキリスト教の地域ではなかったため、布教を目的として十字軍が派遣されました。 その中でて1202年に設立されたリヴォニア帯剣騎士団は武力による改宗を行いました。その結果、リヴォニアを制圧し、北部へも進出しましたが、これはロシア諸侯により失敗してしまいました。
ただ、改宗が進んだことでドイツ人の入植者が増加し、ハンザ同盟加盟などによる都市化とともに、ドイツ人支配となったのでした。

 

次はスウェーデン支配時代となり、さらにロシア統治となり、支配者が変わっていきます。
ロシア革命以降はソ連軍の占領があり、ゴルバチョフのペレストロイカ政策から独立へと進んでいきました。
実は19世紀には、エストニア民族の目覚め (Estonian national awakening)による民族意識は広がっていたのですが、周辺国との関係で時代の渦に飲まれ、悲願の独立までは時間を要してしまいました。
移民していったエストニア人も多く、その最大の地域はカナダでした。現在、約2万4,000人が居住しているといわれます。

 

日本とは全く事情が異なるとはいえ、時代に翻弄されたエストニアを思うと、気軽にワインが購入できる日本は、幾多の戦争を経たとはいえ、まだ恵まれているといえるのかもしれません。

 

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ