今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

ネメアの獅子

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
今回はネメアについて勝手に語ります。

 

 

ギリシャのワイン産地は主に6つに分けられます。北部、テッサリア地方、イピロス地方、中央ギリシャ地方、ペロポネソス半島、エーゲ海諸島です。
その中でペロポネソス半島のワインはギリシア全体の約25%が生産されています。
歴史の授業で出てきた地名かもしれませんが、それもそのはずで、紀元前2000年頃にはミケーネ文明、その後、紀元前10世紀ころからはスパルタを始めとするポリス(都市国家)の地域でした。また紀元前431年にはペロポネソス戦争が起こっています。

 

ペロポネソス半島のワインで、ネメアという産地があります。
ここは、ギリシア神話の中でヘラクレスに退治されたネメアの獅子の住んでいた場所として知られています。
ネメアの獅子はギリシア神話に登場するライオンです。ネメアの谷に居住し、里の人や家畜を襲っていました。
ヘラクレスはネメアの獅子を退治し、毛皮を持ち帰ることにしました。
しかし、ヘラクレスの放った矢は効果なく、棍棒で殴っても獅子の毛皮には傷一つつきませんでした。最終的にヘラクレスは3日間に渡って獅子の首を締め上げたことで、何とか獅子を殺すことができまた。
やがて、ゼウスにより、ネメアの獅子の魂は星座の「獅子座」になりました。

 

このネメアはペロポネソス半島北東部にある古代遺跡になっていて、現在はコリントス県の一部です。
ヘラクレスの神話がある地らしく、「ヘラクレスの血」という赤ワインもあるほどです。

 

地中海世界を形成する古代ギリシアには、知られざるワイン産地が多くあります。観光とともに出かけるもの良い地域かもしれません。

 

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ