今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

クリスタルとヴァランドローにノックダウン

愉しんでまいりました。。

 

昨日ブログった通り、フランスのクルティエさんとご一緒したフレンチディナー&ワイン。

 

 

まずはアペリティフに

ルイ・ロデレール・クリスタル 2002年

 

※写りが悪いですね・・・すみません。。

 

こちらはもう市場には普通には出回っていないレアなプレスティージュシャンパーニュ。

それはもう~、もちろん、最高に素晴らしいの一言につきます。

アフターには、濃縮された蜂蜜の甘いニュアンスがバッシバシ。

 

伊達に高いわけではないのですね・・・高すぎますけど、美味すぎる。。

 

 

ついで本日のメインは、シャトー・ド・ヴァランドロー 1993年

 


 

 

 

正直いって、ボルドーの古酒は久しぶりだったので、「思い出した!」という感じにめくるめく感動がありました。

 

芳しい腐葉土やトリュフ香が、「そうそう、これぞカベルネが熟成した証!」と。
本当に複雑で深遠で、さすがシンデレラワインとして、一瞬にして無名ワインからハイプライスワインに三段跳び昇給をはたしただけはあります。

 

 

あぁ~~、最近はピノ(ブルゴーニュ)ばかり飲んでましたが、やっぱりボルドーも美味しいですね。。

これで再認識しました。

やっぱりボルドーのハイレベルワインは、最低でも10年以内に飲んではいけないと。

 

 

 

 

 

美しいローヴです・・・(暗くて解らない??)

 

こんなワインを飲む度に、またお仕事に励もうと思うワケです。

旨安ワインの美味さと、高級ワインの美味さの絶対的なステージの違いを再認識した楽しいひと時でした。

 

 

 

■シエル エ ヴァンお勧めコンテンツもヨロシク

↓     ↓     ↓     ↓     ↓

誕生日プレゼントに生まれ年ワイン

「生まれた年と同じ収穫年のワインで誕生日に祝杯をあげる」。こんな素敵な慣習の普及が、年々広まっております。生まれ年のワインには、その人それぞれの人生の郷愁を内包しており、それは味わえば、品質とは異なる別次元の味わいを感じることができるはずです。

シエル エ ヴァンは、誕生日プレゼントに生まれ年ワインをご提案しております。

 

コメント

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ