今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

ボルドー赤の主役はやはりCS。収穫まであと少し。。

ボルドー地方において、2010年の収穫が解禁された様です。

ボルドーの赤といえば、カベルネ・ソーヴィニヨン種とメルロ種が二大主要品種なわけですが、当然ながらより早熟なメルロが先行して収穫されます。

ですので、メルロの主アぺラシオンとなるボルドー右岸のサン・テミリオンが先陣を切るのが通例ですが、今年も例にもれずサン・テミリオンから収穫がスタートしました。

 

———————————————————————————–

———————————————————————————–

 

2005年以上に高値をつけそうな2009年の再来を期待とか書かれてますが・・・。
あまりあおりまくって値段がつりあがらないことを切に切に願います。

 

まぁ、世界的に人気のあるボルドーワインの殆どは、一部のポムロールを除くと左岸のメドック格付けに集中されるので、まだ収穫まで数週間あるカベルネ・ソーヴィニヨンの生育が焦点になりますが、結果は如何様になるのか??

 

私的には、2007年くらいの出来がベストだと思っています。
そう、特段偉大な出来っていうのは取引価格が吊り上がるだけで、そんなヴィンテージが連続して続くのも消費者としては決して喜ばしいことではないのです。
メドック格付けのようなしっかりした技術があるのなら、スタンダード・ヴィンテージで十分なのです。

 

 

 

ヴィンテージワイン専門店 – シエル エ ヴァンもよろしく☆

 

コメント

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ