今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

真夏のワインの保存方法

さて、夏本番となり日々猛暑が続いておりますが、やはりこの季節になるとご注文時にお客様から

 

「どのように保管すればよいですが?」

 

との質問が増えてきます。

 

ですからサクッとこのブログでご紹介しておきますね。

 

 

まず一番良いのはワインセラーでの保管です。

当たり前ですね。。

 

今ではワインセラーもご家庭用として小本数に対応したリーズナブルな物が増えてきてますから、ご予算に合わせて出来ればワインセラーのご購入をお勧め致します。

 

いや、そんな頻繁にワインを飲むわけではないし、セラーにお金はかけたくないという場合は、いい保存方法があります。

 

それはズバリ

「冷蔵庫」での保管です。

 

「えっ、冷蔵庫で保管なんて低温劣化しないの?」

という声が聞こえてきそうですが・・・。

 

 

確かにワインは、温度が低すぎる低温劣化も懸念される要因ではあります。

しかし、この暑い季節、間違いなく常温で保存するよりもワインは痛みません。

また低温劣化というもの自体、諸説つきないお話であります。

 

その低温がどのレベルの低温なのか、もちろん零下を下回るようですと問題があるでしょうが、冷蔵庫の温度は5℃前後とそこまで低温ではありません。

良く香りや風味が閉じるといわれますが、適当な時間、飲む前に出しておけば問題ありませんし、もし閉じているなと思ったらデキャンタし、少し乱暴気味にグルグル回せば開いてきます。

 

苦みが出るという意見も聞きますが、そんな経験をしたことは私にはありません。

 

 

まぁ、冷蔵庫で半年以上も保管するのであれば、問題があるのかも知れませんが、それ以内であれば余り難しく考える必要なないのではないでしょうか?

とかくワイン屋は、難しく難しくいいますので。。

 

私はもちろんワインセラーを持っていますが、過去に半年間ほどワインを冷蔵庫で保管していたこともあり、飲んでも何の問題も感じませんでした。

 

冷蔵庫保管の最大の欠点は、「熟成が止まる」ことくらいでしょう。

しかし殆どのユーザーにとって、購入したワインをさらに数年間も保管し熟成させようというニーズはないでしょうから問題ありませんよね。

 

 

この季節、セラー以外の理想の保管場所は絶対に冷蔵庫です。

必要以上に低温劣化など心配されず、冷蔵庫を活用してください。

 

一点注意点として、野菜室があれば野菜室を利用する(少し温度が高い)ことと、ボトルを寝かして保管することです。

冷蔵庫内は乾燥してますので、常にコルクと液面が接触するようにし、コルクの乾燥を防ぐためです。

 

 

 

価値あるワインの通販サイト – シエル エ ヴァンもよろしく☆

 

コメント

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ