今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

チリワインは今後目が離せませんね。

チリワインがコストパフォーマンスに優れるというのは誰しもが認めるところですが、

コスパを得意とするチリの生産者が、贅沢なコスト&仕込みでプレミアムなワインを造るとこうなるのですね。。

 

 

「エラスリス カイ」、1級シャトーを破る : ワインニュース : ドリンク&ワイン : グルメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

チリ、スーパータスカン、ボルドーのトップワインのブラインド・テイスティングが、ニューヨークで開かれ、チリの「エラスリス カイ 2006」が、はるかに高価なボルドーの1級シャトーを抑えてトップに選ばれた。  ニューヨークで評論家、ソムリエ、小売業者ら70人以上が参加して、マンダリン・オリエンタル・ホテルで開かれた。ホストを務めたのは1976年の「パリスの審判」で、カリフォルニアワインの優秀性を世界に知らせた評論家のスティーヴン・スパリュア。過去に、ベルリン、東京、ロンドンなどで同様のイベントが行われた。~~ 続く ~~

 

 

『価値あるワイン』はドンドン取り扱うのが当店のポリシー。

早速インポーターを当たってみます。

 

 

8000円前後のワインが、オーパスやオー・ブリオンよりも上位なんて・・・

 

まぁグラステイスティングなんで、本当の意味での真価は見極められるものじゃありませんが。。

ワインの真のポテンシャルは、1~2時間程じっくり時間をかけて、『ボトル1本』を飲み切らなければわかるものではありませんので。

 

オー・ブリオンのボトル最後の1杯と、エラスリス・カイのボトル最後の1杯との勝負なら、100%オー・ブリオンに軍配が上がるのは絶対的な事実なのです。

(供に最初から飲み続けた上での「最後の1杯」です。) 

 

しかし、それでも1/3から1/5以下のワインがこれだけの評価はマックス見事!!

乞うご期待くださいませ!

(いかほどの物か、楽しみです☆★)

 

当店が採用するまで待てないというせっかちな方は

『エラスリス カイ 2006』

で検索すれば、たくさんの通販サイトが出てきますのでお試しを。

 

シエル・エ・ヴァンで採用の際には、期間限定の【ネット最安値】でお出しすることをお約束いたします☆★

 

 

ワインの通販ならシエル エ ヴァン

 

コメント

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ