今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

旨安ワインの取り扱い始めます。

さてさて、

今日はかなり以前から迷っていたことの結論が出ましたので、ちょっとご報告です。

 

シエル・エ・ヴァンはご存知のようにオールドヴィンテージワインに特化したワインショップとしてスタートを切りましたが、お客様から

普段飲み用の旨くて安いワインも取り扱って欲しい!

とのリクエストが結構あります。

手前味噌で恐縮ですが私結構お客様から信頼されており、私が発掘した旨安ワインなら間違いないだろうといってくださる天使のようなお客様がいらっしゃるのです。。

うれしい限りです。

 

 

当然ながらしっかり熟成されたオールドヴィンテージワインは最高です!

しかし愛好家足る者、少なくとも週に2~3本はワインを飲むでしょう。

 

いくら美味いからといっても、毎度毎度オールドのボルドーやブルゴーニュをポンポン抜いているとその内破産しちゃいます。

余程のリッチマンは別ですが...。

 

 

 

月に1~2本はオールドヴィンテージ。

とっておきのシーンにはオールド。

週末にはオールドワイン。。

 

各々の経済事情によりまちまちでしょうが、やはり間にチョイ安目のワインは不可欠でしょう。

 

それに最高も、常時続くとその内普通になるもの。

メリハリがあるからこそ、最高の瞬間を体感できるハズ。

 

 

そんなこんなで決めました。

以前から旨安ワインの発掘はコツコツ行ってきたので、自信を持って取り扱えるワインの候補はバッチリあります。

オールドヴィンテージとはセグメントの異なる、気軽に飲める、それでいて価格を超えた旨さを持つワインをシエル・エ・ヴァンで採用することにしました。

近日中にリストアップしますので、乞うご期待くださいませ。

 

単に安いだけのワインは1本たりとも絶対取り扱いません。

プライドに掛けて、うるさ目の諸氏にも必ずご納得いただけるワイン達を揃えます。

私、メチャクチャ自信ありますから。。

 

 

もちろんシエル・エ・ヴァンは珠玉のワイン、オールドヴィンテージがあくまでも主役です。

こちらは今まで以上にドンドン品揃えを強化していきます。

オールドヴィンテージワインを直訳すると古いワインとなりますが、実質的には飲み頃のワインということでなんです。

実はワイン全体の99.9%以上は若い内の方が旨い。

しかし総数0.1%以下の、格付けクラスのボルドーや名門ドメーヌの逸品などはその構成上、瓶詰めから20~50年後にやっと飲み頃を迎えるのです。

当たり前ですが飲み頃でないワインより、飲み頃のワインの方が圧倒的に美味いですからね。。

 

Ciel et Vin-シエル・エ・ヴァン

 

コメント

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ