今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

ドメーヌ・ド・ラ・プス・ドール

090623_1010~0001  
090623_1010~0002

 

ヴォルネイ・プルミエ・クリュ・カイユレ・クロ・デ・ソワソント・ウヴレ1984年

 

ブルゴーニュといえど、赤ワインでは少し地味なイメージのコート・ド・ボーヌはヴォルネイ。

アぺラシオン的にはニュイの6つの村と比べれば、ブランド力には劣ります。

 

 

しかしどうしてどうして。

ヴォルネイというテロワールが、ピノ・ノワール種の栽培においても十分対応できることをこのワインが証明しています。

 

コクよりもテロワールの個性と繊細なアロマを優先させた構成で、ニュイと比較してもまったく引けを取らない完成度。

ピノの勢力図も時代と共に変化するのですね。

 

 

当店に来る直前まで、プス・ドールの地下蔵で眠っていた代物で、エチケットはかなりくたびれていて美しい。

まさに退廃美。。

 

古酒らしい断層のある綺麗なローブで、ゆっくり丁寧に熟成したことが伺える。

 

既に20年以上が経つが、ピノの特徴である酸はしっかり生きており、しかし誇張とか大袈裟といった尖ったものではなく立体的な球体。

フローラルのアロマにスパイス系、動物系のブーケ。

 

シルクのようなテクスチャー。

 

 

ニュイの格上に、このプス・ドールは負けていません。

 

コメント

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ