今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

チリ・ピノの雄、レイダのピノ・ノワール

090218_1955~0001 090218_2302~0001

さて、久しぶりの旨安ワインのレビューです。

今回もチリワインを候補に挙げており、セパージュは難し目のピノ・ノワール100%。

 

新世界ワインの台頭は目覚ましいのですが、ピノ・ノワールの繊細なアロマやテクスチャーとなるとブルゴーニュには……う~~ん、正直まだまだ追いついたとはいえないですね。

 

カリ・ピノ(カリフォルニア・ピノ・ノワール)などは”商業的”に成功してはいますが、あくまでも商業的な成功であり、品質的にはブルゴーニュがやっぱり上です。

「カリフォルニアのロマネ・コンティ」や「ニュージーランドのロマネ・コンティ」など???なキャッチコピーで紹介されるワインもありますが、私にいわせれば「そんなわけないやん。。」ですし、多くの愛好家も同意見でしょう。。

 

あっ、勘違いがないように、、、決して新世界ピノをNGといっているのではありません。

事実私も飲みますし、素晴らしいワインもたくさんあります。

しかし1万円前後のワインを、「どこどこのロマネ」や「どこどこのペトリュス」などという有り得ない宣伝文句に白けてしまうのです。

価格が何倍もする超高級ワインは、伊達に高いわけではありません。

基本的なポテンシャルがまったく違うのに、事実に反することを堂々と発信する姿勢はどうかと。。

 

 

さて、余談が過ぎましたがこのワインはいかがなものか?

レイダ・ラス・ブリサス・ピノ・ノワール 2007 レゼルバ

 

 

生産者レイダからの解説をそのまま引用すると、「生育されるブドウ畑の区画は南西向きで日当たりが限られ、海の冷涼な風が直接当たる場所でシャルドネやピノ・ノワールといったブルゴーニュのセパージュが奇跡的に成功している」とのこと。

また2千円後半とリーズナブルなのに、フレンチオーク樽熟成10ヵ月。

くぅ~~、心を揺さぶられます。。

 

 

色調は相変わらずの濃いダーク・ルビー。

凝縮感があり、エキス分がパンパンに詰まっていそうな色です。

ただ前回のカサマリンよりは、明るい色調。

 

ピノ・ノワールの定番、ラズベリーのアロマが前面に香ります。

強めの酸臭もあり、これは好印象……旨安ですから。。

 

テクスチャーは固めですが、これは悪い意味ではなくミネラリーということです。

凝縮感はありますが、このミネラルの固さが幸いし結構さわやかです。

タンニンも強すぎず、後味の余韻も長め……うん、旨い!

 

 

さすがチリで評判のピノ・ノワールですね。。

 

しかし価格の安さを無視して難癖を付けるなら、やっぱり少し重たい。いつもチリワインは後半飲み疲れするのです。

バルサム質の豊かな構成エキスが、饒舌でわかりやすい美味さを与えてくれるのですが、ブルゴーニュの繊細さにもう少し近づいて欲しいところ。。 

やはり涼しい区画といえど、フランスの銘醸地と比べれば温暖だということですね。

 

 

さてさて、2千円後半という価格とこの品質を相対的に評価すると、やはり優れた旨安ワインだといえます。

80~90点。

 

これが2千円前半で買えれば……プラス10点かも。。

しかし、相変わらずチリワインは安くてうまいワインの宝庫ですね。。

 

美味しかったです。

 

コメント

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ