今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

ワインを安く買う方法【プリムール】1

さて、ワイン愛好家の皆さんならプリムールってご存知と思いますが、ボルドーでは歴史のある取引形態です。

 

 

ボルドーワインは秋にブドウを収穫し醸造が施され、翌年春からオーク樽にて1~2年間ほど熟成を行います。(樽熟期間はワインにより異なる。基本的に上級キュヴェほど長い。)

そして樽熟後、ボトリングしてシャトー(生産者)より出荷されます。

今であれば、2008年物の樽熟がスタートし、2010~11年の春先に出荷されるといった具合です。

 

 

生産者からして見れば、樽熟中はお金が入って来ないので資金繰りが厳しい。

そこで樽熟中に予約販売を行い、資金を調達します。

これがプリムール販売です。

 

これは生産者にとっては非常に都合が良い。

しかしバイヤーからすれば、お金を払ってからワイン入荷まで1~2年間も待たなければなりません。

そこで生産者は、ボトリング時の最終卸価格よりも安い価格を特別に設定します。

 

・生産者 = 早く資金調達できる。

・バイヤー = 安く買える。

双方の利害が一致するわけです。

 

 

このプリムール価格は、一定期間経過後、価格の見直し(値上げ)が行われます。

一番最初の価格をファーストプライス、次がセカンドプライス、次がサード……最後にボトリング時の卸価格となり、早く買うほど安く買えます。

当たり前ですが、生産者は早くお金を入れてくれるバイヤーを優遇するのです。

 

プリムール2に続く

コメント

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ