今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

2007年ヴィンテージワイン

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
今回は2007年のフランスワインについて勝手に語ります。

 

 

ワインのブログらしく、ヴィンテージワインの特定の年について、それなりのことを書こうと思います。
プレゼントする相手の誕生年だったり、会社の創立年だったりする場合、自ずとヴィンテージワインの選択肢は限られます。それでもその年が、どのような出来栄えだったかは少しは気になることでしょう。
特にその年の気候状況によってブドウの生育が大きく左右され、最終的にワインの評価にも影響します。
ただ、各年を細かく調べるのは大変なので、気が向いたときだけこのブログに掲載しようと思っています。

 

そこで、最初に取り上げるのが2007年です。
平成から令和になりましたが、2007年は平成19年です。
この年にスティーブ・ジョブズが初代iPhoneを発表した年なので、この年を意味もなく選びました。
では、本題です。フランスワインの2007年ヴィンテージは全体的に良好な評価を得ているようです。
しかし、気候的には決してブドウ栽培に最適とはいえませんでした。特にシャンパーニュでは5月に雹の被害があり、夏まで雨の多い年だったこともあり、ブドウに病気が発生したといいます。
気候が回復したのは8月くらいで、その後は良い条件でしたが、雨と病気の影響を完全に払拭することはできませんでした。

 

ブルゴーニュも春から夏にかけて気候は不安定だったこともあり、ブドウにとっては日射量が少なめでした。
湿度も高かったことで、カビの問題もありました。
それでも2007年のヴィンテージワインとしては、まずますの出来栄えともいわれ、決して損はないといわれます。

 

ブルゴーニュワインを探す

 

ボルドーでも雨の影響はありました。
ここでも湿度が悪影響を与え、病気も一部で発生したようです。
ただし、天候が回復してから収穫を遅らせるなどで、良質なワインとなったともいわれます。

 

ボルドーワインを探す

 

改めて2007年を振り返ると、個人的にはブルガリアとルーマニアがEU加盟国になったことが思い出深い気がします。
ウィーンで東欧の人々との交流が多かったこともあり、感慨深いものがありました。
フランスワインを語りながら、実はドイツ語圏やハプスブルク家と関係のあった国々、スラブ系の国々に関心が高いことも影響します。

 

 

機会があれば、別の年も調べましょう。

 

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ