今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

失われたカルメネールの再発見

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
今回はチリの英語サイト「ロッジカーサチュエカ」の中から「カルメネール」についてご紹介したいと思います。英語だけでなくドイツ語ページもありましたので、翻訳はそこから行うことにしました。勝手に翻訳して語りますが、専門の翻訳家ではないので、間違いがありましてもご容赦ください。

 

 

In Chile wurde die längst verloren geglaubte Rebsorte Carmenère wieder entdeckt.

チリで、長い間失われていたブドウ品種「カルメネール」が再発見されました。

 

Im chilenischen Zentraltal herrscht ein gemäßigtes, mediterranes Klima mit sehr warmen, trockenen Sommern. Tagsüber klettert das Thermometer bis auf 32 Grad Celsius, während nachts die Nähe zu den Anden immer für Abkühlung sorgt. Die Böden haben sehr unterschiedliche Eigenschaften und werden mit mineralreichem Schmelzwasser aus den Anden bewässert – ideale Bedingungen für gesundes Rebwachstum. Die starke Erosion durch die Andenschmelze und die natürliche Begrenzung Mittelchiles durch die Berge und das Meer verhindern Infektionen und Insektenbefall der Reben, vor allem das Eindringen der Reblaus, einer Vertreterin der Phylloxeriden. Im 19. Jahrhundert zerstörte die Reblaus andernorts fast den gesamten Rebenanbau, zunächst in Europa, dann in Übersee, indem sie sich in den Wurzeln der Weinstöcke festfraß und diese zersetzte. Heute müssen daher in allen wichtigen Weinanbaugebieten der Alten Welt, Nordamerikas und Australien Weinstöcke „gepfropft“, d.h. auf reblausresistente Wurzeln aufgepflanzt werden. Nur in Chile gedeihen Trauben noch auf wurzelechten Reben. Chile ist außerdem das einzige Land, in welchem heute Carmenère-Trauben angebaut werden. Bis vor einigen Jahren wurde die Carmenère-Rebe mit der verwandten Merlot-Rebe gleichgesetzt.

チリの中央谷は、穏やかな地中海性気候で、夏は非常に暖かく、乾燥しています。日中は温度計が32℃まで上昇しますが、夜はアンデス山脈に近いため気温が一気に落ちます。土壌の特徴は非常に特徴的で、アンデス山脈からのミネラル豊富な雪解け水を灌漑しています。ブドウの成長には理想的です。アンデスの雪解け水による強い浸食と、山と海によるチリ中央部の自然が境界線となっていて、ブドウの木の感染や害虫の侵入を防ぎ、特にフィロキセラの侵入を防ぐことができます。19世紀、フィロキセラはヨーロッパを皮切りに世界へと、ブドウの木の根に食い込んで腐敗させていきました。ほとんどのブドウ栽培を壊滅状態にしました。そのため、今日では、旧世界、北米、オーストラリアの主要なワイン生産地では、ブドウの木は「接ぎ木」、つまりフィロキセラに耐性のあるものを植えるようになりました。チリだけが、今でも根に強いブドウの木で繁栄しています。また、現在カルメネール種のブドウが栽培されているのはチリだけです。数年前までは、カルメネールの木は、関連するメルローの木と同じものと思われていました。

 

Im 19. Jahrhundert von Bordeaux nach Chile gekommen, entfaltete die Carmenère sich hier prächtig, während die Reblaus sie in Europa ausrottete. Heute bemühen Önologen in Chile sich darum, aus dem Carmenère einen ganz besonderen, unverwechselbar „chilenischen“ Wein zu machen. Chile hat eine weitaus geringere Weinanbaufläche als das Nachbarland Argentinien, erzeugt aber sehr guten, international anerkannten Wein. Auf den Rebflächen um die Hauptstadt Santiago und in den verschiedenen Flusstälern der Anden (siehe Weinregionen) werden heute größtenteils europäische Edelreben für Exportweine und gute bis sehr gute Inlandsweine angebaut. Nur für sehr einfache Tischweine wird noch die traditionelle País-Traube verwendet. Cabernet Sauvignon, Merlot und Carmenère sind die wichtigsten roten Reben, Sauvignon Blanc und Chardonnay die herausragenden Weißweintrauben. Das wichtigste Weinanbaugebiet Chiles ist das Flusstal Valle de Maipo nahe der Hauptstadt Santiago. Vor allem die Cabernet-Weine erregen internationale Aufmerksamkeit, und der berühmteste unter ihnen, Don Melchor vom Weinproduzenten Concha y Toro, schafft es regelmäßig auf Spitzenplätze bei internationalen Wettbewerben. Die chilenischen Rotweine verfügen über eine sehr fruchtige, aber auch würzige Note und enthalten zumeist einen eher geringen Tannin-Anteil. Die Weißweine sind frisch, fruchtig und zeichnen sich durch ihre außergewöhnliche Fülle aus.

カルメネールは19世紀にボルドーからチリに来ました。ヨーロッパでは、フィロキセラを見事に駆逐していました。今日、チリのワイン醸造家たちは、カルメネールを特別な、紛れもなく「チリの」ワインにしようとしています。チリは隣国のアルゼンチンよりもブドウ栽培面積が小さいものの、国際的に認められた非常に良いワインを生産しています。首都サンティアゴ周辺やアンデスの様々な川の谷間にあるブドウ畑(略)では、ほとんどがヨーロッパ産の高貴なブドウの木です。輸出用のワインだけでなく、良質な国産ワインのために栽培されています。テーブルワインにのみ、伝統的なパイス地方のブドウが使用されています。カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カルメネールは赤ブドウ、ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネは卓越した白ワイン用ブドウです。チリで最も重要なワイン生産地は、首都サンティアゴの近くにあるヴァレ・デ・マイポ川の谷です。特にカベルネワインは国際的な注目を集めており、その中でも特に有名なのが、ワイン生産者コンチャ・イ・トロのドン・メルチョールで、定期的に国際的なコンクールで上位入賞を果たしています。チリの赤ワインは、非常にフルーティーでありながらもスパイシーな香りがあり、ほとんどの場合、タンニンの含有量はかなり低低めです。フレッシュでフルーティーな白ワインは、並外れたコクが特徴です。

 

見出しが気になって中身を読むと、肩透かしとなる内容です。
再発見の経緯や、どのような人々がカルメネールの醸造をしようとしているのか、その方法は、など、知りたいことはたくさんあります。
新たな内容に更新されるのを期待したいところです。

 

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ