今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

マウレ・ヴァレー(Maule Valley)

プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
今回はチリのマウレ・ヴァレーについて勝手に語ります。

 

 

マウレ・ヴァレー(Maule Valley)はチリ最大のワイン産地です。
チリは南北に細長い国で、北からの縦列で7番目に当たるのがマウレ州です。
マウレ川に由来する地名で、その川が渓谷を成す地方がマウレ・ヴァレーになります。
マウレ川はアンデス山脈が源流の川で、流域面積20,600km2あり、1/3がアンデス山脈内を流れています。
そしてこの渓谷でチリワインの60%を生産しているのです。

 

年間降水量はわずかに735mm程度と少なく、しかも雨が降るのは主に冬であることから、ブドウの生育期は雨がなく、乾燥し、気温も高めになります。そのため、ブドウの果実はしっかりと育ちます。
また1日の寒暖差も激しく、その差が大きい時には18℃にもなるといいます。
そのような条件が整い、ブドウの糖度が高くなっています。

 

ブドウ栽培地は約30,000haもあり、ブドウ品種はカベルネ・ソーヴィニヨンやカルメネールなどの国際品種が中心です。
しかし、かつては黒ブドウのカリニャンが中心だったようです。

 

この地域はインカ帝国南境になり、マウレ川については、チリ文学に影響を与えた「最も優れた」川といわれています。
マウレ州としても、人口の割に多くの著名人を輩出している州として知られます。日本人にはあまり馴染みのない人たちですが、チリでは著名な作家、詩人、ミュージシャンなどの芸術分野に限らず、大統領も科学者なども輩出しています。

 

チリワインはある研究機関によると、ポリフェノール含有量が一番多く含まれるという研究結果を出しています。
日照時間の長さがポリフェノール含有量に関係しているという研究のようですが、それはともかく、日本ではチリワインは比較的購入しやすい価格で販売されていて、その中でマウレ・ヴァレー産はたくさんあります。
こんな背景を知りながら飲むのも良いかと思います。

 

コメントはありません

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ