1万円以上で送料無料

彼氏・男性が喜ぶチョコ以外のバレンタインプレゼント シエル・エ・ヴァン

  • トップ
  • ログイン
  • カートを見る
  • お問い合わせ
  • 豊富なラッピングメニュー
  • 12,000円以上で送料無料
6
6

バレンタインプレゼント
バレンタインプレゼント

イメージ画像

女性から男性へのギフトイベント バレンタインプレゼント

2月14日、女性たちが色めき立つ最大のギフトイベント「バレンタインデー」。本命、義理チョコはもちろん、女性同士が女友達へ贈ったり、自分にご褒美にと、数あるギフトイベントの中でも、女性発信のプレゼント行事としては最大規模となるのがバレンタインプレゼントです。

日本では、バレンタインデーは原則(古くは)、女性から男性へ愛の告白をする日として、チョコレートを贈ることが習慣とされてきました。しかし、本家本元の欧米では、バレンタインは”女性から男性へ”という一方通行ではなく、恋人同士の間でプレゼントを贈り合う、また男女間だけでなく、家族や友人などにも感謝や友情の証としてプレゼントを贈る習慣があります。

昨今では、日本でもバレンタインのあり方は様変わりしており、女性から彼氏や片思いの男性へ愛の告白を込めた贈り物という意味合いを筆頭に、単なる男性の友達や上司、部下などへの義理チョコ、父親や兄弟へ贈ったり、女性が友人同士でプレゼントしあったり、はたまた自分にご褒美だったりと、贈り贈られる対象に形式は殆どなくなりました。

さて、バレンタインデーというと、とかく女性ばかりがクローズアップされますが、実は女性と同じく、あるいは女性以上にこの日を意識するのが男性なのです。何分、男性は女性のように自分の気持ちを素直に表現できない生き物。

“えっ、今日ってバレンタインデーだったの?知らなかった”

“バレンタインプレゼントなんて俺はいらないぜー△×●□”

何てうそぶく男子は全国にごまんといますが、実は内心、「俺、バレンタインにプレゼントもらえるかな?」「片思いのあの子がバレンタインプレゼントくれないかな~~」とドギマギしているのが正直なところ。「俺は5個もらったぜ~」「なにをー、俺は8個だーー!」と学生同士なら同じクラスの男子ともらった個数を競い合ったり、彼女がいる彼氏なら、「彼女はどんなサプライズを今年はプレゼントしてくれるんだろ~」とか、涼しい顔をしながら内心はこんなことを悶々と考えているもの。

それほどバレンタインプレゼントは、女性はもちろん男性にとっても重要な贈り物。本命の彼氏や、特に片思いの男性に愛の告白を兼ねたバレンタインプレゼントの場合は、「何を贈るのか?」、気合を入れてチョイスしたいですね。

イメージ画像

バレンタインプレゼントにおすすめの人気アイテム

ギフトイベントであるバレンタインにはプレゼントが付き物です。今も昔も、バレンタインプレゼントの定番はやっぱりチョコレートですが、サプライズが求められる今日、チョコレートだけでは少しオリジナル性に欠けますよね。もちろんチョコレートも悪くはありませんが、チョコ以外の人気プレゼント・ランキングを調べましたので、以下にご紹介させていただきます。

  • アクセサリー
    時代に沿った流行りのブランド品が人気のようです。学生や若者向けですね。
  • ネクタイ
    社会人男性へのバレンタインプレゼントの定番かも。
  • 財布
    こちらも男性へ贈るギフトの定番ですね。
  • マフラー
    …もし手編みなら、彼女から彼氏(恋人)限定といったところでしょうか?
  • ビール
    出ました、お酒ギフト。バレンタインプレゼントにビール!?と思いましたが、意外にもランキング上位に…父親や年上(オジサン)の上司に贈るのかも知れませんね(笑)
  • ワイン
    キター!当店イチオシのワインも人気があるみたいで何よりです。ビール・ワインと続きましたが、やっぱりお酒はギフトと相性が良いみたいですね。ビールと違い、ワインなら彼氏や片思いの男性へのバレンタインプレゼントにピッタリですよね。ビールや日本酒だと、父親やオジサン上司が対象で合ったり、そもそもお中元やお歳暮って感じになりますものね。

バレンタインプレゼントの人気アイテムを簡単にご紹介しましたが、ネットには多数のまとめサイトなどが、「バレンタインプレゼント人気ランキング」と題して情報発信していますので、ぜひご自身でも調べてみてくださいね。

ワインギフトのスペシャルショップ Ciel et Vin
ワインギフトのスペシャルショップ Ciel et Vin

男性が喜ぶチョコ以外のサプライズなワインギフトのご提案

ノスタルジーな感動ギフト 彼氏の生まれた年のヴィンテージワイン

想い出が詰まった感動ギフト 生まれた年のヴィンテージワイン

想い出が詰まった感動ギフト 生まれた年のヴィンテージワイン

チョコ以外のバレンタインプレゼント・ランキング上位にお酒がランクインしておりますが、当店がおすすめするのはビールではなくワイン。しかも “あっと驚く” 他にはないスペシャルワインギフト。単なるお酒でもなければ普通のワインでもありません。

バレンタインのプレゼントに、愛する彼氏、または片思いの男性の生まれ年のヴィンテージワインをおすすめします。特に赤ワインや甘口のデザートワインなら、定番のチョコレートとも相性が良くピッタリです。普通のワインギフトではない、生まれた年のヴィンテージワインというのがサプライズとなり、バレンタインのひとときを素敵に演出するでしょう。

彼氏の生まれ年が印字されたワインを、共に過ごすバレンタインのディナーに添えれば特別なイベントがより輝きますね。生まれた年と同じ収穫年のブドウから造られたワインはノスタルジーな雰囲気に溢れ、郷愁漂うとてもロマンティックな瞬間へとお二人を誘います。

バレンタインプレゼントに、彼氏が生まれた年のヴィンテージワインをおすすめ致します。また、大好きな彼氏と初めて出会った年や付き合った年のワインなども、トキメクのではないでしょうか。

世界に一つのプレゼントなら想い出の写真で作るオリジナルラベルワイン

写真・メッセージで作るオリジナルラベルワイン

バレンタインプレゼントにぜひおすすめしたい、あっと驚くサプライズなワインギフト、次のおすすめは、お手持ちのお写真で作るオリジナルラベルのワイン。もちろんメッセージも自由に印刷できます。昨今流行りのいわゆる名入れギフトのワイン版、名入れワインですね。彼氏とのお気に入りのツーショット写真でワインラベルを作ったり、普段いえない思いを手紙としてラベルに印刷したり、彼氏の名前をワイン名にアレンジしたり、アイデアは貴方次第。

ラベルデザインは、100種類以上のテンプレートからお気に入りをチョイス!(バレンタイン用デザインもご用意しています。)テンプレートをベースに、スマホやパソコンで簡単に写真を挿入、メッセージ入力など、ご自分でサクッと作れるアプリをご用意しておりますので、その場で、直ぐにデザインが完成します。

手作り感もある名入れワイン・オリジナルラベルワインは、ヴィンテージワイン以上に人気のワインギフトとして大好評を得ていますので、バレンタインのプレゼント候補としていかがでしょうか。

まだある!バレンタインプレゼントに面白ワインギフト

スペシャルワインギフトショップを自負するシエル・エ・ヴァンには、まだまだサプライズな面白いワインが一杯あります。

どのアイテムも、他店にはないシエル・エ・ヴァンならではのオリジナルワインギフトとして、自信を持ってバレンタインの勝負プレゼントにおすすめできるサプライズアイテムです。


バレンタインがよく似合う 恋のエピソードを持つワイン

恋のエピソードを持つワイン

恋のエピソードを持つワイン

最も古い歴史を持つお酒の一つであるワインの歴史は、キリスト教との関連性が強く、修道院がワイン造りの起源といわれています。このことからも、特にヨーロッパなど伝統的生産国のワイナリーは、創業何百年という一般の企業とは次元の異なる古い歴史を持っています。また、ニューワールドと呼ばれるヨーロッパ以外の生産国でも、100年や200年の歴史を持つワイナリーは珍しくなく、それは様々な人間ドラマの歴史ともいえます。長い歴史の中で起こる人間ドラマを元に、時代を超えて語り継がれるエピソードを持つワイナリーは多く、ここでは特にバレンタインのプレゼントに打ってつけの”恋のエピソード”を持つワインをおすすめ致します。

~~ バレンタインデーの歴史 ~~

バレンタインデーの歴史は古代ローマ時代から始まったと言われています。

ローマ時代では、2月14日は女神ユノの祝日でした。ユノは家庭と結婚の神様とされ、全ての神の女王とされています。この女神ユノの祝日(毎年2月14日)の翌日の2月15日からは、「ルペルカリア祭」という安産のお祭りが行われていました。当時、若い男性と女性は別々に生活していたのですが、ルペルカリア祭は一年で唯一の男性と女性が巡り合う期間でした。

ルペルカリア祭が始まるの前日の2月14日、女性達は札に自分の名前を書き、桶の中に入れます。

この翌日、男性達はこの桶から札を1枚引き、その札に書いてある名前の女性とルベルカリア祭の期間は、2人が一緒にいることが定められていました。そして多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、結婚していきました。

しかし、この風習は約800年もの間続けられてきたものの、ローマ教皇のゲラシウスは「愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がる」という理由から、これを禁止してしまいます。

キリスト教の司祭だった聖バレンティウスは、結婚が許されない兵士を哀れに思い、教皇に秘密で数多くの兵士達の結婚を実現させましたが、後にこのことが発覚し、処刑されてしまいました。これに反発したローマの若者達は、前日の2月14日に好みの女性に愛の誓いを記したカードを渡すことを思いつき、そのカードに愛の殉教者である聖バレンティウスの名を書くようになりました。

この聖バレンティウスの名前が転じてバレンタインとなり、毎年2月14日はバレンタインデーとして全世界に広まるようになりました。欧米では現在でもバレンタインデーにカードを贈る習慣があり、「あなたのバレンタインより」(From Your Valentine)という言葉が添えられています。

一方で、日本のバレンタインデーにチョコレートが贈られるようになったのは1958年頃からです。

メリーチョコレートという会社が東京の百貨店で、バレンタインデー前にチョコレートの販売促進を目的としたキャンペーンを展開したことがきっかけです。初めは反響がありませんでしたが、その後女性誌に取り上げられたことで大人気となり、現在のバレンタインデーに至っています。

  • 名入れオリジナルラベルワイン
  • 生まれ年 記念日のヴィンテージワイン
  • 恋のエピソードを持つワイン
  • おまとめ注文
  • ラッピング
  • お客様の声
  • 愛のワイン物語