ワインにぴったり!おうちで簡単おつまみレシピ【トマト編】 シエル・エ・ヴァン

[ 豊富なラッピングサービス ]  [ 税込12,000円以上で送料無料 ]

ワインにぴったり!おうちで簡単おつまみレシピ【トマト編】 シエル・エ・ヴァン

カート マイページ

ワインにぴったり!おうちで簡単おつまみレシピ【トマト編】

酸味のきいたものから甘いものまで、味のバリエーションが幅広いトマトは色んなアレンジに使うことができ、ワインに合うレシピが豊富です。ホームパーティや一人でワインを飲むときに、ワインの美味しさを引き立ててくれるトマトを使った簡単おつまみレシピを紹介します。

カプレーゼ

カプレーゼはイタリアのカンパニア地方発祥のサラダです。今ではすっかり日本でもポピュラーになりましたよね。赤いトマト、白いモッツァレラチーズ、緑のバジルを使用したイタリア国旗のような彩りは見た目にも美しくホームパーティにピッタリのおつまみです。
材料さえ揃えば簡単に作れるので、急な来客時のおもてなしおつまみとしてもオススメです。

カプレーゼのレシピ

材料(2~3人分):
トマト2~3個・モッツァレラチーズ1個・スイートバジルの葉1枝分・塩(出来れば天然塩・岩塩等)小さじ1・(黒)コショウパラパラ振る程度・オリーブオイル大さじ2

作り方

  1. トマトはモッツァレラと同じ位か、やや大きめのサイズのものを選びます。切るのは大変ですが、完熟のトマトは赤色が綺麗で味も濃く、また美肌の素リコピンも豊富とされているのでオススメです。
  2. トマトは水洗いしたあとヘタを除き、縦に5~7mm幅でスライスします。端の小さい片は他の料理に使うなどして、なるべく中心辺りを使うと大きさも揃いやすく出来上がりの見栄えも良くなります。
  3. モッツァレラはトマトよりやや薄め、4~5mm幅にスライスします。トマトが小さければ断面が小さくなるように、大きければ断面が大きくなる向きでカットします。
  4. バジルの葉は、枝から1枚ずつ外して使います。トマト、モッツァレラ、バジルを交互に並べます。3色が見えるように具材の大きさを合わせて重ねると、彩が良くなり綺麗に見えると思います。
  5. 塩(出来れば天然塩・岩塩等)と黒コショウを振り掛け、最後にオリーブオイルを回し掛けます。

出典元:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1530002857/

レモンマリネ

暑い季節には欠かせないさっぱりした食べ心地のマリネ。さまざまなマリネがありますが、レモンとトマトのみを使用したすっきり爽やかなシンプルマリネとキンキンに冷やした白ワインのマリアージュは絶品です。

レモンマリネのレシピ

材料(3~4人分):
ミニトマト(ミディトマトや普通のトマトでも)1パック(今回は180g程でした)・砂糖大さじ3・ポッカレモン100(レモン汁)小さじ1・輪切りレモン(お好みで)適量

作り方

  1. トマトのへたを取り、トマトノおしりの部分に軽く十字に切れ目を入れます。
  2. 沸騰したお湯にトマトを5~10秒ほどつけ、すぐに冷水に取り、皮をむきます。
  3. 砂糖、レモン汁と湯剥きトマトを和え、タッパーなどに入れて、1日ぐらい冷蔵庫で冷やします。
  4. 3.で輪切りのレモンを一緒に漬けても美味しく仕上がります。

出典元:http://cookpad.com/recipe/1754815

カナッペ

パーティ料理や軽食として人気の高いカナッペは、薄切りにしたバゲットやクラッカーにチーズやパテ、魚介類や野菜など好みの食材を乗せるだけの簡単料理です。ワインに合うトマトをふんだんに使ったカナッペレシピを紹介します。

トマトとアボカドのカナッペ

材料(1人分):
バゲット1.5cm厚さ1枚・トマト1/8個・アボカド1/8個・オリーブオイル小さじ1/3・岩塩・粗挽きこしょう少々

作り方

  1. アボカドはボールなどに入れてフォークで潰します。
  2. 1.にオリーブオイル・5mm角に切ったトマト・岩塩・粗挽きこしょうを加えて混ぜます。
  3. バゲットにのせて出来上がりです。

出典元:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1120006131/

トマトと生ハムのカナッペ

材料(1ヶ人分):
トマト一口大・生ハム1枚・クリームチーズ小さじ1・ブラックペッパー少々・クラッカー1枚

作り方

  1. クラッカーにクリームチーズ→ブラックペッパー(お好みでどうぞ)→生ハム→トマトをのせる。

出典元:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1170008810/

トマトとローストビーフのカナッペ

材料:
トマト・ローストビーフ・マヨネーズ・バルサミコ酢・バゲットまたはクラッカー各適量

作り方

  1. バゲットまたはクラッカーにマヨネーズを塗る。
  2. 1.にローストビーフとトマトをのせ、バルサミコ酢を少量かける。

この他にもトマトとタコのマリネや、トマトとアンチョビの組み合わせもオススメです。注意したいのがトマトの水分です。クラッカーやバゲットに水分が染み込んでしまうと食感を損ねてしまうので、水分が気になる場合はトマトの種を取り除いてください。

ピンチョス

スペイン北東部が発祥であるピンチョスは、バルブームで全国的にその名を知らしめ今やスペイン料理という枠を飛び越え、いろんなお店で出されるメニューとなりました。カナッペが直接手で食べるフィンガーフードであるのに対して、ピンチョスは楊枝やピックなどに食材が刺さっているので手を汚さずに食べることができ、ワイン片手に手軽に食べることが出来るおつまみです。

ミニトマトとオリーブのピンチョス

材料:
ミニトマト2個・アンチョビフィレ2枚・オリーブ4個・楊枝4本

作り方

  1. ミニトマトとアンチョビを半分に切ります。
  2. ミニトマトの上にアンチョビ、オリーブを乗せ、楊枝を挿して、出来上がりです。

出典元:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1730008719/

ピンチョスを作るときは、楊枝に刺しやすく一口で食べられるミニトマトがオススメです。
この他に、ミニトマト×きゅうりといった野菜の組み合わせにお好みで数種類のディップを添えるサラダ感覚のピンチョスや、ライ麦パン×玉子サラダ×トマト、プチパン×ハンバーグ×チーズ×トマト×レタスといったサンドイッチやハンバーガー風ピンチョス、トマトに合う海老やホタテ、タコなどの魚介類にマリネ液やバジルソースなどをトッピングしたピンチョスなど、トマトを使ったバリエーション豊かなピンチョスを簡単に作ることができます。

まとめ

トマトはさまざまな食材と合わせやすく、どのワインとも相性抜群でおつまみにぴったりの食材です。
今回は簡単に作れる上にワインの美味しさをさらに引き上げてくれ、ホームパーティなどで出すと喜ばれる見た目にも美味しそうなおつまみを紹介しました。トマトとワインのマリアージュ、ぜひ味わってみてください。

  • 名入れオリジナルラベルワイン
  • 生まれ年 記念日のヴィンテージワイン
  • ラッピング
  • ハートラベルワイン
  • おまとめ注文
  • お客様の声
  • 愛のワイン物語