今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

  • ワインのアロマ

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回はワインのアロマについて勝手に語ります。

     

     

    ワインのティスティング用語ですが、簡単にいえば香りを表す表現のことを「アロマ」といいます。
    しかも、3つに分類されていて、「第1アロマ」「第2アロマ」「第3アロマ」になっています。初めて聞く人には謎でしかない言葉でしょうから、少し勝手に説明してみます。

     

    第1アロマ

     

    ブドウの品種に由来する香りのことです。
    つまりブドウそのものの香りともいえます。従って、ワインの生産工程の違いや保管方法の違いは関係なく、植物としてのブドウの個性による香りになります。
    ブドウの果皮や果汁に含まれる香りなので、白ワイン用と赤ワイン用のブドウでは、その違いは明確といえるでしょう。また、成熟度合いによって香りも変わります。
    種子や梗も関係してきます。

     

    第2アロマ

     

    今度は生産工程に関係して、発酵工程によって生成された香りのことになります。
    ワイン生産では、収穫後にそのまま発酵をさせるのが普通です。水を加えたりしません。そのときに、発酵によって酵母や乳酸菌が醸し出す香りが生じます。
    そのため、瓶内熟成することによって、年数の経過とともに香りは消える傾向にあります。その期間が約2年といわれます。

     

    第3アロマ

     

    第3アロマは、第1と第2に比べて分かりにくいかもしれません。
    端的にはワインが熟成することによって生まれる香りのことですが、別名「ブーケ」とも呼ばれることもあります。
    ただワインの熟成については、瓶に詰める前後に分けることができます。ワイン樽で熟成なのか、瓶詰め後に熟成かの2つの分類です。
    さらに瓶詰め前は、樽なのかステンレスタンクかにも分けられます。
    樽の場合は、オーク材が主原料なので、独自の成分がワインに溶け込むことで、複雑なものになっていきます。これこそが第3アロマの代表格です。
    瓶詰め後の熟成は、保管状況などの外的影響が多くあります。古いヴィンテージワインでは熟成による独特の香りがある場合がありますが、この複雑なアロマも第3アロマのもうひとつの代表格です。

     

    一般の人にとっては、ワインの特徴を香りから表現するのは難しいかもしれません。ましてそれを三種類のアロマに分けて体系的に紐解いていくのは至難の技かもしれません。
    それでも、こんな知識を持っているだけでもワイン通になった気分になれます。

     

  • ジュヴレ・シャンベルタン / アルロー・ペール・エ・フィス 2012年

    言うまでもなく、ブルゴーニュはコート・ド・ニュイの新鋭としてドメーヌ・アルローは輝いています。

    既にドメーヌ・アルローのワインは割り当て品になるほどの人気で、特に、土地の個性が表現されており、尚且つ価格的に高過ぎることはない(とは言え1万円オーバーと十分高いが・・・) “村名~1級畑”は我々ワイン流通に携わる立場においても入手が難しいほど常に品薄です。

    特級畑はさすがに高過ぎるし、逆にブルゴーニュ広域だと安価だが真の実力は望むべくもなく、やはりプレミアム・スタンダードといえる村名~1級畑、中でも特に村名ワインは超入手困難となっています。

    そんな貴重なドメーヌ・アルローの村名ワイン、ジュヴレ・シャンベルタンの最新ヴィンテージ2012年ものを1ケース入荷しました。

    忘年会やクリスマスシーズンが近いということで、ちょっと贅沢な泡ものを幾分か調達しようと、私が大好きなシャンパーニュ 「エグリ・ウーリエ」の正規輸入業者へ連絡したところ(この輸入業者はアルローの正規インポーターでもある)、「ちなみにアルローって在庫有りますか?」と尋ねると、「いやぁ~~、村名は完売したはず~~」といいながらパソコンにて在庫チェックをいただくと、「あっありますわ!ジュヴェシャンが12本!!」と。。

    クロスカウンターのごとく12本オーダーし、入手に至ったわけです。
    (エグリ・ウーリエも上級キュヴェのブラン・ド・ノワールを6本入手・・・忘年会&クリスマスが楽しみ!)

    ただ2012年ということで、真の飲み頃からは大きくかけ離れているわけで、本来は少なくとも後2~3年は寝かせるべきなのですが、このような偉大なブルゴーニュが自宅のマイセラーに眠っているとなると自制心が効かず、1本だけということで先日空けてしまいました。確実にまだ未成年状態です。。

    とはいえ、アルローのワインは長熟するわりには比較的若いうちから柔らかく、モダンというわけではないがそれなりに外交的で、若い内はガチガチに硬いというスタイルではありません。

    デカンタを施しワインの開花を促して、いざテイスティング。

    若いピノ・ノワールらしく、イチゴやチェリーなど赤系果実のピュアな香りと味わい、クオリティーの高さを伺わせる酒質、エレガントながら骨格と奥行きもしっかり感じさせ、まだピチピチ弾けるような酸味と、早くも丸さを感じるタンニン。

    美味い!!

    勿体ないですが、この分じゃ後数本は、ここ半年以内(飲み頃の随分手前)に開けてしまいそうな予感がしますね。

  • オークセイ・デュレス / クロ・デュ・ムーラン・オー・モワーヌ 2011年

    先日に引き続き、最近お気に入りのドメーヌ、「クロ・デュ・ムーラン・オー・モワーヌ」のピノ・ノワール テイスティングです。

    まぁ、寄稿は同じ生産者が続きますが、実際にはほぼ毎日ワインを飲んでおりますが・・・毎日テイスティング記事をアップするほどマメではありませんので。。

    さて、前回は同ドメーヌのトップ・キュヴェだったわけですが、今回は中級キュヴェのオークセイ・デュレス村名です。ただ、村名ワインとはいってもヴィエイユ・ヴィーニュであり、古木から造られる見事な古典、また畑はモノポールものということで、単なる村名以上に気持ちは高ぶります。

    同じ生産者の同じセパージュ、同じ地区ということもあり、私レベルの味覚では前回のトップキュヴェとの差はさほど感じません。(ってか完全なブラインドだと絶対にわからないと思うし、殆どのソムリエもわからんだろうなぁ~~)

    しかしながら、こういうことをいいだすと否定されるかも知れませんが、ワインを愉しむ要素の一つに間違いなく知識が含まれます。

    そう、ワインについて何の知識もない人が、本当の意味でワインを堪能することは難しいと思うんですね。
    そのワインがどこの畑で造られたのか、どんな生産者がどのような志で?どんな栽培方法、醸造方法、熟成期間は?フレンチオーク樽使用ですか?SO2含有量はどれくらい?等々、こういった素性を理解した上でワインを愉しむ方が、まったく何も知らずにただただ自らの味覚のみを頼りに嗜むより明らかにワインを愉しめます。

    これは別にワインに限ったことではないと思うんですね。
    お料理だったら、例えばその食材の素性、「ヨーロッパにしか生息しない貴重な野生の鳥を空輸し今朝入荷したものです。」とか、「隠し味に南米産の大変珍しいスパイスを使っている。このニュアンスはこれでしか味わえません。」とか、そういったことを知ったうえで料理をいただくのと、何も伝えられずにいただくのとでは心の振れ幅が違うはずですよね。
    違いなんてないという方が逆に感性に乏しいというか、寂しいですよね。だって知性をもった人間なのだから。。

    ってことで、やはり前回のポマール・プリミエよりは深遠さ何かが落ちるのかなって感じがしましたが(抽象的ですみません)、それでもそれはトップキュヴェとの相対的な評価であり、絶対評価としては「リピート決定!」との結論ということで素晴らしいピノ・ノワールに間違いありません。

    例のごとく、ピチピチしたラズベリーの芳香、赤系果実の甘い香りも格別です。こだわりたい酸も良好良好。ブルゴーニュ産らしいキュッと引き締まった酸で大好きです。

    酸やタンニンは引き締まってはいますが、飲み味は意外と立体的でマイルド。
    う~~ん、やっぱりオー・モワーヌさんのワインは美味いなと納得の1本でした。

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ