今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

  • エルミタージュ (Hermitage)

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回はエルミタージュについて勝手に語ります。

     

     

    エルミタージュ(Hermitage)というと、どうしてもロシアのサンクトペテルブルクにある国立美術館を思い浮かべてしまいます。
    しかし、エルミタージュとは本来、フランス語で「隠れ家」を意味します。
    これが地名に使われているのは、フランス南東部オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏ドローム県のコミューンにあり、クローズ=エルミタージュ(Crozes-Hermitage)といいます。
    この地域こそ、ローヌワインの発祥地であるタン=レルミタージュのすぐ北にあり、ローヌ地方のAOC認証のワインを生み出しているのです。

     

    AOCのブドウは、クローズ=エルミタージュだけでなく、タン=レルミタージュ (Tain-l’Hermitage)、ラルナージュの3つの自治体で生産されています。
    共通点は急斜面の畑が多いことです。
    タン=レルミタージュは、ローヌワインの生産・流通の中心地になっていて、世界最高級品質と言われるヴァローナ社もあります。

     

    ローヌワインは歴史も古く、フランスでは最古といわれ、紀元前600年頃にはブドウ栽培が行われていたともされています。
    しかし、現在では、ボルドーやブルゴーニュの圧倒的な知名度からはかけ離れてしまい、特に日本人にはあまり馴染みのないワインになっているかもしれません。
    しかも、ラングドック=ルシヨンやプロヴァンスのワインと一緒にして「南仏ワイン」と一括りにされたりもしています。

     

    ローヌワインのブドウ生産地域を全体で見ると、気候的には北と南では異なります。
    北は大陸性気候、南は海洋性気候になり、さらにいえば土壌も北が花崗岩質に対して、南は砂利の混じったものになります。
    北部で生産される赤ワインは極めて特徴があり、その中でシラー種による赤ワインは、チョコレートが焦げたような香りがすることで知られています。。白ワインはヴィオニエという品種の強い香り辛口が作られています。
    南部はブドウ品種が多彩になっていて、地区によって違うこともあります。

     

    このローヌワインの中のエルミタージュだけに絞ると、ブドウの栽培面積はかなり狭く、合計でも150ヘクタール程度しかありません。さらにいえば、輸出用ワインは少なく、地元での消費用がほとんどです。従って、エルミタージュのワインを堪能したかったら、直接行くしかないかもしれません。

     

  • ACリラック

    今日始めて、じっくりACリラックのワインを飲んだ。

     

    小売価格で2千円代である。

     

     

    はっきりいってローヌは難しいワインだと思う。

    とにかく独特。。

     

    う~~ん、本日のリラック...価格を超えた旨さがあるが、やっぱり私個人の意見としてはローヌは難しい。

     

  • ヴァレ・デュ・ローヌ

    ヴァレ・デュ・ローヌは広大な地域である。

     

     

    このブドウ畑はリヨンの南から30km弱の距離にあるコート・ロティの険しい斜面に始まり、高原、平野と続き数百キロ下流のアヴィニョン辺りに達する。

    この地域は、ヴィエンヌからヴァランスに至る北部と、ボレーヌからアヴィニョンまでの南部との2つにはっきりと分けられる。

     

     

    まず北部では単一ブドウからワインが造られるが(赤ワインはシラー、白ワインはヴィオニエかマルサンヌ)、南部ではグルナッシュを主流に数種のブドウを上手く組み合わせて造られる。

    一言でローヌ・ワインといっても、北部と南部では大きな違いがある。

     

     

    北部は地理的に非常に範囲の限定されたクリュ(コルナスの並外れた段丘やエルミタージュの丘など)が固まった地方であるのに対し、南部はコート・デュ・ローヌにおける素朴で安価なワインの大量供給地である。南部のワインは都市のビストロに溢れているが、コート・デュ・ローヌのイメージアップの役割は果たしていない。

     

     

    南部には、シャトー・ヌフ・デュ・パプ、ジゴンダス、ヴァケラス、タヴェル、リラックといったクリュがあるが、それらには北部の同等のクリュに備わった”密度”や”均質性”といったものが欠けている。だからといってこのことが南部では優れたワインが生まれないということを示すものではない。

    しかし優れた品を見つけるためには、愛好家側の熱心な研究が必要だ

     それくらい南部では品質にバラツキがある。

     

    北部のワインの方が当たり外れは少ない。しかし生産量が少なく、値段も高い

    特に最近のローヌ北部のワインは高値で取引されるようになって、、、困ったものだ。。

     

     

    このようにローヌ・ワインは北部と南部に区別はされるが「やっぱり旨い!」、「見事なグラン・ヴァン!」という言葉によって一つにまとめることができる。

     

    健全で色が濃く、豊かで鮮やかな果実の風味を備えた赤、たっぷりとしたコクがありアロマに富む白。

     この表現がヴァレ・デュ・ローヌの優良ワインの理想像だ。

     

    私のお気に入りは、

    北部:ポール・ジャブレ・エネ

    南部:シャトー・ド・ボーカステル

    信じられない品質の高さに、誰もが感動するだろう。

     

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ