今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

  • ナポレオン3世が制定したワインランク

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回はナポレオン3世が制定したワインランクについて勝手に語ります。

     

     

    フランスのボルドーといえば5大シャトーが有名ですが、その中の4つについては、パリの万博博覧会で決定しています。1855年でした。
    実は、この決定に関係していたのがナポレオン3世だったのです。
    では、5大シャトーになったのはいつかというと、かなりの時間をおいて1973年でした。つまりナポレオン3世の格付けから100年以上経過して、ようやく現在の5大シャトーになったのです。

     

    ボルドーワインを探す

     

    ナポレオン3世(Napoléon III)は、本名はシャルル・ルイ=ナポレオン・ボナパルト(Charles Louis-Napoléon Bonaparte)で、ナポレオン・ボナパルトの甥にあたります。
    ナポレオン失脚により国を追われ、亡命生活から人生はスタートをしたともいえます。育ったのはスイスやバイエルンでした。
    フランスへの帰国を果たせたのは、1848年2月の革命により7月王政が崩壊したことによります。
    憲法制定議会議員補欠選挙で当選し、続いて12月の大統領選挙にも出馬しました。その結果、74%の得票率を得て当選を果たしました。
    これは「ナポレオン」という名が抜群の知名度があった点、豊富な資金力なども背景にあったようです。

     

    しかし大統領といえども、この時代、第二共和政では権力は決して集中しているわけでありませんでした。
    国民議会を牛耳っていた共和派により、大統領の力は削がれていたのです。
    ナポレオン3世はむしろ外交的な面で権力を肥大化させていったともいえます。
    その具体的な外交手法については、伯父であるナポレオン・ボナパルトを否定するウィーン体制について改定し、各国の自由主義・ナショナリズム運動を擁護するとともに、植民地の拡大が基本方針でした。
    クリミア戦争、イタリア統一戦争などに関係し、その影響力を内外に及ぼすことに成功しつつ、フランスの植民地を広げていきました。その結果、フランス植民地帝国は領土を3倍に拡張させることにもなりました。

     

    順調に権力を強めていったナポレオン3世もメキシコ出兵の失敗、普仏戦争の敗北により、イギリスへ亡命しました。そのまま1873年に亡命先で死去しました。

     

    ところでボルドーのシャトーですが、ナポレオン3世時代のパリ万博の格付けで、第1級の中のトップも定められていました。シャトー・ラフィット・ロートシルトです。
    王侯貴族にも話題になるほどの名声を得ていて、リシュリュー元帥からは「王のワイン」という称号が授けられたほどでした。
    ただし現在までシャトー・ラフィットがそのまま続いているわけではありません。所有者が何度か変わっているのです。後継者に恵まれなかったともいわれます。最終的には、19世紀にロートシルト家が購入し、現在でも称賛されるワイン生産を続けています。

     

  • 2007年ヴィンテージワイン

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回は2007年のフランスワインについて勝手に語ります。

     

     

    ワインのブログらしく、ヴィンテージワインの特定の年について、それなりのことを書こうと思います。
    プレゼントする相手の誕生年だったり、会社の創立年だったりする場合、自ずとヴィンテージワインの選択肢は限られます。それでもその年が、どのような出来栄えだったかは少しは気になることでしょう。
    特にその年の気候状況によってブドウの生育が大きく左右され、最終的にワインの評価にも影響します。
    ただ、各年を細かく調べるのは大変なので、気が向いたときだけこのブログに掲載しようと思っています。

     

    そこで、最初に取り上げるのが2007年です。
    平成から令和になりましたが、2007年は平成19年です。
    この年にスティーブ・ジョブズが初代iPhoneを発表した年なので、この年を意味もなく選びました。
    では、本題です。フランスワインの2007年ヴィンテージは全体的に良好な評価を得ているようです。
    しかし、気候的には決してブドウ栽培に最適とはいえませんでした。特にシャンパーニュでは5月に雹の被害があり、夏まで雨の多い年だったこともあり、ブドウに病気が発生したといいます。
    気候が回復したのは8月くらいで、その後は良い条件でしたが、雨と病気の影響を完全に払拭することはできませんでした。

     

    ブルゴーニュも春から夏にかけて気候は不安定だったこともあり、ブドウにとっては日射量が少なめでした。
    湿度も高かったことで、カビの問題もありました。
    それでも2007年のヴィンテージワインとしては、まずますの出来栄えともいわれ、決して損はないといわれます。

     

    ブルゴーニュワインを探す

     

    ボルドーでも雨の影響はありました。
    ここでも湿度が悪影響を与え、病気も一部で発生したようです。
    ただし、天候が回復してから収穫を遅らせるなどで、良質なワインとなったともいわれます。

     

    ボルドーワインを探す

     

    改めて2007年を振り返ると、個人的にはブルガリアとルーマニアがEU加盟国になったことが思い出深い気がします。
    ウィーンで東欧の人々との交流が多かったこともあり、感慨深いものがありました。
    フランスワインを語りながら、実はドイツ語圏やハプスブルク家と関係のあった国々、スラブ系の国々に関心が高いことも影響します。

     

     

    機会があれば、別の年も調べましょう。

     

  • パウルスの領地

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回はポーイヤックについて勝手に語ります。

     

     

    ラテン語の「Paulus actium」に由来するポーイヤック(Pauillac)は、、ボルドーワインの中でも特に優れたワイン産地であることで知られています。「Paulus actium」の意味は「パウルスの領地」です。
    ボルドーから北に約50kmの位置にあり、ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏ジロンド県のコミューンです。
    コミューンというと分かりにくいですが、日本では市町村に相当するもので、規模からすればポーイヤック村というのが良いかもしれません。
    フランスは基礎自治体のことを市も町も村もすべてコミューン(commune)といい、日本語に翻訳する際に、規模に合わせたり、その自治体のイメージから使い分けているのが普通です。したがってマルセイユは「マルセイユ市」と訳し、ポーイヤックはやはりポーイヤック村になるでしょう。

     

    このポーイヤックはヌーヴェル=アキテーヌ地域圏ジロンド県で、メドック地区になります。
    ジロンド川の左岸に位置し、ブドウ畑の広さは1,200haあります。ここに有名なシャトーが点在しています。
    このジロンド川は、ガロンヌ川とドルドーニュ川が合流したもので、全長は65kmあります。ビスケー湾に注ぐ川ですが、一般的にイメージする「川」とは違い、川幅と水深は「川」というより「湾」と表現しても良さそうな規模です。具体的な数値でいうと、川幅は短いところでも3kmあり、長い場所では11kmにも及びます。大型船が航行できるので、水深はかなり深いので、「三角江」というのが正確なようです。
    ボルドーワインを語る上では外せない川、いや、三角江です。
    さて、ポーイヤックの名のAOC認証ですが、実は単独のコミューンだけではなく、隣接するシサック、サンソヴ―ル、サンテステーフ、ジュリアンまで含まれます。いずれもコミューンを日本語に訳す場合は「村」が適当と思われます。

     

    三角江の岸には砂利が積もり、その上にブドウ畑が広がっています。かすかな起伏のある平野にあるブドウ畑で、土壌は小粒の砂利が多いせいか、海洋性気候による降雨があっても水はけが良いといわれます。
    ブドウ品種はカベルネソーヴィニヨンが主体になっています。

     

    ボルドーワインを探す

     

    そんなブドウ畑の広がる光景の一方で、ポーイヤック港には石油ターミナルがあります。
    人口はわずかに5,200人程度ですが、ドイツのプラッハ・イム・イーザルタール(Pullach im Isartal)と姉妹都市になっていて、学生やスポーツ選手、それに高齢者も文字通りの交流があり、イベントもドイツ・フランス友好祭が毎回開催されています。

     

    パウルスの領地もワインだけでなく、様々な方面に情報を発信しているということです。

     

  • ボルドー・アキテーヌ公国の首府

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回はボルドーをアキテーヌ公国の首府として勝手に語ります。

     

     

    ボルドーワインといえば、誰もが知る、少なくとも耳にしたことがある、といわれるほどの有名なワインです。
    しかし地名としてのボルドーは、ワインの知名度と比例して有名というわけではありません。アキテーヌ公国の首府だったこともご存じない方が多いことでしょう。

     

    現在のボルドーはフランス南西部に位置するヌーヴェル=アキテーヌ地域圏の首府であり、ジロンド県の県庁所在地です。
    人口は約24万人で、 直線距離でパリから498kmに位置します。
    2007年には、市街区域の一部が世界遺産に登録されました。
    市内は欧州都市らしいトラムが走っていますが、意外にも歴史が浅く、開業は2003年です。

     

    ボルドーの町としての歴史を見ると、紀元前300年にまで遡ることができます。ガリア人による町で、当時は「ブルティガラ」でした。
    その後ローマ帝国の領土となり、その頃からワイン生産が盛んになりました。
    ローマ帝国崩壊後はゴート人の支配となり、ボルドーを含めたアキテーヌ地方は西ゴート王国の領土となりました。しかし6世紀初頭にはフランク王国の領土に変わりました。
    その後は欧州の歴史らしい激動が続きます。
    ウマイヤ朝の侵入によるイスラム軍の勝利、次にトゥール・ポワティエの戦いでカール・マルテルの勝利でイスラム勢力の一掃、ルートヴィヒ1世のアキテーヌ王国の誕生などと続きました。これは以前にも取り上げたことがあります。
    また、アキテーヌ公領がイングランド王の領有になり、イングランド王に対する反乱も起きました。
    イングランドとフランスとの戦いである百年戦争の影響も大きく受け、フランス革命ではジロンド派の本拠地にもなりました。
    ほんの一時期ですが、ボルドーにフランス政府が置かれたこともあります。普仏戦争のときですが、実は第一次世界大戦中にドイツ軍がパリ近郊まで迫ったときもそうでした。

     

    ワインで「ボルドー」を名乗れるのは、都市としてのボルドーだけでなく、ジロンド県全域にわたる地域になります。
    AOC認証も各地区ごとに数多く有り、さすがワインの代名詞的な地域だと頷けるほどです。

     

    ボルドーワインを探す

     

    ボルドーにはパリとを結ぶ鉄道もありますが、空港もあり、交通の便は良いといえます。
    空港はもちろん地方空港ではありますが、世界60都市を結ぶ路線があり、市街地からの距離も10kmです。

     

    ボルドーについて少しご紹介させて頂きました。他のワインブログでは、ここまで取り上げない範囲を考えました。

     

  • 世界で最も成功した黒ブドウ

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回はカベルネ・ソーヴィニヨンについて勝手に語ります。

     

     

    世界で最も成功した赤ワイン用の黒ブドウであり、世界で最も広く栽培されている品種のひとつであるのがカベルネ・ソーヴィニヨンです。
    ワイン産出国の主要な国では、ほぼ全てと言っていいくらい栽培されているかもしれません。
    したがって日常で気軽に飲むワインから、超高級なワインまで、カベルネ・ソーヴィニヨンから生産されるワインにはものすごい幅があります。
    しかし、この品種には欠点があり、冷涼な気候には向いていません。
    そのためワインベルトでも北に位置する地域、具体的にはドイツ以北のワイン生産地では、あまり見かけることがありません。もちろん皆無ではありません。カナダのオカナガン・ヴァレーのような冷涼地でも栽培されているからです。

     

    ただカベルネ・ソーヴィニヨンといえば、フランスのボルドーを連想する人も多いことでしょう。
    ボルドーは標高も低く、海岸線に近いため海洋性気候になっています。土壌は砂利質でも問題のない品種のため、この気候・風土はカベルネ・ソーヴィニヨンが「個性」を出せる場所といえるのかもしれません。
    もちろんボルドーといえば、ブレンドですから、メルローやカベルネ・フランとブレンドされることが多いのが特徴です。
    ボルドーではフランスのAOC認証(参照:アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ)もされていますが、法定栽培品種の規定によって、他の地域では認証されていません。

     

    世界のワイン産業では、カベルネ・ソーヴィニヨンは重要な品種になっていますが、ワインの歴史が太古より始まっているのに対し、実は歴史が浅いともいえます。
    誕生したのは17世紀といわれています。
    カベルネ・フランとソーヴィニヨン・ブランが自然交配して生まれたようです。もちろん場所はフランスでした。

     

    なぜ世界中に広まったかといえば、やはり栽培する上での利便性が大きかったといえます。
    特に病害や害虫に対する抵抗性が強いのは利点が大きく、それに加えて、ワインになった際に、個性が現れやすいという味の部分も影響したようです。
    そのため世界のあらゆる地域に広がり、それにともなって知名度も上がり、販売側にも集客しやすいブランド的な品種になりました。
    無名産地でもカベルネ・ソーヴィニヨンのワインと言うだけで販売しやすいというのは、絶大な効果を生み出したといえるでしょう。
    しかしその代償として、固有の土着品種によるワインが減少し、カベルネ・ソーヴィニヨンが中心の品種になってしまった地域もあります。まるで幕末の日本に黒船が現れて以降、一気に西洋化が進んだように、価値観の大転換のようなワインになってしまったのは、はたして良いことなのかどうか? わかりません。

     

    カベルネ・ソーヴィニヨンについては、まだまだ語る気になればいくらでも語れますが、とりあえず今日はここまで。

     

  • ボルドーとブルゴーニュ(食事に招かれた場面のプレゼント編) 

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    ボルドーとブルゴーニュの違いについてですが、今回は食事に招かれた場面のプレゼント編です。

     

     

    食事に招かれたので、手土産としてプレゼント用のワインを用意するとします。
    この場合、相手からリクエストがあれば、それに応じたワインを用意するだけですみます。しかし、あくまで気を利かせてワインを持って行くとなると、最初に考えるのは、どんな食事内容かということでしょう。肉か魚か、和食か、フレンチか、イタリアンか等々。

     

    もし料理の内容がわからなかったとしたら、ボルドー、ブルゴーニュ、どちらを選択すれば良いでしょうか?

     

    一般にボルドーのワインは香りが繊細、ブルゴーニュは香りが華やか、といわれます。この側面を捉えれば、ボルドーは女性的、ブルゴーニュは男性的といえます。食事に招いてくれた人の性別で判断することもできそうな気がします。
    しかし、別の見方でいえば、ボルドーはタンニンが強い傾向にあるため男性的なイメージ、ブルゴーニュは淡い色をしているので女性的というイメージもあります。

     

    要するに判断できない、ということになります。

    そこで結論、食事内容にあわせられない、性別にあわせられない、ということであれば、以下の選択肢が良いでしょう。

     

    もし、招待してくれた人がワインに詳しいなら、話のネタにもなるので、高価でもヴィンテージ・ワインを、詳しくないなら、質より量で、タイプの異なるものを複数プレゼント。

    細かいことは考えず、ボルドーでもブルゴーニュでも良いのです。食事に招いてくれた人へのお礼、気持ちなのですから。

  • ボルドーとブルゴーニュの違い

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    本日はボルドーとブルゴーニュの違いについてです。

     

    どちらもフランスワインの代表産地で、ワインに詳しくない人でも「ボルドーとブルゴーニュ」を聞いたことがあるという人も多いことでしょう。

     

    違いを説明しましょう。

     

    まず、場所が違います。
    何を当たり前なことを、とお怒りになるかもしれませんが、日本人はフランスだけでなく欧州の具体的な地域について、よく知らないのではないかと思います。

    ボルドーはフランス南西部の大西洋の近くに位置し、パリからは直線距離で498kmです。ワインはジロンド県全域にわたる地域が「ボルドー」を名乗っています。
    ブルゴーニュは広大な地域を指し、コート・ドール県のコート・ド・ニュイ、オート・コート・ド・ニュイ、コート・ド・ボーヌ、オート・コート・ド・ボーヌ、ソーヌ=エ=ロワール県のコート・シャロネーズ、マコネー、ローヌ県のボジョレー、さらにその遥か西方に位置するヨンヌ県のシャブリの8つの地区のワインになります。

     

    「ボルドーはワインの女王、ブルゴーニュはワインの王様」

     

    フランスワインで双璧をなすともいえます。
    歴史的にはボルドーは長い期間、イギリス領でした。そのため、フランス王室に知られていたのは、ボルゴーニュで、その当時から「ワインの王様」といわれていました。
    ボルドーは、いわばフランス領になってからボルドーの言葉にかけて、「ワインの女王」になったともいわれます。

     

     

    では、肝心な味の違いは? 特徴は? ぶどうの品種は?

     

    勉強しましたので、このブログでおいおい語っていきましょう。

     

  • シャトー・クレール・ミロン 2011 テイスティング

    ボルドーワイン愛好家にとって5代シャトーという響きは、すでに神格化されるほどの存在にまで昇華しておりますが、中でもムートン・ロートシルトは奇跡を体現したワインとして、日本人にとっては特に注目されるワインではないでしょうか。

    1973年、不動のメドック格付け第2級から、最高格付け1級に昇格を果たした唯一のワインなのです。

    このムートン・ロートシルトのオーナー会社、「バロンヌ・フィリップ・ロートシルトGFA社」が所有する、同じメドック格付けの第5級にクレール・ミロンがあります。

    昨夜はこのクレーム・ミロンを愉しみました。

    さて、GFA社が所有するメドック格付けワインは、ムートン、クレール・ミロンの他に、第5級のダルマイヤックもありますが、品質において一般的に評価される序列は、

    1. シャトー・ムートン・ロートシルト
    2. シャトー・クレーム・ミロン(ダルマイヤックと僅差)
    3. シャトー・ダルマイヤック(クレール・ミロンと僅差)

    という感じですかね。

    まぁ、ムートンの2000年以降のヴィンテージとなると、私のようなワイン流通業者に身を置く者でも、1本5万円オーバーの出費を要するわけで、何か特別なイベントでもない限り、家のみワインにオンリストするわけにはいきません。

    ってことで昨夜はクレール・ミロンをチョイスしましたが、このクレール・ミロンは、ムートン・ロートシルトの畑と、同じく第1級のラフィット・ロートシルトの間に挟まれた絶好のロケーションに位置し、そのスタイルもムートンを踏襲したものです。

    特に、上記3つのワインの中では最も外交的なワインといわれ、比較的若いうちからそのポテンシャルを堪能できる親しみやすいワインだといわれています・・・が、さて、この2011年は・・・

    豊かでコクがあり、おそらくこのニュアンスはメルロの特徴が際立っているような気がします。
    古木から古典式で造られるメドック格付けは、力強くはあっても他の産地、特に新世界で造られる同セパージュと比べれば、相対的にスタイリッシュで、いや、エレガントともいえるほど上品で、涼しげな清涼感を明確に感じるもので、あえて誤解を受ける表現をすると、良い意味で「薄い」のですが、このワインは新世界に匹敵するレベルのいわゆる「濃い」ワインですね。

    もちろん、メドックのテロワールの特徴であるメントールの香り、最上のフィネスも兼ね備えてはいるので、新世界で造られるワインのような飲み疲れが酷いということはありません。

    黒みがかった中にも深みのある美しい赤色が目立つ色調、フルーティーな果実香、特にプラムを強く感じますが、この果実香の中にインパクトのあるスパイスも感じられます。
    ベリー系、カシス系の果実味をしっかり感じる味わいで、タンニンや酸味はほどよいレベル。舌触りは丸く太く、とにかくリッチです。

    ワイン自体は非常にレベルが高く素晴らしかったのですが、それに合わせたお料理(つまみ)が、醤油だし系だったので、マリアージュ的に失敗し、昨夜のお家ワインは素敵な時間とは総括できませんでした。

    素晴らしいワインに対し申し訳ないことをしました。
    以後、気を付けます。

  • シャトー・パルメ 2007 テイスティング

    毎週3~4本はワインを飲む(グラス・テイスティングではなくボトル・テイスティングが大切!)というのが私のライフスタイルとなっていますが、先日はマルゴーの第3級格付け「シャトー・パルメ 2007」をいただきました。

    例のごとく、ワインに合わせるお料理は、お料理といえるレベルの内容ではなく、いわゆるコンビニマリアージュ。
    食パン一枚、チーズ少々、生ハム、シーチキン、オリーブ・・・、まぁ、家飲みのときは殆どこんな感じですが、実は好んでこのような食事メニューにしています。あくまでもメインはワイン(私の場合はね・・・これで生活しているわけですから。。)、下手に食事を豪華にするとワインに真剣に向き合えなくなるので食事は質素に、精神をワインに集中するよう心掛けています。

    さて、パルメのワインデータをサクッと羅列しますと、
    アペラシオン:MARGAUX
    格付け:メドック第3級
    セパージュ:カベルネ・ソーヴィニヨン50%弱、メルロ50%弱、プティ・ヴェルド残数%(収穫年により異なる。)
    当ワインの収穫年:2007年

    まぁ、第3級ではありますが、今更パルメを3級と評価しているワイン関係者及び愛好家はいないわけでして、極めて第1級に迫るポテンシャルを持つ、いわゆる高級ワインの代名詞となっている1本です。(事実、パーカー格付けでは1級ですからね。)

    この収穫年07年は余り出来の良い年ではなく、原料のブドウに偉大さはないはずです。
    しかしながら、それはパルメというグランヴァンの、優れたヴィンテージ物との相対的なお話であるわけで、弱いヴィンテージではあってもクリュの持つ畑の秀逸さや栽培技術~醸造技術、優れた設備等、「絶対値は非常に高い品質」です。そこいらの「まぁまぁ高品質なワイン」を造る生産者の、秀逸なヴィンテージのワインなんかよりも圧倒的に美味いわけです。

    そもそもパルメ・クラスのグッドヴィンテージとなると、真の飲み頃まで最低20年は熟成期間が必要なわけで(保管が完璧ならプラス10年)、今(2014年)飲む分にはかえって近づきやすく良好なはず。

    香りは、、やはり思ったとおり、ヴィンテージの弱さ感は皆無で、ブラックカラントに熟したイチジクなど黒果実の魅力的なノーズ、モカやエスプレッソ、天草、キャンディ、ヴァニラ。目の詰まったような力強いタンニンを感じるテクスチャーは、このワインを非常にスタイリッシュでフィネスに富むワインに感じさせます。(これは私好み。)
    この素敵なタンニンはまさにマルゴーの真骨頂、本当にウットリします。
    フィニッシュも長く、ドライなニュアンスを鼻腔に感じながら・・・そう、ローストしたハーブのタッチ、清涼感が最高でした。

  • ボルドー赤の主役はやはりCS。収穫まであと少し。。

    ボルドー地方において、2010年の収穫が解禁された様です。

    ボルドーの赤といえば、カベルネ・ソーヴィニヨン種とメルロ種が二大主要品種なわけですが、当然ながらより早熟なメルロが先行して収穫されます。

    ですので、メルロの主アぺラシオンとなるボルドー右岸のサン・テミリオンが先陣を切るのが通例ですが、今年も例にもれずサン・テミリオンから収穫がスタートしました。

     

    ———————————————————————————–

    ———————————————————————————–

     

    2005年以上に高値をつけそうな2009年の再来を期待とか書かれてますが・・・。
    あまりあおりまくって値段がつりあがらないことを切に切に願います。

     

    まぁ、世界的に人気のあるボルドーワインの殆どは、一部のポムロールを除くと左岸のメドック格付けに集中されるので、まだ収穫まで数週間あるカベルネ・ソーヴィニヨンの生育が焦点になりますが、結果は如何様になるのか??

     

    私的には、2007年くらいの出来がベストだと思っています。
    そう、特段偉大な出来っていうのは取引価格が吊り上がるだけで、そんなヴィンテージが連続して続くのも消費者としては決して喜ばしいことではないのです。
    メドック格付けのようなしっかりした技術があるのなら、スタンダード・ヴィンテージで十分なのです。

     

     

     

    ヴィンテージワイン専門店 – シエル エ ヴァンもよろしく☆

     

1 2 3 4

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ