今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

  • ブルゴーニュワイン発祥の修道院

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回はクリュニー修道院と修道院改革について勝手に語ります。

     

     

    ロマネ・コンティを生み出し、シャルドネの故郷でもあるブルゴーニュは「ワインの王」とも形容される地方です。
    このブルゴーニュワインの歴史はベネディクト派のクリュニー修道院から始まったといわれています。
    では、このクリュニー修道院とな一体、どんな修道院なのでしょうか?

     

    クリュニー修道院の正式名称はサン=ピエール・エ・サン=ポール・ド・クリュニー修道院で、フランス語では「Abbaye de Saint-Pierre et Saint-Paul de Cluny」になります。
    設立は909年9月11日といわれています。
    フランス革命で破壊されてしまうまで存続しました。

     

    クリュニー修道院は、中世に大きな役割を果たしました。
    それがクリュニー改革とよばれる修道会改革運動で、その中心になっていたからでした。
    修道院改革とは、10世紀から11世紀にかけておきたもので、旧来の修道院の腐敗状況を是正していく一連の動きです。当時、シモニア(聖職売買)などを行う修道院が多く、カトリックでありながら司祭が事実上の結婚したりするケースも多く、まさに腐敗状況にあったといわれています。

     

    この修道院改革運動は、11世紀初頭のロートリンゲンで広がりを見せましたが、この原点となる動きこそクリュニー修道院だったのです。
    クリュニー修道院は教皇以外の一切の権力の影響を受けない自由修道院でした。そのためカトリック教会最古の修道会である 聖ベネディクトゥスの会則・修道精神に厳格に従っていました。それが広く伝わり、大きな影響を与えたのです。
    皇帝ハインリヒ3世はクリュニー修道院の姿勢に共鳴し、シモニア(聖職売買)に反対的立場から批判を繰り返し、カトリック教会の改革を進めていくことにしたのです。
    ところが、この流れは後に世俗的な権力闘争の要素が加わり、修道院改革運動とは別のベクトルへ動くこともありました。

     

    皮肉なもので、修道院改革運動はクリュニー修道院の精神が影響を与えて拡大したものの、教皇主導による改革が急進化していくと、今度は逆にクリュニー修道院は教皇庁と距離を置くようになっていくことになりました。
    この修道院改革の流れはやがてグレゴリウス改革へと繋がります。しかし、直接的にクリュニー修道院がグレゴリウス改革を生み出したとするのは短絡的との考えもあります。この部分については当時の背景も考慮しないと見えない部分もあります。

     

    さらに皮肉な内容を付け加えると、11世紀後半以降は貨幣経済が浸透していき、既存の中世的な経済の変容によって、クリュニー修道院だけでなくベネディクト会修道院は同じように財政が悪化してしまうことになりました。「聖」と「俗」も近代へと向かう経済には逆らえず、また、のちの宗教改革によるプロテスタントとの視点で見るのも意味があるかもしれません。

     

    ブルゴーニュは「ワインの王」とも形容される地方ですが、修道院の歴史から見ていくと、まるで優雅なワインとは別の面が目立ちます。
    そうはいっても、ブルゴーニュワインを楽しむには関係ないのかもしれませんが。

     

  • ブルゴーニュとアキテーヌ公

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回はブルゴーニュとアキテーヌ公について勝手に語ります。

     

     

    フランスのワインといえばブルゴーニュについて語らないわけにはいかないでしょう。
    そしてブルゴーニュを最高峰のワイン産地にしたことにも触れないわけにはいかないかもしれません。
    やはりブルゴーニュもワインを隆盛にした契機は、キリスト教でした。この地にできた修道院によりワイン醸造が活発化したことによります。

     

    まず、ブルゴーニュのある地域ですが、ここはかつてアキテーヌ(Akitania)という地域でした。フランス南西部に位置し、北はリムーザン、ポワトゥー=シャラント、南はスペインと隣接し、西は大西洋です。
    ローマ帝国の属州ガリア・アクィタニア(Gallia Aquitania)でしたが、この「アクィタニア」が訛って「アキテーヌ」になったようです。
    6世紀前半までは西ゴート王国に属し、その後はフランク王国の領土となりました。
    8世紀になるとフランク王国からほぼ独立した地域となりましたが、ウマイヤ朝の侵攻により敗れました。そのため、カール・マルテルに援軍を求めた結果、ウマイヤ朝のイスラム軍に勝利することができました。
    しかしフランク王国との対立は、760年にピピン3世がアキテーヌ公に対し、教会領の返還を命じたことで始まりました。ピピン3世はアキテーヌ公ワイファリが教会領を不法に略取しているとしていました。この結果、アキテーヌ公ワイファリは攻撃を開始しましたが、768年に部下により暗殺されてしまいました。
    それでも翌年には、ワイファリの息子・ウナール2世が再び叛乱を起こします。これも鎮圧されてしまいます。
    カール1世は王子のルートヴィヒ1世を王とするアキテーヌ王国を建国しました。さらにフランク人や多くの修道士まで送り込んだのです。
    その後、西フランク王家により引き継がれ、アキテーヌ公位は、ポワトゥー伯家、オーヴェルニュ伯家、トゥールーズ伯家が争うようになりましたが、最終的にポワトゥー伯家が12世紀まで公位を継承することになりました。

     

    ここまでの歴史の中で、注目すべきは10世紀です。
    アキテーヌ公は、マコネのクリュニーにベネディクト修道会を設けたのです。さらにベネディクト会の別流であるシトー会がシトー修道院をニュイ・サン=ジョルジュ村の修道院を建てました。このシトー修道院は当時、岩だらけだった荒れ地を開梱していき、今日ではコート・ドール(黄金の丘)と呼ばれるワイン銘醸地の基礎となったのです。
    つまり、この時代ですでに現在のブルゴーニュワインの原型が完成していたことになります。

     

    有名なワイン産地ですが、その歴史的背景まではあまり知られていません。
    この機会に、ぜひとも学んで頂けたらと、プレゼントワイン専門シエル・エ・ヴァンの店長としては思う次第です。

     

  • 栄光の3日間

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回は栄光の3日間について勝手に語ります。

     

     

    フランスでは「栄光の3日間」が開催されました。
    ブルゴーニュ地方のボーヌで開催されるワイン祭りです。
    毎年、11月の第3土曜日から3日間開催されます。大規模な祭りで、世界中のワイン関係者が集まることでも知られています。

     

    3日間とも、行われることが異なります。
    まず初日は、クロ・ド・ヴージョ城を舞台にしてワイン騎士団の入団式と晩餐会が行われます。
    中日は、ボーヌ市内の療養院(オスピス・ド・ボーヌ)に舞台を移し、ここでワイン・オークションが行われます。
    最終日は大晩餐会です。ここでの主役は農家で、収穫を祝うために晩餐会です。

     

    祭りに期間中は、他のイベントも行われ、例えば、ワイン栓抜きコンテストや、民族衣装を着た人々のパレード、ワイン樽作りの実演、もちろんワインの試飲もあります。
    日本の祭りと同じように食べ物の露店も並びます。

     

    この「栄光の3日間」は、祭りの2日目のメイン・イベントの舞台である療養院(オスピス・ド・ボーヌ)が、貧しい人々への無料診察を行っていたことで、そのために運営費を補うことを目的としてワインを販売したことが始まりだそうです。

     

    オスピス・ド・ボーヌ

     

    やはりこの祭りにはフランス車のシトロエンのワインカラーに乗って向かいたい。
    来年こそはプレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長として、現地の空気を感じたい、そう思っています。

     

  • ボルドーとブルゴーニュ(食事に招かれた場面のプレゼント編) 

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    ボルドーとブルゴーニュの違いについてですが、今回は食事に招かれた場面のプレゼント編です。

     

     

    食事に招かれたので、手土産としてプレゼント用のワインを用意するとします。
    この場合、相手からリクエストがあれば、それに応じたワインを用意するだけですみます。しかし、あくまで気を利かせてワインを持って行くとなると、最初に考えるのは、どんな食事内容かということでしょう。肉か魚か、和食か、フレンチか、イタリアンか等々。

     

    もし料理の内容がわからなかったとしたら、ボルドー、ブルゴーニュ、どちらを選択すれば良いでしょうか?

     

    一般にボルドーのワインは香りが繊細、ブルゴーニュは香りが華やか、といわれます。この側面を捉えれば、ボルドーは女性的、ブルゴーニュは男性的といえます。食事に招いてくれた人の性別で判断することもできそうな気がします。
    しかし、別の見方でいえば、ボルドーはタンニンが強い傾向にあるため男性的なイメージ、ブルゴーニュは淡い色をしているので女性的というイメージもあります。

     

    要するに判断できない、ということになります。

    そこで結論、食事内容にあわせられない、性別にあわせられない、ということであれば、以下の選択肢が良いでしょう。

     

    もし、招待してくれた人がワインに詳しいなら、話のネタにもなるので、高価でもヴィンテージ・ワインを、詳しくないなら、質より量で、タイプの異なるものを複数プレゼント。

    細かいことは考えず、ボルドーでもブルゴーニュでも良いのです。食事に招いてくれた人へのお礼、気持ちなのですから。

  • ボルドーとブルゴーニュの違い

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    本日はボルドーとブルゴーニュの違いについてです。

     

    どちらもフランスワインの代表産地で、ワインに詳しくない人でも「ボルドーとブルゴーニュ」を聞いたことがあるという人も多いことでしょう。

     

    違いを説明しましょう。

     

    まず、場所が違います。
    何を当たり前なことを、とお怒りになるかもしれませんが、日本人はフランスだけでなく欧州の具体的な地域について、よく知らないのではないかと思います。

    ボルドーはフランス南西部の大西洋の近くに位置し、パリからは直線距離で498kmです。ワインはジロンド県全域にわたる地域が「ボルドー」を名乗っています。
    ブルゴーニュは広大な地域を指し、コート・ドール県のコート・ド・ニュイ、オート・コート・ド・ニュイ、コート・ド・ボーヌ、オート・コート・ド・ボーヌ、ソーヌ=エ=ロワール県のコート・シャロネーズ、マコネー、ローヌ県のボジョレー、さらにその遥か西方に位置するヨンヌ県のシャブリの8つの地区のワインになります。

     

    「ボルドーはワインの女王、ブルゴーニュはワインの王様」

     

    フランスワインで双璧をなすともいえます。
    歴史的にはボルドーは長い期間、イギリス領でした。そのため、フランス王室に知られていたのは、ボルゴーニュで、その当時から「ワインの王様」といわれていました。
    ボルドーは、いわばフランス領になってからボルドーの言葉にかけて、「ワインの女王」になったともいわれます。

     

     

    では、肝心な味の違いは? 特徴は? ぶどうの品種は?

     

    勉強しましたので、このブログでおいおい語っていきましょう。

     

  • コルトン・シャルルマーニュ・グラン・クリュ / シルヴァン・ロワシェ 08

    いつもお世話になっている神戸北野ホテルの本格フレンチレストラン「アッシュ」にて、白ワインの特級、「コルトン・シャルルマーニュ」をいただきました。

    ヴィンテージは2008。
    フランス全体的には特にパッとするヴィンテージではありませんでしたが、ボルドー右岸とブルゴーニュのシャルドネのみは秀逸なグッドヴィンテージとなった年です。当然ながらこのワインはシャルドネ100%から構成されるワインですので、原料のブドウが優れていることは間違いありません。

    さて、ドメーヌはシルヴァン・ロワシェ。
    正直、名前と評判がすこぶる高いということは知っていましたが、同ドメーヌのワインを飲んだことはなく、いつも通り初物を味わうときはワクワクします。

    実はこのドメーヌ、すでに高い評価を獲得してはいますが、設立は2005年と歴史はありません。
    現当主のシルヴァン・ロワシェ氏が、何と21歳のときに立ち上げた新進気鋭、まさにベンチャードメーヌなのです。ヴァンコムと同じですね。

    他の一流ドメーヌ同様ブドウ栽培から醸造法に至るまで、すべてが高いレベルにあるのは当然として、このドメーヌの特徴を一つ上げるなら、徹底したビオロジック農法を実践しているということです。

    さて、テイスティングをさらっとコメントしますと・・・

    清澄度は非常に高く、ワインの輝きもキラキラ眩しすぎるほどのレベルで見ているだけで高級感を感じます。
    アルコール感や粘性、酸度も偉大といえるレベルのポテンシャルがあります。新樽比率は50%ということで結構モダンですね。

    特筆すべきはバシバシに効いた樽感とビオ臭(土の香り)、しっかりしたミネラルに巨大ともいえるマチエール、そして完熟した黄色果実にナッツなどのオイリー感。正直うるさすぎるほどのレベル。

    個人的にはもう少しエレガントなスタイルが好みで、余程こういったスタイルに合う料理とのマリアージュをと、特別な機会でもなければ好んで入手することはないかなと。。

    それほどにパワフルなフルボディのシャルドネで、逆にこういったスタイルのシャルドネが好き、という人には中毒になるほどヤバいワインになるんでしょうね。

    間違っても画一的に、白だから魚介類(和食)に合うとかお寿司にも合わせられると考えてはいけません・・・はっきりいって合いませんし、それはこの偉大なワインの個性(良い個性)を台無しにするからです。

    いや~、凄かった。
    良くも悪くも初めてといえるレベルのシャルドネでした。

  • アンリ・グージュのクロ・デ・ポレ

    昨夜はインポーターのヴァンパッシオンさんから入荷した、アンリ・グージュをいただきました。

     

    プルミエ・クリュのクロ・デ・ポレ、ヴィンテージは2006です。

     

     

    アンリ・グージュの1級畑物が美味しくないわけはなく、

     

    一体どれくらい美味しいのか?

    どんな物語を見せてくれるのか? 

     

     

    アンリ・グージュは古典的なブルゴーニュワインの典型。
    厳格で、味の明確なワインを造っています。

     

    構成は常に巨大で濃厚なため、本当は最低10年は寝かすべきワインです。

     

    見事なタンニンと完熟ブドウ由来の甘味をしっかりと感じる豊かな味わい。
    実に濃厚です。

    余韻には気品あるスパイスのニュアンスがありました。

     

     

     

    ■シエル エ ヴァンお勧めコンテンツもヨロシク

    ↓     ↓     ↓     ↓     ↓

    還暦 プレゼント 

    還暦のお祝いに60年物のワインをプレゼントにお勧めしています。

     

  • アロース・コルトン/ニコラ・ロシニュール2006


     

    ブルゴーニュはヴォルネイのトップ・ドメーヌ、ニコラ・ロシニュール。ピノ・ラヴァーとしては彼の名前だけで「今日は愉しい夜になる!」と期待してしまいます。。

     

    既にヴォルネイでは一流のポジションを確立している造り手ですが、最新板2009年のDecanter誌にて最高評価の5つ星を獲得!

    世界に名高いアルマン・ルソーやヴォギュエらと同評価なわけで、とうとう彼はヴォルネイのみならず、綺羅星の如く銘酒がひしめくブルゴーニュにおいてもトップ・ドメーヌのポジションを手中にしました。

     

    今後のお値段がどのように変化していくのかが心配ですが・・・。

     

     

     

     

    紫の入った明るいルビー色で清澄度も高く、若々しさが出ています。

    赤い小果実の香りと皮など動物香が確認できますが、香りは結構立つ方です。

    タンニンはしっかりしていながら攻撃的ではなく、輪郭がはっきりするピノにしては柔らかいコクがありマイルドなテクスチャー。

    印象的にはモダン・スタイルのワインなのかな?

     

    ブルゴーニュにしては陽性で近づきやすく、わかりやすい美味さを表現していて、カリフォリニアやニュージーランドのピノに近いニュアンスでしょうか。

     

    「はぁ~~~、美味しい♪♪」

     

    プライス的には販売価格ベースで4千円後半と決して安くはありませんが、ブルゴーニュの名高い一流ワインと同等の品質だということを考えれば、「激安」といえるんじゃないでしょうか。。

     

     

  • ブルゴーニュ・ルージュ/マルセル・ゴーティエ 1980年

    091117_1916~0001.jpg

     

    フランスのほぼ全ワイン産地において、1980年は非常に残念な年。いわずと知れたバッド・ヴィンテージです。

    しかし唯一、コート・ド・ニュイに限ってはグレートなヴィンテージとして知られる1980年物。

    個体数も大変少なく、1980年物は大変貴重です。

     

     

    さて、マルセル・ゴーティエのブルゴーニュ・ルージュ。

    若いワインならリーズナブルに買えるブルゴーニュ広域ワインですが、だからこそ30年もの長きに渡る熟成に耐えられるのか?

    正直不安を感じながらのお愉しみとなりましたが・・・

     

    091117_1926~0001.jpg

     

    綺麗な色。清澄度も良好で、絵に書いたような美しいローヴが写真からでも確認できます。教科書通りの色調に、見た瞬間コンディションの良い古酒ピノであることがわかります。

     

    ラズベリーやアンズ、サクランボなど果実の香りと、なめし皮やキャラメルのブーケが芳しく、まだまだワインが健康的だと思わせます。

    口に含んでも好印象な酸味と、ココナッツの甘いニュアンスが絡み合い何ともいえない甘酸っぱさ。

     

    「これ、本当にブルゴーニュ・ルージュ?」

     

    低級キュヴェの30年ピノが、未だにマチエールをしっかり保ち、こんなにもおいしいなんてちょっと感激です。やっぱりワインは保管が重要なんだと改めて思わせられますね。こいつは生産者の地下蔵で誇りを被って眠っていた物を、1ヵ月前に空輸したものなんで。

     

    091117_1936~0001.jpg

     

    あっという間にフルボトルが無くなってしまいました。。

     

  • DRCを最安値で

    ワインの王様

     

    DRC

     

     

    リシュブールとロマネ・サンヴィヴァンをフランスでおさえました。

     

    近日中に到着しますのでシエル・エ・ヴァンにアップします。

     

     

    通常DRCのような超高額ワインは大きな利益を乗せるのが通例ですが、

    そこはシエル・エ・ヴァン!

     

    当店のような小さなワインショップは少しの利益でも十分採算が合います。。

    また現地から当店まで直送なんで、中間マージンも一切掛かりません。

     

     

    予告です!

    DRCの

    リシュブールとロマネ・サンヴィヴァン

     

    ネット最安値で販売します。

     

    近々ですので、ご興味おありの方はこまめにチェックしておいてくださいね。

    100%どこよりもお安く出しますので。

     

    フランスワイン|ヴィンテージワイン販売ワインショップ【シエル・エ・ヴァン】

     

     

1 2 3

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ