今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

  • 猛暑全開!至高のシャンパーニュで癒されました♪

    いやぁ~~

     

    梅雨明けから今日までほぼ毎日が猛暑日。。

     

    本当に熱いですね。。

     

    他もそうでしょうけどここ大阪も、コンクリートジャングルど真ん中の町なので、もう暑くてたまりません。

     

     

    ってことで、私は基本的に赤ワイン派

    特にブルゴーニュのピノ・ノワールには目がありませんので、今日は白を楽しもうというときも、泡もので渇きを潤そうというときも、最後の締めに赤ワインを飲まなければ物足りない派なんですが、今回はどうしようも無い猛暑ということもあり、スマートにシャンパーニュオンリーで済ませました。

     

     

    今回のお伴は、プレスティージュ感満開のオールドヴィンテージシャンパーニュ

    「ブーブ・クリコ・ラ・グランダム 1995」。

     

     

    このボトルデザインの重厚感がリッチでそそられすね。

     

      

     

     

    熟成を思わせるしっかりした濃い目の黄金で、リッチな色調。

    一発目のアロマには、焦げむしたトースト香が印象的です。

    これは熟成したシャンパンの特徴的な香として知られますが、まさに教科書通りの芳香。

    自然と笑みがこぼれてしまいます。。

     

    シャルドネの比率が高い物と比べ、ラ・グラン・ダムはピノ・ノワールの使用比率が高いことと、それに加え熟成により深い厚みがある飲み口となっています。

     

    泡はものすごくキメ細かく繊細で、ムースという表現がピッタリの域まで昇華しています。

     

    真夏に飲む泡としてはちょっと贅沢過ぎる感もありますが、ものすごく美味かったということだけは間違いありません。

     

    最高!!

     

     

     

    価値あるワインの通販サイト – シエル エ ヴァンもよろしく☆

     

  • シャンパーニュにツケが回ってきた??

    相変わらずのデフレ日本において、高額なワインの売れ行きは伸び悩んでおりますが。。

     

    まぁ、ここまで高くなると格付けボルドーや名門ドメーヌ物辺りは特別なシーンでしか飲めないのは確かで、ここ数年の値上がりが異常だったのかも知れません。
    (私からすれば、「かも」じゃなく絶対異常だと思ってますが・・・)

     

    さて、読売新聞のサイトで久々に消費者にとってはGOOD!な記事が載ってました。

    最近は、「作柄好調とか」「最高の出来」とか...こういったニュースばかりで盛り上がり、プラス要素のニュース報道が続いてましたが、実はこのようなプラスニュースは消費者にはマイナス。
    生産者や元請けネゴシアンのみが莫大な利益を得るのであって、下手にグッド・ヴィンテージの称号をパーカーJrあたりに付けられるとたまったものではありません。

     

    さて、記事内容:

    09シャンパーニュ、収量が大幅減少

     

    『2009年のシャンパーニュの収穫が始まったが、不況に伴う売り上げ不振に伴って、今年は収量が大きく減った。

     コート・デ・バール地区の黒ブドウの収穫は8日から、コート・デ・ブラン地区の白ブドウの収穫は10日にスタートした。不況の影響で、09年前半(6月まで)の出荷量はEU域内で31・7%、域外で43・1%減少した。フランス国内は5・5%減にとどまっているが、現地の報道によると、スーパーマーケットでは8ユーロ前後で安売りするケースも出ている。

    このため、大規模なネゴシアン・マニピュランでは、売れない在庫量が増えている・・・』

     

     

    大量にシャンパンが売れ残っているらしい。。

     

    そらそうでしょう。

    たった2~3年間という短期間で数十%も毎年値上げを繰り返していたんだから。

    そもそも低級キュヴェであるはずのNVが、4000円も5000円もすること事態がおかしい。

    ビール1本100円、弁当も290円の時代ですぞっ!!

     

    言葉は悪いですが、これまでシャンパン・メゾンは調子に乗りすぎていたような気がします。

    小規模生産者による少量生産ならいざ知らず、大規模生産者による大量生産なのだから、エントリーモデルは3000円位で、出来れば2000円位で出して欲しいところ。

     

    永らくいい思いを続けてきたわけだから、シャンパーニュの住人たちも少し冷や飯を食うのも悪くはない。

     

  • ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム1989 – 古酒シャンパンの世界

    ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム1989 ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム1989

    古いシャンパン……オールドヴィンテージシャンパン。。

     

     

    日本ではまだまだ認知されていない世界。

     

    基本的に、シャンパンは「瓶詰されてから半年から一年以内が飲み頃」と日本では各方面で言われてますが、フランスはもちろんアメリカやイギリスではスティルワイン同様シャンパンも熟成(瓶内熟成)したものが美味しいと2程前から認識され始めております。

     

    シャンパンは、瓶内発酵・澱落し・ドザージュ後は成長しないと永らく言われてました。

    ですのでメゾンが出荷した後は、出来るだけ早く飲むのが正解とされてましたが、欧米では新しい潮流が出てきています。

     

    ニューヨークやロンドンのセレブパーティでは、オールドヴィンテージシャンパンが美味い美味いと、ポンポン抜かれています。(らしいです……クルティエ筋)

    先日も読売新聞の記事で、英国で古いシャンパンの供給がひっ迫しているとの記事を見ました。

    この不景気に……。

     

    一時のレコルタン・マニピュラン・ブームも一段落しましたし……日本にも、近い将来オールドヴィンテージシャンパンが台頭することでしょう。

     

     

    しっかり過ぎるほどの黄金……美しい。

     

    熟成シャンパンの特徴である焦げたトースト香が前面に香る。

    ピノ・ノワールの比率が60%以上ということもあり、厚みのあるテクスチャ。

    奥からは蜂蜜のニュアンスもキャッチできました。

     

    特別なお祝い時には、少しリッチにオールドヴィンテージシャンパンは持ってこいです。

     

    銘柄:ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム(La GRANDE DAME)
    ヴィンテージ:1989
    アぺラシオン:シャンパーニュ/ランス
    格付け:グランメゾン
    購入先:パリのレストラン

     

1 2

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ