今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

  • ザクセンハウゼンのアップルワイン

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回はザクセンハウゼンのアップルワインについて勝手に語ります。

     

     

    ドイツの玄関口といえばフランクフルトです。
    正式にはフランクフルト・アム・マイン (Frankfurt am Main) で、ヘッセン州に属する郡独立市です。
    歴史的には、神聖ローマ皇帝の選挙が行われる諸侯会議が開催された都市で、皇帝の戴冠式もこの地で行われていました。
    現在は国際金融の中心都市となり、欧州中央銀行、ドイツ連邦銀行、フランクフルト証券取引所、ドイツ銀行、コメルツ銀行、ドイツ復興金融公庫、DZ銀行、ヘッセン=テューリンゲン州立銀行の本社所在地になっています。

     

    そのフランクフルトの名物のひとつとして挙げられるのがアップルワイン、つまりりんご酒です。
    ドイツ語では「Apfelwine」といい、フランクフルト中央駅からはマイン川を渡った先のザクセンハウゼンが本場です。

     

    都市部なので中央駅からザクセンハウゼンまでの移動が容易です。
    地下鉄(Uバーン)のSchweizer (シュヴァイツァー広場)駅で下車すると、すぐにシュヴァイツァー通りに出ます。飲食店が並んだ通りです。
    もし中央駅から歩くとしたら、おそらく30分程度ではないでしょうか。
    アップルワインを堪能する店としては、老舗の「Adolf Wagner」などが有名です。創業は1931年です。

     

    ドイツの酒場といえば、ミュンヘンのホフブロイハウスなどが世界的に有名ですが、ザクセンハウゼンでも似た雰囲気があるかもしれません。ただし、ビールとアップルワインの違いはありますが。
    カウンターでは立ち飲みもできて、日本でも似た光景が想像できます。

     

    個人的には、30年近く前に、この近くに留学していたあるピアニストがいて、その人がある理由でザクセンハウゼンから行方不明になったことがありました。
    その人の行方を捜す、というようりも、手掛かりを求めて少しだけ聞き込みをしたことがあります。
    当時はインターネットはなく、ザクセンハウゼンで楽しく学生たちと飲んだことを綴った絵葉書を最後に、消息が不明になり、仲間たちと心配していました。
    折しも、ベルリンの壁が崩壊し、東西統一を加速させ、通貨統合が行われていました。
    その一方で移民に積極的な政策をしていた西ドイツにとって、東ドイツとの統合は、移民してきた人々にとって複雑な状況を迎えていたといえました。
    そのような時代を背景として、一人の女性が行方不明に。

     

    どのような結末だったかは、機会があれば語るとして、アップルワイン「Apfelwine」を飲むと、その時の思い出が蘇ります。

     

  • 驚くべきキューバのワイン製造

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回はキューバのワイン製造について勝手に語ります。

     

     

    キューバといえば、カリブ海にある国家で、首都はハバナです。正式名称はスペイン語で「República de Cuba」
    1959年に起こったキューバ革命、そして東西冷戦以降、アメリカの近くに位置しながら、2015年までは敵視されていた国です。ようやくバラク・オバマ政権で政策が転換しました。
    しかし現政権のドナルド・トランプ大統領は、キューバに再び厳しい姿勢を示すことになりました。

     

    そんなキューバは、基本的な生活用品が不足しています。
    アメリカによる経済制裁の影響は今でも大きく関係していて、旧ソ連方式の中央集権的経済は、完全に機能不全に陥っているといわれます。そのため、生活用品ですら流通に支障が出ていて、店舗には品物が並んでいないことも珍しくないといいます。米国による経済制裁を数十年間受けてきたキューバでは、旧ソ連方式の中央集権的経済が機能不全に陥っており、店舗には品物が並んでいないことも珍しくないようです。
    ただし、豊富に出回っているものもあります。

     

    それがコンドームです。

     

    3個入りのコンドーム1箱がわずか1ペソ(約4.5円)だそうです。
    ラテックス製コンドームは、本来の目的である避妊具として使われるだけでなく、実は様々な用途でも使われているそうです。
    例えば、ヘアバンドとしてとか、子供用の風船だったりとか、釣りの浮きだったりとか。

     

     

    地元メディア『El Nuevo Herald』や『AP通信』などが伝えている、コンドームの別の使い方としては、ワイン作りも挙げられています。
    ガラス瓶に果実を入れ、発酵させるのですが、コルクではなくコンドームを使うというのです。
    発酵の際にガスが発生しますが、コンドームは膨らむので、問題はなく、発酵が終わればガスもなくなり、コンドームは膨らむことを止めます。
    ゆっくりとしたガスの放出により、美味しいワインが出来上がるのだといいます。

     

    「男性が使用する時とよく似ていますね。どちらも初めに立ち上がり、準備が出来て“事”を完了しますから」

     

    ハバナでワイナリーを営むオレステス・エステベスさんはこのように語ります。
    ちなみに彼は数十年にわたり無許可でワインを製造してきたそうです。
    しかし2000年に、共産主義でありながらも、キューバは民間企業に販売許可を与えるようになったことで、正式なワイナリーを開いたそうです。

     

  • 徳欽・幻のワイン

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回は徳欽の幻のワインについて勝手に語ります。

     

     

    中国の雲南省デチェン・チベット族自治州の県に徳欽があります。
    四川省に隣接した三江併流地域で、メコン川の上流である瀾滄江(ザチュ河)が近くを流れています。
    空路で向かうとすると、約200kmほど南に位置する香格里拉(シャングリラ)に降り立つことになります。当然ながらローカル路線なので、昆明などでの乗り継ぎになります。

     

    チベット支配になる前は、ナシ族のジャン王木定により統治されていました。次にオイラト族ホシュート部のグーシ・ハーンの統治下となり、チベット支配になってからも、雍正のチベット分割により、1727年に雲南と西蔵の境界が定められました。これにより徳欽は雲南省になりました。
    徳欽の中心地は昇平鎮と呼ばれます。
    山深い地域の谷間の集落という印象の場所だそうです。

     

    この中心部からさらに山奥へと向かうと、茨中という村があります。
    ここへはかなりの悪路らしく、距離の割に時間を要するといいます。おそらく車で4時間以上かかるのでは、ということです。

     

    ここに天主堂があります。
    現在の天主堂は1906年にフランス人神父らによって建てられたものだそうです。
    あまり知られていないでしょうが、メコン河上流のこのエリア、特に維西県、徳欽県、塩井県(チベット自治区)は、約100km程度の帯状で、カトリック教徒が多く住んでいます。
    そんな地域のカトリック教徒にとって最も神聖な場所が、この天主堂なのです。梅里雪山南方の小高い丘の上に建つ茨中村の天主堂こそ、チベットのカトリック教徒の「隠れ里」でもあったのです。

     

    日本の常識では考えられないほどの辺鄙な地に、なぜキリスト教が普及したのか?
    カトリックの宣教師がこの地域に入ってきたのは、1848年だったといいます。徳欽が活動拠点となったのは、1857年。
    そして最初の天主堂は1872年でした。
    しかし、1887年になると、チベットの僧侶や一般市民までもが天主堂を破壊してしまいました。
    現在の天主堂は、その後に建てられました。
    宣教師がこの地を去ったのは1951年でした。

     

    ここにキリスト教が根付いているということは、当然ながらワインもあります。宣教師たちはキリスト教の教えや儀式だけでなく、ワインの製法も一緒に伝えたようです。
    まさに幻のワインといえます。ここまで行かなければ飲むことはできません。

     

    チベットとカトリックというアンバランスな組合せとともに、もし機会があれば、ここまで足を踏み込んでみたいと思う今日このごろです。

  • レニングラード解放

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回はレニングラード解放について勝手に語ります。

     

     

    1月27日、ロシアのサンクトペテルブルクでは軍事パレードや、死者を追悼する式典が行われました。
    これは、かつてドイツ軍がソ連2の都市レニングラード(現在のサンクトペテルブルク)を900日近くにわたって包囲したものの、レニングラードはこの包囲に耐え抜いたことに由来します。レニングラード解放75年の記念式典でした。
    当時のレニングラードは人口が約319万人、モスクワに次ぐソ連第2の大都市であり、しかも最大の兵器生産地でした。

     

    このニュースをワイン片手に見ていると、大昔のことを思い出します。
    もちろん、75年前は生まれていませんが、レニングラードという都市名の時代にこの街を訪れたことがあります。
    夏でも空気は冷えていました。旧東側の国々は、それでなくても地味な街ですが、モスクワと比較しても規模の割に暗い印象がありました。だからといって悪い印象はなく、むしろモスクワより快適な都市だったのが思い出されます。
    1917年までロシア帝国の首都だったことから、ロシア文学の様々な作品に登場します。
    ドストエフスキーやトルストイの歩いた場所を巡ったのも良い思い出です。
    第一次世界大戦が開戦されてからはペトログラード、ソ連時代にレニングラードと都市名が代わり、再びペテルブルクの名が復活しています。

     

    実はモスクワとは距離が離れていて、600キロ以上もあります。
    ヘルシンキやタリンまではその約半分の距離にあります。
    そして運河の街です。
    独ソ開戦の時には、ソ連各地の発電所設備の8割がレニングラードに依存していたともいわれます。軍事的にはバルト艦隊の根拠地でもありました。
    このドイツ軍の包囲戦により、飢餓や砲爆撃などで、多くの市民が犠牲になりました。一説では、100万人以上の市民が死亡したといわれるほどです。
    このレニングラード解放75年にはプーチン大統領もピスカリョフ墓地を訪れ、献花していました。

     

    エルミタージュ美術館のすぐ目の前は宮殿広場で、ニュース映像では雪が舞っていました。
    気温は氷点下17度だったようです。そこへ兵士たち約2500人が集まり、独ソ戦時代の戦車とともに、最新鋭のミサイルなどの兵器を披露する軍事パレードが行われたのでした。

     

    ワインを飲むのを一時やめ、少しだけ追悼です。

     

  • 沿ドニエストル共和国

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回は沿ドニエストル共和国について勝手に語ります。

     

     

    ルーマニアとウクライナに挟まれた地域にモルドバ共和国(Republica Moldova)があります。
    旧ソ連を構成していましたが、現在は独立国となっています。言語的、文化的にルーマニア人と同じといわれてますが、完全な独立国です。
    その独立国のモルドバの東部ドニエストル川東岸のウクライナ国境に接する地域に、沿ドニエストル共和国という独立国でない国があります。

     

    独立国でない国とは何かというと、国際的にはモルドバ共和国の一部とされていて、沿ドニエストル共和国は主権国家として承認されていないためです。
    しかし、実態は、モルドバ共和国政府の実効統治はできていないため、事実上の独立状態にある「国」となっています。
    人口はわずかに47万5千人程度、しかし公用語はロシア語、ウクライナ語、モルドバ語と3つもあります。
    政治的にはモルドバが欧米寄りに対して、沿ドニエストル共和国はロシアよりといえます。

     

    もともとこの地域を支配していたのはモルダビア公国でしたが、ドニエストル川沿岸部の一部には支配が及んでいませんでした。
    ロシア帝国が防衛のためにこの地域にロシア人やウクライナ人を移住させたことで、この限られた地域だけがロシアの直接の影響下になるという、きわめて特殊な状況を生んだことで、のちのソ連やモルドバ独立に関係してきました。

     

    モルドバといえば、良質なワインを産出しますが、沿ドニエストル共和国はどうなのか?
    実はよくわかりません。
    モルドバのワインを堪能する旅をする機会があれば、ぜひとも沿ドニエストル共和国にも足を踏み入れたいと思っています。

     

  • 白猫ワイン

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回は白猫ワインについて勝手に語ります。

     

     

    ワインで「黒猫」といえばドイツの「Schwarze katze」で、日本にも多く輸入されたいます。
    では「白猫」は?
    思い浮かびません。
    そこで調べてみると、イタリアのシチリアにある「カンティーナ・フナロ」というワイナリーにありました。

     

    シチリア島西部に位置するトラーパニ県です。
    県都の名称もトラーパニです。トラーパニは地中海に面していて、港湾都市らしく、地中海沿岸各地へ向かうフェリーが発着しています。
    都市圏人口はわずかに約10万人程度ですが、シチリア島ということを考えれば、それなりの規模の経済圏といえます。

     

    カンティーナ・フナロは、トラーパニでも海側でなく、内陸側でブドウ栽培を行っていました。
    自社醸造・瓶詰めによるワイン造りは、ジャコモ、ティツァーナ、クレメンテという3人の兄妹によりスタートしたそうです。
    オーガニック農法にこだわったブドウはICEA(有機栽培認定機関)の認証も取得しています。

     

    さて、そのワイナリーの「白猫」ですが、ジビッボとインツォリアをブレンドしたテーブルワインとのことです。
    ジビッボとは聞きなれないと思ったら、要するにマスカット・オブ・アレキサンドリアのことで、シチリアでそう呼ばれているようです。
    また、インツォリアはシチリアの地場品種です。
    残念ながら飲んだことはありませんが、猫好きは一度は味わってみたいワインです。

     

  • エトルリア文明

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回はエトルリア文明について勝手に語ります。

     

     

    ワイン生産量世界一のイタリアの歴史は、ローマ帝国から始まるといえるかもしれません。
    しかし、イタリア半島はローマ帝国以前に、エトルリア人の文明が栄えていました。
    このエトルリア人こそ、謎に包まれているのです。

     

    エトルリアは古代ギリシアと同じように都市国家が集まっていました。
    宗教や言語が共通し、都市国家間でゆるやかな連合を形成していたようです。そのため統一国家ではありませんでした。
    古代ギリシアと似ているものの、ギリシアの植民地ではなく、独自の文化が形成されていました。
    特徴として、建築技術に優れ、それはのちのローマの建設にも活かされたほどです。

     

    謎なのは、エトルリア人はどこからきたのかが分かっていないからです。
    ヘロドトスは小アジアのリュディアからきたと語り、ハリカルナッソスのディオニュシオスは、イタリア古来の民族だと述べています。
    現在でも解明されていませんが、エーゲ海のレムノス島で紀元前6世紀までインド・ヨーロッパ語ではない民族が居住していた跡が発見されていて、その民族がエトルリア人と似ているといわれていることから、やはり小アジア出身ではないかという説が有力のようです。

     

    このエトルリア人が、ワインを地中海世界や現在のフランス地域まで輸出していたといわれています。しかし、どのようなワインだっかはわかりません。
    結局、紀元前4世紀頃になるとエトルリアはローマに合併され、エトルリア人は歴史から消えてしまいました。

     

  • ドストエフスキーにワインはいらない

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回はドストエフスキーについて勝手に語ります。

     

     

    ロシアの文豪・ドストエフスキーといえば、世界的に評価の高い「罪と罰」「カラマーゾフの兄弟」をはじめ、「白痴」や「悪霊」など、19世紀後半のロシア文学を代表する人物です。
    当時のロシア情勢を語れば、それだけで大量の文章になってしまいすが、キリスト教的な実存主義としてはまさに先駆者で、それがロシアだったことが注目に値します。

     

    ニーチェが生まれる23年前に生誕したドストエフスキーは、反ユダヤ主義でも知られます。
    意外と知られていない事実です。
    彼は「ユダヤ人は民衆の血をすする」として警鐘を鳴らしていました。のちにニーチェやハイデッガーを利用したナチスも、さすがにロシアのドストエフスキーは活用しなかったのかもしれません。

     

    そんなドストエフスキーですが、小説の中では食事シーンが極端に少ない印象があります。
    日常生活の中で主人公が様々な人物との間で言い合いをしたり、孤独な生活が描写されているものの、何かを食べたり飲んだり、というシーンはあまり記憶にありません。
    ところで、彼は多くの女性たちと様々な恋愛関係をもっていましたが、2番目の妻だったあるアンナ・グリゴリエブナ・ドストエフスカヤは妻であるとともに、速記役でもありました。彼女には回想録も残っています。
    アンナの回想録によれば、食事シーンは小説の中で少ないものの、普段の生活ではそれなりにこだわりがあったようです。
    ただし、ここでもワインは登場しません。

     

    食後のデザート前にはコニャック、朝食にはウォッカだったそうです。
    食べ物でも典型的なロシア料理が中心で、また甘いものを好きだったといいます。
    ヨーロッパの文学には、ワインを飲むシーンが多く出てきますが、ドストエフスキーは日常でも作品の中でもワインは重要視されないものだったのかもしれません。(ロシア文学者ではないのであくまで個人の感想です)

     

    ついでにワインと関係ないですが、ドストエフスキーの格言です。

     

    女、女こそ男を完成させる唯一のものである

     

  • 沙里院ワイン

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回は沙里院のワインについて勝手に語ります。

     

     

    沙里院といっても何のことだか分からない人が多いでしょう。
    実は北朝鮮の都市のことです。人口は推定で30万人ほどなので、それなりの規模といえます。
    北朝鮮は正式名が「朝鮮民主主義人民共和国」で、沙里院は黄海北道の道都です。載寧平野の中心都市で、工業都市といわれています。

     

    この沙里院には「勝利ブドウ」(승리포도)と呼ばれるブドウが栽培されていて、ワインも醸造しているそうです。
    1958年から栽培が始まったようですが、今では沙里院を走る高速道路沿いにワイン畑は広がっているとの記事も見たことがあります。
    われわれ日本人にとっては謎のワインといえます。

     

    沙里院について調べてみると、京義街道に沿って発達した集落だったようです。
    日本でいう宿場町のようなものとして発達し、朝鮮王朝時代に公認の旅舎が所在する場所となり、それから沙里院という名になりました。
    都市としての発展は日露戦争中で、交通の要衝としての役割を担うようになってからです。1905年には軍用鉄道の京義線(現在の平釜線)が開通、1908年になって駅も開業しました。現在でも平壌と開城を結ぶ位置関係から交通の要衝が続いています。
    さらに鉄道は、1920年に長淵線が開通、これによって西鮮殖産鉄道を経由して港湾都市とも結ばれるようになりました。

     

    とにかく情報が少ない北朝鮮ですから、ここで醸造されるワインがどんなものなのか、想像すらできません。
    だからといって、直接現地を訪れて味わいたいか、というと、そうでもないのが実情です。

     

  • 中華料理とワイン

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回は中華料理とワインについて勝手に語ります。

     

     

    つい先日、中華料理の店での会食がありました。
    飲み放題のコースで、定番のビールや酎ハイ、ハイボール、日本酒などとともに、中華ならではの紹興酒もありました。
    しかし、ワインはリストにありませんでした。

     

    確かに中華料理とワインとは、相性が良くないイメージもあります。
    ただよく考えてみると、以前にもお伝えしましたが、中国はワイン消費量が爆発的に増加していて、生産量も増加している国です。人口の数も半端ではありませんから、中国人が中華料理にワインを飲むシーンは日常的になっているのでは? と、想像もできます。

     

    中華料理といっても広い中国では地方地方によって色合いが異なります。
    例えば四川料理は辛いイメージがありますが、そんな料理にフルーティーなワインと合わせても消し飛んでしまう気がします。むしろ辛さを調和する少し甘めのワインのほうが合うような気もします。
    リースリングなら少し甘さのあるものがありますから、何となく試してみたくなります。
    酢豚のように甘酢を使った料理には、逆のその甘さは中途半端な味になってしまう気もしますので、辛口か、少しアロマ的な味が良いかもしれません。(これはイギリスの「Decanter」のサイトに、Fiona Beckett氏が、語っている内容ですが)

     

    また中華は油を多く使う料理もありますから、その場合は赤ワインが良い気もしますし、天心はやはりワインよりビールの気もします。
    ただ、コース料理でその料理ごとにワインを選択するのも大変なので、結局は好きなワインを飲んでみるしかないようです。

     

    個人的な好みも大きく左右されるので、本当はあまり考えずに飲むのも良いかもしれません。
    もし機会があれば、いろいろと組み合わせを楽しみつつ、チャレンジしていきたいと思います。

     

1 2

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ