今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

  • 三国に連なるモーゼルワイン街道

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回はフランス、ルクセンブルク、ドイツの三国を流れるモーゼル川に沿ったワイン街道について、いつものように勝手に語ります。

     

     

    もともとモーゼルワイン街道(Route des vins de Moselle)といえば、ドイツのモーゼル川に沿ったワイン生産地を結ぶルートのことでした。
    そのためモーゼル川の遡ったとしてもフランスとの国境の村ペルルまでで、終点はライン川に合流するコブレンツまでの街道でした。
    それが2012年になって、フランス側にまで呼称が及ぶようになり、翌2013年になって、さらに25キロ延伸されました。これによりフランス側のメッスまででつながることになり、欧州屈指の一大ワイン街道となりました。
    さらに2014年からは、フランス側でモーゼルワイン祭り(Fête des vins de Moselle)も開催されるようになり、ドイツとルクセンブルグのワイナリーも参加していることで、モーゼルワインの一大プロモーションにもなっています。

     

    モーゼル川(Mosel)は全長545kmの国際河川で、源流はフランス東北部のヴォージュ山脈です。
    最初は北に流れ、ルクセンブルクで北東に向きを変えます。そののちドイツ国内に入り、ライン川に合流します。この合流地点は「Deutsches Eck」といい、観光名所にもなっています。
    モーゼル川を利用した交通網は古代より始まっていたようで、この沿線都市にはローマ時代の遺跡も残っています。最も有名なものはトリアーのポルタ・ニグラかもしれません。

     

    ついでなのでポルタ・ニグラも紹介しておきましょう。
    ユネスコの世界遺産に登録されているもので、ラテン語では「黒い門」という意味です。
    西暦186年から200年にかけて、都市の北門(城門)として建造されたものです。ところが、ローマ帝国時代から中世へと時代が変遷すると、この北門を使わないなります。さらに別の建造物を作ろうとしたようで、一部が破壊されました。その後、ギリシャ人の隠者シメオンを記念した教会を建設し、身廊や尖塔などが加わり、この門を覆うようになりました。
    このまま教会として残ることは、ナポレオンによって否定されてしまいました。1805年のことです。フランス革命軍占領時代になり、ローマ時代以外の建造物はナポレオンの命令により取り除かれてしまったのです。
    その結果、ポルタ・ニグラはローマ時代の城門跡として元々の姿に戻ったのです。

     

    ちなみにポルタ・ニグラのあるトリアー(Trier)ですが、この発音はわれわれの世代には「トリアー」として親しんでいましたが、ここ最近では「トリーア」のほうが一般的だそうです。今回、このブログを執筆する際に知りました。でも、標準ドイツ語では確かに「トリーア」が正解ですね。
    以前は舞台ドイツ語 (Bühnendeutsch) とよばれる発音の伝統で呼ばれていたそうです。知らなかった。

     

    さて、モーゼル川に戻ります。
    ライン川と異なり、モーゼル川はかつて、水量が安定していないことから、航行については苦労させられていました。改善されたのは19世紀末で、河川整備が進み、それ以前より大きな船舶での航行も可能となりました。

     

    モーゼル川は蛇行を繰り返し、それが逆に自然美を助長させ、古城なども見かけます。鋭い角度の斜度を形成する丘陵部分にブドウ畑が広がります。
    ブドウの品種はドイツ側はリースリングが主体で、対岸のルクセンブルクはミュラー・トゥルガウ、オーセロワ、ピノ・グリなどが加わります。フランス側では赤ワイン品種も加わり、ピノ・ノワールなどになります。

     

    フランス、ルクセンブルク、ドイツという三国、それぞれに微妙に異なるワインが生産されるモーゼルワイン街道は、ワイン好きでない人でも十分に堪能できると思います。

     

  • 日本のワイナリー(最北端)

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回は日本のワイナリーについて勝手に語ります。

     

     

    北海道の名寄市は、平成30年3月30日に内閣府地方創生推進事務局から構造改革特別区域計画の認定を受けました。
    これにより誕生した特区は、名称が日本最北のワイナリー創生・名寄ワイン特区になりました。この特例措置により、名寄市内で生産されたブドウを100%使用する場合に限り、酒税法で定められている酒類製造免許に係る最低製造数量基準(6キロリットル)が、ワインでは2キロリットル、リキュールについては1キロリットルにそれぞれ引き下げられ、酒類製造免許を受けることが可能となりました。

     

    しかし現状では名寄市にワイナリーがあるわけではありません。
    市内ではワイン用のブドウの生産がされているものの、ワイン醸造については市外のワイナリーに委託しています。これが今回の特例措置により、名寄市内にもワイナリーが誕生することが期待されています。
    そうなれば「日本最北のワイナリー」になります。

     

    この名寄市ですが、北海道北部に位置し、名寄盆地の中央部分にある都市です。
    市街地は天塩川と名寄川の合流点の周辺に広がっていますが、人口はわずかに27,000人程度で、農業の集散地という役割を担うことで発展してきました。

    旭川市からは国道40号で繋がっています。

     

    北海道でもかなり北に位置しているせいか、冬の冷え込み相当厳しいといえます。

    2月の平均最低気温は-16.3℃だといいますから、全国の市の中では最も低いといわれます。しかも最高気温でも1月は-4.7℃だといいます。

    ちなみに今までの記録は、1982年(昭和57年)2月2日で、観測開始以来最低の-35.7℃を記録している都市です。

    一方、夏場はどうかというと、最高気温が30℃を超える日も多いようです。それでも朝晩は15℃前後となるため、寒暖差はかなりあります。

     

    そんな厳しい冬と寒暖差の激しい夏のある地域で生産されるブドウ。

    さらにそのブドウを醸造したワイン。
    興味深いワインです。最北端のワイナリーができて、流通することを願います。

     

  • 世界一ワインを飲んでいる国

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回は世界一ワインを飲んでいる国について勝手に語ることにします。

     

     

    ワインの国別消費量ランキングは、どうしても人口の多い国が上位に入ってしまいますので、1人あたりの消費量で調べてみると、実に興味深い結果になります。
    (出典:Wine Institute・2015年/The Telegraph

     

    5位:フランス
    4位:ポルトガル
    3位:クロアチア
    2位:バチカン市国

     

    そして1位はアンドラ公国です。
    え? どこ、それ?
    そんな声が聞こえてくるかもしれないほど、日本には馴染みのない国と言えます。

     

    1人あたりの消費量は、何と56.9リットルという量です。
    では、アンドラ公国とはどこにある国かというと、フランスとスペインの間にある小さな国です。ピレネー山脈の西部にある立憲君主制国家です。
    首都はアンドラ・ラ・ベリャ。
    人口はわずかに79,000人。
    軍隊はなく、国防はフランスとスペインにアウトソーシングしているのに加え、近年まで外交についても同二国に委ねていた国です。

     

    日本がアンドラを国として承認したのはつい最近の1993年で、外交については2年後の1995年からです。ただし日本の大使館はアンドラにはなく、フランスにある大使館が兼務している状態です。

     

    EU非加盟ではあるものの、通過はユーロを使用しています。2011年までタックス・ヘイヴンでした。
    人気のあるスキーリゾートがあり、EU各国からの観光客が多く、経済的には観光で成り立つ国ともいえます。
    リゾート客で成り立つ国ということは、観光で訪れた人たちが食事の際に、日常生活より多くワインを飲んでいるのかもしれません。アンドラ公国の国民もワインが好きなのかもしれませんが、それ以上にリゾートで非日常空間でのワイン消費が世界一に押し上げた要因ともいえます。

     

  • ソムリエ試験過去問から(ルーマニア・ブルガリア編)

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回はソムリエ試験の過去問から、東欧の国に関連する問題の第二弾です。今回はルーマニアとブルガリアに関する問題を勝手に語ることにします。

     

     

    一般社団法人日本ソムリエ協会(J.S.A.)が実施しているソムリエ資格試験。
    前回はクロアチアに関する問題[クロアチア編]を取り上げましたので、同じように東欧で他の国、今回はルーマニア、ブルガリアです。

     

    ブルガリアが位置する半島を 1 つ選んでください。

     

    • 1.ペロポネス半島
    • 2.イベリア半島
    • 3.イストラ半島
    • 4.バルカン半島

     

    クロアチア編では、「クロアチア沿岸部のワイン産地に隣接する海」が出題されていましたが、ブルガリアでも地理の問題がありました。
    ペロポネス半島は名前からいかにものギリシャです。イベリア半島はスペインとポルトガルの巨大な半島で、これはかなり有名でしょう。イストラ半島は前回登場のクロアチアです。ゆえに、答えはバルカン半島になります。

     

    次なルーマニアの歴史問題です。

     

    ルーマニアのワインに関する記述の中から正しいものを 1 つ選んでください。

     

    • 1. ワイン生産の歴史は古く、紀元前100年頃からといわれている
    • 2.生産されたワインの約 90%が、国内で消費されている
    • 3. 品質が飛躍的に向上したのは、第2次世界大戦後の 1960年頃である
    • 4. ワイン法の DAC 法は EU の規定よりも厳しいとされている

     

    ルーマニアのワインの歴史は古く、紀元前100年頃よりさらに古く、6,000年前からだといわれています。選択肢の2は歴史ではありませんが、約90%が国内消費というのは、ルーマニアの特徴といえるでしょう。品質向上については、1960年頃よりあとで、つい最近の1990年頃です。

     

    最後に難解なソムリエらしい問題です。

     

    ブルガリア独特のブドウ品種で白ブドウを 1 つ選んでください。

     

    • 1. Mavrud
    • 2. Pamid
    • 3. Red Misket
    • 4. Gamza

     

    答えは「Red」がつきますが、3です。
    勉強しないとまず答えられません。

  • 日本のワイナリー(埼玉)

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    東京の練馬区にあるワイナリーを紹介したので、その東京ワイナリーから西に進んだ場所で、埼玉県新座市のワイナリーも紹介したいと思います。

     

    東京のワイナリー(東京)

     

     

    新座市のワイナリーは、地元の酒販売会社で、オリジナルの「野火止わいん」を生産しています。発売からすでに30年以上が経過しています。
    これは「地産地消」のワインだそうです。

     

    新座市は埼玉県南部に位置し、東京と隣接しています。
    人口は約16万人で、県内では10位の規模です。
    それなりの規模を誇る都市ですが、都市としての中心部がなく、地味な印象もあるかもしれません。市の名を冠した新座駅は、武蔵野線の単独駅のため、都心部から放射状に伸びる路線と異なり、それぞれの地域で独自に宅地化が進み、商業地域もバラバラの印象があります。
    ただ、実際には東武東上線の志木駅は、志木市と新座市の境界にあり、南側は新座市です。南口から市街地が広がり、ここが市内でもっとも賑わっています。

     

    野火止は、地名としては新座市中央部に相当し、新座駅周辺一帯に位置しています。野火止用水が有名で、東京の立川市にある玉川上水から流れてくる用水路です。 別名が伊豆殿堀といいます。

     

    この野火止用水の清流を復活させた頃、名称を「野火止わいん」と決めたそうです。当初は新座市で栽培したブドウを使う予定でしたが、思うようにいかず、山梨県のブドウとの混合酒でスタートしました。
    ようやく新座産ブドウ100%の白ワインが完成したのは2009年です。
    2013年には埼玉県の「彩の国優良ブランド品」に認定されるまでになりました。

     

    現在は、ワインの醸造は秩父市になったそうですが、こだわった地産地消のワインにはそれだけで魅力があります。
    埼玉県には秩父ワイン、シャトー秩父、麻原醸造などがあります。

     

  • 伊勢神宮へ奉納されたワイン

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回は日本のお話です。神社へ奉納する酒・ワインについて勝手に語ります。

     

     

    神社と日本酒は切り離せない関係といえます。
    本殿内に日本酒がお供えされているのもよく見かけます。奉納されたものです。

     

    実を言うと、「酒」は日本の神への供物としては、「米」「餅」と並んで重要なものです。
    この中で「米」は「金」でも代用され、初穂料として馴染みがあるかもしれません。「餅」と「酒」は神事にも関係してきました。

     

    奉納する「酒」は基本的に日本酒ですが、日本酒は「米」からつくられることで納得できる話です。しかし、日本酒でなければならないという決まりはありません。
    焼酎生産の盛んな地域の神社では焼酎もありえるし、ブドウ生産の盛んな山梨ではワインもあります。

     

    伊勢神宮でもワインが奉納されています。
    京都の宮津商工会議所の推薦で、天橋立ワインが奉納されています。辛口白ワインと辛口赤ワインです。

     

    日本の神は厳格な儀式がある一方で、このようなおおらかさがあります。
    伊勢神宮というと、日本人にとって特別な神社という位置付けだと思われている方も多いでしょうが、必ずしもそうではありません。むしろ、伊勢神宮とは、特殊な歴史を背景として、現在のような「形」になった神社です。

     

    もし、シエル・エ・ヴァンで購入したワインを、近所の神社に奉納して、何か否定的なことをいわれたら、この伊勢神宮の奉納ワインを話すと良いでしょう。

     

  • エゲルの牡牛の血

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    地理的には中央ヨーロッパですが、東欧のハンガリーについて語ります。

     

    デザートワインとして知られるトカイワインが有名なハンガリーワインですが、赤ワインではエグリ・ピカヴェール(エゲルの牡牛の血)なども有名です。
    ハンガリーのワインの歴史は古く、特にトカイワインは、西暦896年にマジャル人が侵入した後、大首長アールパードは郎党にトカイのワイン農園を与えたとの話があるそうです。その後も品種は、イタリアやフランスからもたらされてきました。品種はほとんどが白ワインのものだったようです。

     

    その後はオスマン帝国の侵攻があり、セルビア人によって赤ブドウもエゲルにもたらされたようです。
    これが後に牡牛の血といわれる赤ワインのブレンド原料になりました。

     

    エゲルはヘヴェシュ県(Heves)の県都です。しかし、人口はわずかに5万6,000人程度です。
    ヘヴェシュ県はハンガリー北部に位置し、人口は約33万人ほどです。
    県北部は山岳地帯で、ここにビュック国立公園があります。反対に南部は平野が広がっています、そのため南部は農業地帯です。

     

    日本人にはあまり馴染みのないハンガリー。
    しかもトカイワインを除けば、ほとんど知名度なしともいえますが、実は魅力的な国ですし、ワインにも発見があると思います。また機会をつくり、ハンガリーについて語りたいと思います。

     

  • アルト・アディジェ

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回もヨーロッパです。アルザスと同じように、異国文化が形成されている地域として、イタリアのトレンティーノ・アルト・アディジェについて勝手に語ります。

     

    イタリア最北端の州がトレンティーノ・アルト・アディジェです。
    やはりアルザスと同じように国境に接しています。アルザスがフランスにありながらドイツ色とともに、複雑な文化を内包していたのと同じように、ここもチロルの一端にあることで、独特な文化になっています。
    また、この地域はワイン生産でも評価されています。
    スイス、オーストリアに接する北部アルト・アディジェ地区と州都トレンティーノがある南部トレンティーノ地区、ともに優良なワインを生産しています。

     

    アルト・アディジェは別名を南チロルといいます。
    チロル(Tirol)は、ほぼヨーロッパの中部に位置し、アルプス山脈東部の地域をさします。国ではオーストリアからイタリアに及び、イタリア側を南チロルといいます。
    したがって、地形的理由から住民は多くがドイツ系です。南チロルでもイタリア語ではなくドイツ語が初等教育から使われています。

     

    これは歴史的背景も影響しています。
    1810年にバイエルンからナポレオンに、つまりイタリアに譲渡されてイタリア領となります。しかし、ナポレオン没後は、ウィーン会議によりオーストリア帝国の領土となりました。この地域がチロル伯領です。
    第一次世界大戦後にイタリアに戻りました。
    現在のイタリア側の南チロル (Südtirol) はボルツァーノ自治県に、ヴェルシュチロル(Welschtirol)であるトレンティーノはトレント自治県になりました。2県を合わせたものが、トレンティーノ=アルト・アディジェ特別自治州になります。
    かつての「チロル伯領」です。

     

    ワイン醸造地としては規模は小さく、ブドウ栽培業者がは5300ヘクタールに満たない栽培面積だといいます。しかし、20種類もの品種を栽培し、年間製造量は約3500万リットルで、高品質のワインを産出することで知られています。
    白ワインと赤ワインの比率では、白が約55%、赤が45%程度です。
    白ワインの品種としては、ソーヴィニョン、ミュラー・トゥルガウ、シルヴァーナー、ケルナー、リースリング、ヴェルトリーナーが代表的なものです。アルト・アディジェ(南チロル)のDOC認定白ワインは、イタリア産白ワインの最高峰と評価されています。
    赤ワインについては、アルト・アディジェ(南チロル)では150年前から、ピノ・ネーロ、メルロー、カベルネ・ソーヴィニョン、カベルネ・フランなどの有名な品種が栽培されています。

     

    ここには南チロル人民党という地域政党もあります。
    南チロルのドイツ語とラディン語を話す人を代表する政党で、ナチズムやファシズムに抵抗した人々を中核にして結成されました。第二次大戦終結のときでした。
    当初はイタリアから分離するための住民投票の実施でしたが、その後、ドイツ語、ラディン語とイタリア語の二言語併用を南チロルにおいて推進することで、自治権を拡大することを目的としました。
    地域政党だけあって、政策的背景としては、キリスト教民主主義、社会民主主義と、政党内にそれぞれの潮流が含まれています。ボルツァーノ自治県内では、圧倒的な党勢を誇っています。
    さらには、イタリア議会にも進出を果たしています。

     

    そんな南チロルはイタリアの中でドイツ色が強く、オーストリアのチロルと分断された独特な地域です。ぜひ、この機会に覚えてください。

     

  • フランスとドイツが混濁したアルザス

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    今回もヨーロッパをご案内します。フランスとドイツの文化が入り混じったアルザスです。アルザスワインは一般的なフランスワインと異なり、ドイツワインとの共通点が多くあります。勝手に語ります。

     

    アルザス地方はパリから約500km離れています。ドイツ国境に隣接しています。
    この地域は、フランスとドイツが領有権を巡って紛争を繰り返した歴史があります。そのため、現在はフランス領ですが、ドイツ文化も色濃く残る地域です。

     

    アルザス地方の面積は狭く、日本のひとつの県と同じくらいと考えるとイメージしやすいかもしれません。人口も約177万人程度なので、ますます日本の県と同じような感じです。
    この地域に住む人々はフランス人というより「アルザス人」と表現したほうが良いかもしれません。約177万人の人口に対して、約130万人がアルザス語を話します。
    アルザス語といっても聞きなれない言語でしょうが、これはドイツ語から派生したものです。上部ドイツ語の中のアレマン語系低地アレマン語の一種で、簡単にいえばドイツ語の方言といえます。アルザスで話されていることからアルザス語と呼ばれています。

     

    ワインはリースリングなどの白ワインが中心になりますから、完全にドイツワインとの共通点が強いといえます。
    郷土料理も同様で、ドイツのザワークラウトと同じものをシュークルートといいます。と、いうより、フランス語読みするかドイツ語読みするかの違いに近いといったほうが的確かもしれません。

     

    しかしアルザスは紛争の歴史で生き残ってきた地域です。フランスにもドイツにも同化していない、独特な文化を保ってきたともいえます。
    そんなアルザスも現在ではフランス随一の工業化地域にもなっています。

     

    ケルト人の時代からローマ帝国、フランク王国、ライン都市同盟、神聖ローマ帝国、そしてドイツとフランス、激動の地域です。

     

  • ザクセン・ワイン街道

    プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。
    お盆休み期間中に海外旅行にお出かけの方もいるでしょうから、今回は旅情あふれるザクセンへとご案内します。もちろん勝手な語りです。

     

     

    ザクセン(Sachsen)は、ドイツの地域の名ですが、実を言うとザクセン地域というのは、歴史的には大きく変動しています。複雑なドイツの歴史に由来することですが、現在は一般的にはザクセン州を指すことが多いといえます。
    ザクセン・ワイン街道(Sächsische Weinstraße)は全長が約60km。中心都市はドレスデンです。エルベ川が貫き、ピルナからマイセン近郊ディースバー・ゾイスリッツまでの区間になります。ドイツらしい文化的景観が続く街道です。
    比較的気候が温暖なエリアではありますが、ワイン生産地としてはヨーロッパ最北のブドウ栽培地も存在します。また、ドイツ国内では最小のブドウ栽培地でもあります。

     

    ドレズデンはエルベ川沿いの平地に開けた都市で、かつては東ドイツ側でした。現在でもドイツの東の端で、チェコとの国境は、わずかに30km程度です。
    第二次世界大戦ではドレスデン爆撃により、市内中心部はほぼ灰燼に帰した歴史があります。ソ連に占領され、その後に東ドイツ領となりました。
    しかし、東欧諸国としては、工業都市として発展してきました。現在の人口は約55万人。ドイツ連邦共和国ザクセン州の州都です。

     

    この地域では800年前からブドウが栽培されてきたといいます。
    また、陶磁器の町として有名なマイセンがあるせいか、陶磁器の歴史もあります。こちらは300年近く前からといわれます。
    ザクセンではワインと陶磁器に銀鉱を加え、これらが富と名声をもたらすものでした。

     

    ドレスデンは宗教改革によるルター主義を代表する都市でもありました。
    共産圏に属していた歴史もあり、現在では市民の約80%が無宗教になり、ルター派は約15%程度だといわれます。

     

    旧東ドイツ時代には、観光する対象にはならなかったかもしれませんが、現在はドレスデンだけでなく、ザクセン・ワイン街道も魅力的な観光地となりました。
    長期休暇がとれたとき、ぜひともこの街道でワインを味わってみてください。

     

1 2

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ