今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

  • シギ(ジビエ料理)とのマリアージュ

    生意気ですが、私は赤ワインに合わせるメイン料理(お肉)にこだわりを持っています。

    それは、牛肉(家畜による食肉)は、本格フランスレストランでのメインディッシュには選択しないということ、代わりに、狩猟により調達する獣肉を必ず食すということです。
    この、まさに野生の獣肉料理をジビエ料理といいますが、ジビエをオンリストするレストラン自体が珍しいので、せっかくの本格フレンチならジビエを愉しもうという発想なんです。

    まぁ、牛も大好きなのですが、牛を堪能するなら鉄板焼きや焼き肉など、他の食し方で堪能できますものね。

    ってことでちょくちょく出かける地元のフレンチレストラン、神戸北野ホテル「アッシュ」での素晴らしいひと時。

    ワインリストは
    1. ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・レ・コンボット / ピエール・アミオ 09
    2. レ・フォール・ド・ラトゥール 05

    レ・コンボットはまだ若く、しかも秀逸なヴィンテージ物ということで抜栓後サーヴしても非常に硬く、デカンタすることにしました。
    これはこれで素晴らしいピノ・ノワールで、色々なお料理とのマリアージュを存分に堪能できました、が・・・

    (続く2本目とメインディッシュとのマリアージュは突き抜けるレベルで・・・)

    2本目はご存知、5代シャトーの一角を担うシャトー・ラトゥールのセカンドワイン。
    05ということで完熟ブドウのポテンシャルを思う存分堪能できましたが、これにメインディッシュのジビエを合わせると・・・。

    ※ジビエについて
    当日はヨーロッパから空輸で「シギ」が入荷した旨ソムリエールより説明があり、このシギの入荷は年間を通じても非常に珍しいということなので「シギ」をチョイスしました。シギは主にヨーロッパに生息する鳥獣で生息数が少なく、フランスでは禁猟指定されているほど食肉としては貴重。

    いやぁ~~、私もそれなりに美食キャリアを自負していますが、その中でもこのシギとポイヤックとのマリアージュは「初体験」とテンションがあげあげになるほどの共鳴感。あまりにも素晴らしすぎて共鳴音が空耳で聞こえてきそうなほど。。

    自分の言葉による表現力不足が悩ましいほどに、シギとポイヤックとのマリアージュは本当に本当に最高でした。またシギ入荷の機会には再チャレンジしたいものです。

    とかいいながら、、、次回はシカかウサギをいただこう・・・愉しみです。

  • コルトン・シャルルマーニュ・グラン・クリュ / シルヴァン・ロワシェ 08

    いつもお世話になっている神戸北野ホテルの本格フレンチレストラン「アッシュ」にて、白ワインの特級、「コルトン・シャルルマーニュ」をいただきました。

    ヴィンテージは2008。
    フランス全体的には特にパッとするヴィンテージではありませんでしたが、ボルドー右岸とブルゴーニュのシャルドネのみは秀逸なグッドヴィンテージとなった年です。当然ながらこのワインはシャルドネ100%から構成されるワインですので、原料のブドウが優れていることは間違いありません。

    さて、ドメーヌはシルヴァン・ロワシェ。
    正直、名前と評判がすこぶる高いということは知っていましたが、同ドメーヌのワインを飲んだことはなく、いつも通り初物を味わうときはワクワクします。

    実はこのドメーヌ、すでに高い評価を獲得してはいますが、設立は2005年と歴史はありません。
    現当主のシルヴァン・ロワシェ氏が、何と21歳のときに立ち上げた新進気鋭、まさにベンチャードメーヌなのです。ヴァンコムと同じですね。

    他の一流ドメーヌ同様ブドウ栽培から醸造法に至るまで、すべてが高いレベルにあるのは当然として、このドメーヌの特徴を一つ上げるなら、徹底したビオロジック農法を実践しているということです。

    さて、テイスティングをさらっとコメントしますと・・・

    清澄度は非常に高く、ワインの輝きもキラキラ眩しすぎるほどのレベルで見ているだけで高級感を感じます。
    アルコール感や粘性、酸度も偉大といえるレベルのポテンシャルがあります。新樽比率は50%ということで結構モダンですね。

    特筆すべきはバシバシに効いた樽感とビオ臭(土の香り)、しっかりしたミネラルに巨大ともいえるマチエール、そして完熟した黄色果実にナッツなどのオイリー感。正直うるさすぎるほどのレベル。

    個人的にはもう少しエレガントなスタイルが好みで、余程こういったスタイルに合う料理とのマリアージュをと、特別な機会でもなければ好んで入手することはないかなと。。

    それほどにパワフルなフルボディのシャルドネで、逆にこういったスタイルのシャルドネが好き、という人には中毒になるほどヤバいワインになるんでしょうね。

    間違っても画一的に、白だから魚介類(和食)に合うとかお寿司にも合わせられると考えてはいけません・・・はっきりいって合いませんし、それはこの偉大なワインの個性(良い個性)を台無しにするからです。

    いや~、凄かった。
    良くも悪くも初めてといえるレベルのシャルドネでした。

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ