今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

  • ムートンの偉大さと熟成の妙技を再認識した夜

    それはそれは幸せな時間。。

     

    ワイン愛好家にとって、偉大なワインを愉しむことほど至福の瞬間はありません。

     

    ワイン屋を営む私といえど、真のグラン・ヴァンとなると当然ながら日常的に嗜むことなどできず、この夜は最高に幸せな時間となりました。

     

     

    その者の名は、「シャトー・ムートン・ロートシルト」。

    ご存じ、メドック第1級に格付けされる世界最高峰の赤ワインです。

     

    しかもヴィンテージは1970年。

    難しかった1970年において、数少ない秀逸年として知られるグッドヴィンテージ物。

     

     

    このムートンは、唯一メドック格付けの中で2級から1級に昇格を成し遂げたシャトーですが、その年は1973年。ってことはこのムートン70年は、今では幻といえる2級格付け時の物。

     


     

     

    長期熟成を示す異様な雰囲気を漂わせています。

     

     


     

     

    意外なほどに清澄度は高く、ワインが健康的な事が明確に解ります。

    色調は綺麗なローヴを表現していましたが・・・写真じゃ解らないですよね。。

     

     

    ムートンなので、当たり前のように美味しく、飲み始めから30分程は

    「さすがにムートン!美味いなぁ~~」

    と思いつつ、やはり飲み頃を少し過ぎた感は否めず、若干の弱さを感じながらも

    「この枯れ感がたまりません!!」

     

     

    と、古酒特有の風味を愉しんでいたのですが・・・・・・

     

     

    抜栓から30~40分もしたら、

     

    もう、言葉では表現できないほどこのムートンが息を吹き返してきたのです!!

     

     

    まるでドクドクと脈打つようにワインの構成は蘇り、とても40年熟成とは思えないほど「豊か」、「豊か」、「豊か」☆★

     

    これ以上はないほど複雑で深遠なブーケもプンプン香ってきます。

     

     

    「し、死ぬほど美味い!」

     

     

    改めて、シャトー・ムートン・ロートシルトの偉大さと、熟成のマジックを知らされました。

     

    ほんっとうに美味い!美味すぎるワインだったのです。。。

    もうカベルネはボルドーの最低10年物以上のグラン・ヴァンしか飲めないな。。

     

     

     

    ■シエル エ ヴァンお勧めコンテンツもヨロシク

    ↓     ↓     ↓     ↓     ↓

    結婚式 両親 プレゼント

    結婚式のクライマックスである贈呈式。この贈呈式にて、新郎新婦各々の生まれ年ワインをご両親へプレゼントされることが昨今人気を博しています。

    シエル エ ヴァンは、結婚式での両親へのプレゼントに生まれ年ワインをご提案しております。

  • そろそろ恋しいシャンパーニュ

    すっかり暖かくなってきましたねぇ~~。

     

     

    一年の中でも一番過ごしやすい時期なのでしょうが、天気の良い日なんかは既に十分暑く、赤ワインもいいですが、キリッと切れ味シャープで繊細なスパークリングワインがそろそろ恋しくなってきますよね。

     

    ってことで、、

    正直余りスパークリングワインには博識でないのですが、お知り合いのインポーターさんで大変シャンパーニュ好き(シャンパーニュしか飲まない・・・とまで言われるほどの方)の諸氏がいらっしゃるので、その方に相談させていただきお勧めどころを購入しました。

     

     

    エグリ・ウリエ EGLY-OURIET

     


     

     

    ご存じ、評論家の評価はすこぶる高く、我々業界関係者が最も信頼を置くワイン評価本「クラスマン」において、クリュッグやドンペリなるプレミアムシャンパーニュと堂々同列の評価を獲得した、どちらかというと玄人仕様のシャンパーニュの最高峰です。

     

     

    まさにムースという表現がピッタリなほどの細かい泡、際限なくわき上がり続ける力強い泡。。

     

    ピノ・ノワールの比率が高く、果実香や味の豊かさはこれ以上は望めないレベル。
    樽をしっかりと効かせた造りで、ワインに深い厚みを与えています。

     

     

    確かに他のグラン・メゾンの特級モデルに引けを取らない、最高品質のポテンシャルは間違いなく持っていました。

     

    とっても美味しかったということを、まずお伝えしておきます。

     

     

    しかし、、、今の私のシャンパーニュへの「旬」はブラン・ド・ブランのような繊細さ、エレガンス。。

     

    なんかご相談している中でうっかりしてて、セパージュや特性を良く確認もせず、ただただお勧めの物を買ってしまいましたが、これからの暑い季節に「キリッとスッキリ☆★」したいという想いがあるので、「今の私の旬」にはマリアージュしていませんでしたね。。

     

     

    例えば・・・サロンのような、、そんなシャンパンが欲しかったのです。

     

     

    しかしエグリ・ウリエが最高品質のシャンパーニュであることに間違いはなく、秋冬のゴージャスなシーンに愉しみたい、

     

    そんなアダルトなシャンパーニュでした。

     

     

     

     

    ■シエル エ ヴァンお勧めコンテンツもヨロシク

    ↓     ↓     ↓     ↓     ↓

    誕生日 ワイン

    「生まれた年と同じ収穫年のワインで誕生日に祝杯をあげる」。こんな素敵な慣習の普及が、年々広まっております。生まれ年のワインには、その人それぞれの人生の郷愁を内包しており、それは味わえば、品質とは異なる別次元の味わいを感じることができるはずです。

    シエル エ ヴァンは、誕生日プレゼントに生まれ年ワインをご提案しております。

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ