今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

  • コルシカ島総論 Vol.4

    コルシカ島総論 Vol.3 からの続き。

     

    この2つの品種の特色は、それぞれもって生まれたもののように思われます。つまり、一方はストラクチャーをもたらし、もう一方は優美さをもたらす。この2つは、グルナッシュ、シラー、ムールヴェードルなどの島の品種ではないものと補い合って、面白くしかも、良い物になる可能性があります。
    ですが、島のいくつかの地域では、この補完性は追求されていません。実際、南西部にはスキアカレッロが植えられ、北部にはニエルッチオが植えられています。

     

    というのは、この島は小さいながらも、地域ごとの違いが非常にはっきりしているからです。ブドウ畑の大部分は、雲と降水の動きを妨げる高い山々を背にした、はっきりとしたミクロ・クリマを備えた沿岸違いにあり、ブドウ畑の大部分は、まだ品質の点では経験不足であり、近い将来には品質を向上させていくということを示しています。

     

    つまり、コルシカのクリュと生産者の格付けは、今なお流動的なのです。にもかかわらず、真のコルシカのスタイルの輪郭を次第に明確にしつつあるトップクラスのワインやドメーヌは、年々はっきりと姿を現してきています。それらを通じて、私は大きな可能性を秘めたこのブドウ産地の発展を、興味を持って追いかけて行きたく思います。

     

     

     

    ■シエル エ ヴァンお勧めコンテンツもヨロシク

    ↓     ↓     ↓     ↓     ↓

    結婚式 両親 プレゼント

    結婚式のクライマックスである贈呈式。この贈呈式にて、新郎新婦各々の生まれ年ワインをご両親へプレゼントされることが昨今人気を博しています。

    シエル エ ヴァンは、結婚式での両親へのプレゼントに生まれ年ワインをご提案しております。

     

  • コルシカ島総論 Vol.3

    コルシカ島総論 Vol.2 からの続き。

     

    ニエルッチオは、トスカーナ地方のサンジョヴェーゼのコルシカ版といえます。
    サンジョヴェーゼ同様、色が濃くバランスが取れ、ヴォリューム感があってタンニン構成のしっかりしたワインを出します。時には個性に乏しいという批判も受けますが、最良のテロワール(特にパトリモニオ)に恵まれた最高の生産者だけは、この品種から傑作を造り出すことができます。

     

    スキアカレッロの方は、大陸には似たものがない、非常に個性に富んだ品種です。この品種から生まれたワインは色が薄く、濃密でなく細身でスパイシーな香りがし、タンニンは非常に繊細だが、後味が長いのが特徴で、容易に見分けることができます。
    しかし残念なことに、赤の色調は弱々しいほど薄く後味は貧弱さと紙一重の上品な物になってしまうことが余りにも多いこと。

     

    いずれにしても、スキアカレッロの偉大なワインは、例えば80年代のアジャクシオのクロ・ピカトロの素晴らしい年のもの、この品種に並外れた繊細さと品格を与えています。

     

     

     

    シエル エ ヴァンお勧めコンテンツもヨロシク

    ↓     ↓     ↓     ↓     ↓

    結婚記念日のプレゼントに(お二人のまたは両親の)ワインを贈る素敵

    ご夫婦にとって特別な記念日「結婚記念日」のプレゼントに、結婚年のワインはとってもマッチします。ヴィンテージワインが語る収穫年の年号が、お二人にさまざまな想い出を回想させ、セピア色の爽やかな風を吹かせることでしょう。またお子様が、ご両親の結婚記念日にヴィンテージワインをプレゼントされる方が増えております。

    シエル エ ヴァンは、結婚記念日のプレゼントに、ヴィンテージワインをお勧め致します。

     

  • コルシカ島総論 Vol.2

    コルシカ島総論 Vol.1 からの続き。

     

    他所と同様ここでも、多くのブドウ栽培者や醸造業者は、酸味が減少することを恐れ、ブドウの最適な成熟を待たずに早く収穫してしまおうとしています。そのためワインは、ボディと、ニュアンスに富むアロマに欠ける気がします。

    試飲した白ワインの中で優れたものは、どのアぺラシオンのものであろうとも、十分に成熟したブドウから造られたものであります。ミュスカは非常に繊細でバランスが取れ、大陸の物ほど甘口ではないのです。

     

    このアぺラシオンの赤には、2つの主要な品種、ニエルッチオとスキアカレッロがありますが、この2つのスタイルは非常に異なっています。両方とも貧弱なテロワールによってもたらされたものにせよ、人間の放任主義によってもたらされたものにせよ、いずれにしても凡庸さからはかけ離れています。

     

    続く。

     

     

     

    ■シエル エ ヴァンお勧めコンテンツもヨロシク

    ↓     ↓     ↓     ↓     ↓

    誕生日プレゼントに生まれ年ワイン

    「生まれた年と同じ収穫年のワインで誕生日に祝杯をあげる」。こんな素敵な慣習の普及が、年々広まっております。生まれ年のワインには、その人それぞれの人生の郷愁を内包しており、それは味わえば、品質とは異なる別次元の味わいを感じることができるはずです。

    シエル エ ヴァンは、誕生日プレゼントに生まれ年ワインをご提案しております。

     

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ