今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

  • フランソワ・ランプの2008は過去最高の出来?!

    いや~~、昨夜は久々に愉しいディナーを堪能できました。

     

     

     

    豪華フレンチディナーに、お気に入りのワインのフルコースをいただきました。

     

     

    まずは食前酒に、ドメーヌ・クリューのアルザス・ゲヴュルツトラミネール。高貴でリッチな甘口の白ワイン。そして次は、私が尊敬の念を送るとともに愛してやまないコート・シャロネーズのACジヴリの天才ドメーヌ「フランソワ・ランプ」のシャルドネ、「プティ・マロル・プルミエクリュ」、そしてメインディッシュに合わせた赤ワインは、同じくフランソワ・ランプのプティ・マロル・プルミエのピノ・ノワール。。

     

    あぁ~~、思い出しただけでウットリしてしまいます。

    メインディッシュの但馬牛も最高でしたが・・・やはり何といってもワインラヴァーの私。

    フランソワ・ランプのピノの完成度の高さにいつもながら脱帽。

     

    今まで、2007のプティ・マロルが最高だと思っていましたが、今回2008を飲んで記録更新です。

    はっきりいってこの2008は、今まで最高だと認識していた2007を明確に上回った仕上がりです。

     

    「よくぞここまでのワインをこのプライスで・・・」

     

    とまたまたフランソワ・ランプの匠の技に感動をした一日になりました。

     

     

     

    ヴィンテージワイン専門店 – シエル エ ヴァンもよろしく☆

     

  • ボルドー赤の主役はやはりCS。収穫まであと少し。。

    ボルドー地方において、2010年の収穫が解禁された様です。

    ボルドーの赤といえば、カベルネ・ソーヴィニヨン種とメルロ種が二大主要品種なわけですが、当然ながらより早熟なメルロが先行して収穫されます。

    ですので、メルロの主アぺラシオンとなるボルドー右岸のサン・テミリオンが先陣を切るのが通例ですが、今年も例にもれずサン・テミリオンから収穫がスタートしました。

     

    ———————————————————————————–

    ———————————————————————————–

     

    2005年以上に高値をつけそうな2009年の再来を期待とか書かれてますが・・・。
    あまりあおりまくって値段がつりあがらないことを切に切に願います。

     

    まぁ、世界的に人気のあるボルドーワインの殆どは、一部のポムロールを除くと左岸のメドック格付けに集中されるので、まだ収穫まで数週間あるカベルネ・ソーヴィニヨンの生育が焦点になりますが、結果は如何様になるのか??

     

    私的には、2007年くらいの出来がベストだと思っています。
    そう、特段偉大な出来っていうのは取引価格が吊り上がるだけで、そんなヴィンテージが連続して続くのも消費者としては決して喜ばしいことではないのです。
    メドック格付けのようなしっかりした技術があるのなら、スタンダード・ヴィンテージで十分なのです。

     

     

     

    ヴィンテージワイン専門店 – シエル エ ヴァンもよろしく☆

     

  • いらぬことを・・・為替介入反対!

    菅さんが代表選に勝利しましたね。。

    まぁ、政治的なお話をしだすと侃々諤々収まりがつきませんので、それはパスするとして、日銀と政府がやってくれましたね「為替介入」。

     

    お陰で、せっかく1ユーロ106円台(中値で)をつけていた為替が、現在は112円台。

    もちろん日本経済全体をみると、円安の方が良いのでしょうが、やはりフランスワインの輸入販売で生計を立てる身としては円高歓迎、大歓迎なのです。。

     

    まぁ、とはいえ、

    おそらくトレンドはまだまだ円高基調にあると考えており、他の主要各国も自国通貨安を依然容認しているので、完全な日本単独の行動。

    当日にはアメリカさんは思いっきり今回の為替介入に否定的な声明を発表してましたし、過去の経緯から見ても逆にリスクを高めたんじゃないかなと見てます。

    そう、過熱気味な円高にちょうど良い冷や水を差したことにより、逆に円高が長期的に進むんじゃないかと見ているわけです。

     

    アメリカやヨーロッパ、また中国なども自国通貨安を願っている状況において、日本の単独介入が鮮明になると、これに向かってくるファンド筋も出てくるでしょうし。

     

    いずれにしても、円高がもっと進んで欲しい。

    1ユーロ100円くらいで安定してくれれば、、、高級ワインをストックする絶好のチャンスになるのだが・・・。

    5大シャトーやポムロール傑作の、オールドヴィンテージワインを可能な限り安く抑えたいと切に願っているわけでございます・・・。

     

     

     

    ヴィンテージワイン専門店 – シエル エ ヴァンもよろしく☆

     

  • ボルドーの「クリュ・ブルジョワ」の見直し間近

    ボルドー地方の中心といえる、メドック地区。

     

    メドック地区といえば、1855年のパリ万博で行われたメドック格付け1~5級の「グラン・クリュ・クラッセ」が有名ですが、あれから150年以上が経った今、当時は格付けにふさわしくなくとも現在は偉大なシャトーになっている、あるいは当時は存在もしていなかった新鋭のシャトーが、素晴らしい品質のワインを産出するようになっているということは当然有り得ること。

     

    そういった、「1855年格付け漏れ」となったシャトーたちに対するもう一つのメドック格付けが「クリュ・ブルジョワ」(日本語ではブルジョワ級)です。
    教科書的には、クリュ・クラッセの格下に序列されていることになりますが、現実はそう単純ではありません。今やクリュ・ブルジョワにも、クリュ・クラッセを上回る品質を誇るワインは存在するのです。
    有名なソシ・アンドマレなんかはその筆頭でしょう。その分取引価格もしっかり高いですが。。

     

    このクリュ・ブルジョワの格付け見直しが、今月23日に発表されます。

    個人的には、定期的に見直しが行われ、しかもより近年の品質基準を基に評価が下されるクリュ・ブルジョワの方が、クリュ・クラッセより信頼性は高いと思っています。

    何せクリュ・クラッセは、一部の例外(1973年のムートン昇格)を除いては不変であり、いくら残念なワインを造り続けていても2級は2級、3級は3級と、半永久的に変わることはないのですから。。

     

    さて、今回の改定でどのような動きがあるのか、、、とっても楽しみでワクワクします。

    特にニューヒーローの誕生を期待しています。

     

     

     

    ヴィンテージワイン専門店 – シエル エ ヴァンもよろしく☆

     

  • 生まれ年ワインを買う前に

    最近、インターネットの検索キーワード調査を行うと、一つの兆候が見えてきます。

     

    それは「生まれ年 ワイン」や「誕生年 ワイン」というキーワードのニーズが、年々高まっているということ。そして、そのニーズに対応するべく多くのワインショップが、ヴィンテージワインの取り扱いを始めてきたということ。。

     

    これは、大切な方の生まれ年と同じヴィンテージのワインを、プレゼントしようというニーズなわけですが・・・ヴィンテージワイン専門店として運営している当店にとっては、余りよろしくない状況です。

     

     

    ヴィンテージワインをプレゼントに贈るというニーズの高まり自体は、喜ばしいことなのですが、ニーズが高まればそこに続々と競合他社が参入してくるのは必至。

    まぁ、自由競争なので、他店の参入自体をどうのこうのいうつもりはありませんが、当店は「飲み頃」の、「真のポテンシャルを発揮している」、美味しいオールドヴィンテージワインを多くの皆様に愉しんでいただきたいというのを本来のミッションとして運営しています。

     

     

    さて、ヴィンテージワインの正しい定義は、シーンによって多少意味合いが違ってきますが、「古い年代物のワイン」という捉え方が一般的でしょう。
    ではなぜ、古い年代物のワインが高級ワインとして重宝されるのでしょうか?

     

    そこには、「熟成」というキーワードがポイントになってきます。

     

    実はワインは、古いからといって美味しいわけではありません。
    古くなればなるほどワインのエキスは弱くなります。

    そしてヴィンテージワイン最大の問題は、品質劣化のリスクが非常に高いということです。

     

    ではなぜ、ヴィンテージワインは世界中の愛好家や富裕層から、贅沢品の代名詞のように注目されるのでしょう。 

    それは、偉大なワイン(巨大なポテンシャルを秘めた高級ワイン)は、それ相応の熟成期間を経なければ本来の風味(飲み頃)が味わえないからです。
    特にクラシックスタイルのフランス産銘醸ワインの代表格、ボルドー格付けワインなどは、長期熟成してこそ実力を現すワインが殆どです。

     

    10年経って「やっと飲める」、20~30年で「飲み頃ど真ん中」、格付けワインの中でも、特に1級シャトーやスーパーセカンド、3~5級に序列される物でも一部の偉大な傑作は、それこそ半世紀以上も熟成を続けます。

    (ちなみに「熟成」とは、単にボトルの中で耐える力ではなく、より美味しく、より複雑に、より深遠になっていくことと定義しています。)

    更に、グッドヴィンテージの一流ワイナリーの逸品となると、それこそ世紀をまたいで100年以上も熟成する力を持っています。

     

    このような事由が、古ければ古いほどワインは美味しいという誤解を生んでいますが、正しくはそれなりの高級ワインに関しては、そのポテンシャルに見合った熟成期間を経て「飲み頃」となった時が一番美味しいということです。 

     

     

    では並級品のワインはというと、事情は大きく変わってきます。
    単純に価格だけでワインの品質を判断することができませんが、それでも品質を計る一つの物差しとして、価格はそれなりに信頼のおける基準です。

    例えば、リリースから数年の時期に、2000~3000円代のワインはせいぜい10年以内が熟成のピークです。ましてや1000円代のワインなどは、リリース直後が最もそのワインを美味しく飲める時で、10年以上も経つと完全に終わっています。

    スカスカで香りも風味も貧弱、最悪なら酸化していて酸っぱくなっていることも珍しくありません。

     

    しかしワインの不思議、どのような価格レンジのワインであっても年々個体数は減少するので、基本的に古くなればなるほど価格は上昇します。

    もう飲めないような酸っぱいワインであっても、美味しく飲めた若い時期より、30年、40年と古くなった方が値段は上がるのです。

     

    昨今、生まれ年ワインのニーズ増に対し、とにかく「年代物のワインを安く売り出せば儲かる」的な発想のワインショップが、例えば20~30年物のワインを4000~5000円で売り出しているのを見かけますが、私たちオールドヴィンテージワインの専門家からいえば、まず間違いなく終わったワインであるといえます。

     

    これらは、リリース時の価格は2000円前後のワインだということは容易に想像でき、その程度のワインは早飲みタイプなのでここまで古くなると間違いなく美味しくないのです。

     

    しかし、それでも市場は「低価格」に反応します。

    特に楽天ショップなどは、価格競争が激しいので酷いのですが、1970年代のスペインワインが2000~3000円とか・・・もう有り得ないですよね。

     

    そう、私が何を懸念しているかというと、こういった熟成させる価値のない、並級品ワインの既に終わったスカスカワインを安値で仕入れ、それを至高のヴィンテージワインとしてお客様へドンドン紹介されることに恐怖を感じるのです。

     

    そんなワインを飲まれたお客様は、「何だ、ヴィンテージワインって全然美味しくないじゃないか?」、「結局、若いワインの方が美味しい」と、このような誤解をされるお客様が増えることを懸念しているのです。

     

    はっきりいって、30年物以上の古いワインで、5000~6000円以下のワインは手を出さない方が賢明です。

    品質的に弱っている可能性がとても大きいからです。

     

    消費者の皆様からすれば、どうしても安い価格というのは魅力的でしょうが、せっかく特別なプレゼントとしてお送りするワインが、美味しくない、あるいは酸化していて飲むことすらできないじゃ最悪すぎますよね。

     

     

    価格はやっぱり正直です。

    生まれ年ワイン、誕生年ワインということは、イコール若くても20年熟成なわけですから、それなりのワインでないと品質劣化は必至です。

    それなりの品質ということは、若い時分でも4000~5000円以上はするレベルです。

     

    そしてこれらが20年も30年も40年も熟成するわけですから、価格はそれなりに高くなります。

    最低でも7000~8000円以上の価格レンジでお買物を考えないと、それこそ「安物買いの銭失い」になってしまいますので注意が必要です。

     

     

     

    ヴィンテージワイン専門店 – シエル エ ヴァンもよろしく☆

     

  • 8月のビール類出荷量が過去最低・・・。

    なんとまぁ・・・

     

    これだけの猛暑だったというのに(未だに暑いですが)、夏本番8月のビール類(発泡酒、第3のビール含む)の出荷量が過去最低とのこと。。

     

    若者のお酒ばなれ、それとも不景気の影響??

     

    原因は定かではありませんが、我が国最大消費量を誇るアルコール飲料の王「ビール類」が、これだけの猛暑にもかかわらず販売が振るわっていないなんて・・・。

    直接ワインとはリンクしませんが、お酒ばなれや、特に不景気の影響はビール類はもとより、他のアルコール飲料と比べもろに影響を被るのが我が愛すべきワイン。。

     

    何か未だに政局は不透明だし・・・本当に政治家は国民生活のことを考えているのかなぁと、いいたくもないオヤジ愚痴も出てしまいます。

     

    人の意識は環境によって大きく変化します。

    こういうと乱暴ですが、好景気の雰囲気に包まれれば、間違いなくワイン、特に高級ワインはバンバン売れるんですけどね。。

     

     

     

    ヴィンテージワイン専門店 – シエル エ ヴァンもよろしく☆

     

  • 円高歓迎!でもユーロベースで値段は高騰。。

    ご存じのとおり、世界通貨の中で我が「円」が独歩高です。

     

    普通に考えれば、自国の通貨が高くなるということは、他国通貨と比較して価値が上がるわけですので良いこと。

    しかし日本の現状を見て、経済的に強い状態であるかどうかは一目瞭然です。

    決して景気が良いから、経済が強いから円が買われているわけではありません。

     

    各国の経済状況を見据えた政治的な国益を考え、他の主要通貨を持つ国々が、自国の通貨安を望んでいるというだけで円が買われています。

    また経済状況や需給などファンダメンタルズなんてどうてもいい、自分が儲かれば良いというFXジャンキーが、今の円高をつくっているともいえます。

     

     

    まぁ、要因はともあれ、これだけ円高が進むとフランス産高級ワインが安く入手できるんじゃないの?

    と一般の方は思われるでしょうが、そう上手くは行きません。

     

    別段、名声が無いワインや、フランス産以外の高級ワインなどは随分と安く買えるのは事実ですが、フランスの世界的に有名とされるグラン・ヴァンなどは、ユーロベースでドンドン値上がりしており、円高分でコスト安となった分かそれ以上に高くなるという事態となっているのです。

    結局、スーパータスカンだのカリフォリニアのカルトワインだの騒いでも、ワインマニアでもない限り、あえてそこにお金はつぎ込まないんですね、、、そんなお金があるならボルドーやブルゴーニュのファインワインをってことですね。。

     

     

    原因は中国を筆頭に、アジア新興国の経済発展によるニューリッチの大幅増加。

    彼らが巨万の富にものを言わせ、いくらでも良いからラフィットが欲しい、マルゴーが欲しい、ムートンが欲しとボンボン買うものだから、フランスの銘醸ワインなんて値段まったく下がりません。

     

     

    はぁ~~~、高すぎますね。

    グラン・ヴァンは。。

     

     

     

    ヴィンテージワイン専門店 – シエル エ ヴァンもよろしく☆

     

  • フランスの気温が凄いことになっているらしい

    もう9月だというのに今日も暑い。。

    大阪は最高気温が36℃と猛暑日よりで、、、暑すぎますね。

     

    まぁ、朝晩は多少涼しさを感じるようにはなってきましたが、それでも日中は真夏と何ら変わりはありませんよね。

     

     

    と、まだまだ暑い日本ですが、フランスは大変なことになっているらしいのです。

    提携のクルティエに聞いたのですが、何とここ最近は気温10℃チョットと・・・この時期では有り得ないほど寒い。

     

    「えっ、今年フランスはそんなに涼しかったの?」

    と聞くと答えは

    「ノン」

     

    つい最近まではめちゃくちゃ熱く、当然ながら気温は30℃超えだったと。

    それがなぜか急激に寒くなったらしいのです。

     

     

    だよね・・・フランス食品振興会の今年のフランス各ワイン産地のブドウ生育状況は、非常に良好と発表されてましたもの。

     

    しかしこの急激な寒波で、どう影響が出るのでしょうか??

    まぁ、久しくバッド・ヴィンテージといえるほど残念なヴィンテージがなかったので、ここらでバッド・ヴィンテージがあっても良いかも。。

     

    若い内に飲むのなら十分美味しくいただけますし、何といってもプライスがグンっと下がるので、加熱しているフランス高級ワインの価格を少し冷やす効果があるかも知れません。

     

    日本はこんなに不景気なのに、フランスの銘醸ワインのセールスはとても順調で、ユーロベースではドンドン値上がりしていますから。。

     

     

     

    ヴィンテージワイン専門店 – シエル エ ヴァンもよろしく☆

     

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ