今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

  • すぐに使えるワインのウンチク – デキャンタ編

    ワインには、その原料となるブドウの生育評価を示す「ヴィンテージチャート」なるものがあります。

     

    ・グッドヴィンテージ

    ・バッドヴィンテージ

    等々。

     

    良好なヴィンテージのことをグッドヴィンテージといいますが、原則グッドヴィンテージはおしなべて「長熟型」だといえます。

    もちろん造り手やキュヴェによってマチマチですが、並級品以上のワインなら、グッドヴィンテージのブルゴーニュなら7~8年、ボルドーなら15年ほど寝かせておくと、熟成して本来のポテンシャルを発揮した素晴らしい状態になります。

    グラン・ヴァンなど高級ワインのグッドヴィンテージなどは、最低でも20年は寝かせたいところです。

     

     

    しかし、収穫年から5年以内の若いワイン(特にグッドヴィンテージの物)を抜栓後すぐに飲むと、渋かったり酸っぱかったりと、まるで青くて硬いトマトのようで、余り美味しくありません。

     

    従って、本来ならワインが熟成するまで10年、20年と寝かせておくのが理想ですが、実際はそうはいきません。

     

    ワインは非常に繊細な飲み物であるため、温度が25℃以上の環境に長期間保管されると劣化してしまいます。

    かといって冷蔵庫に入れたりすると、低温すぎて熟成が進みません。

    結局、自宅に専用のワインセラーがないと長期保存は難しい・・・。

     

     

    ではどうしたらまだ若い、味の硬いワインを開かせられるのか?

    一番手っ取り早く、しかも有効な方法が「デキャンタージュ」です。

     

    デキャンタージュとは、ワインをデキャンタといわれる容器に移すことを指します。

    これを行うコツは、ゆっくりと、なるべくワインを空気に触れさせるように丁寧に注ぐこと。

    そうすることによって固いワインも次第にほぐれ、酸味・渋味の中から甘味がそっと顔を出し、芳醇な香りが立ちあがってきます。

     

     

    ただし、気をつけなくてはいけないのは、「バッドヴィンテージ」のワイン。

    グッドヴィンテージとは逆に、不作年のワインは、デキャンタすると逆に味と香りが壊れてしまう場合があるのです。

     

     

    デキャンタージュとはまさにワインを花開かせる魔法の技ですが、構成の弱いブドウから造られたワインの場合は、一気に味を壊してしまう恐れもある、「もろ刃の剣」ともいえるもの。

    最初の1杯はグラスで飲んでから、デキャンタを使うかどうか判断しましょう。

     

     

     

    ヴィンテージワイン専門店 – シエル エ ヴァンもよろしく☆

     

  • すぐに使えるワインのウンチク Vol.01-2

    同テーマの続編です。

     

    シャンパーニュのあの繊細で細かな泡を生み出すポイントが「瓶内2次発酵」です。

    シャンパーニュを語るとき、この瓶内2次発酵を知っていれば、かなり通ブレますのでぜひ覚えておいてください。

     

    これは簡単にいうと、通常のワイン同様ステンレスタンクなどで発酵させた後、オリ落としをせず瓶詰めし、そのまま瓶の中でも発酵させるというものです。

    当然発酵中にはガスが発生しますが、逃げ場のないガスは長期間瓶の中で熟成を続けるうちに、液体に深く溶け込みます。(大げさにいうと液体とガスが同化します)。

     

    これにより、出来上がった飲料にガスを注入したものとはもちろん、タンク内で発酵させガスと混ぜ合わせたものとはレベルが違う、まるでムースのようなキメ細かい、息の長い繊細な泡が生まれるのです。

     

     

    この方法を発明したのは、高級シャンパーニュの代名詞にもなっているドン・ペリニヨン氏。盲目の修道僧としても有名です。

     

    1668年のある日、オーヴィレール修道院で倉庫番をしたいたドン・ペリニヨン氏が、偶然にも倉庫のワインが発砲していることに気づいたのがキッカケといわれています。

     

     

    シャンパーニュの場合、複数の畑で収穫されたブドウを使い、しかもヴィンテージの異なるワインをブレンドするのが普通です。

    その為、スタンダードキュヴェの物には、村名、畑名、ヴィンテージ、格付けは表記されません。

    ですので、基本的には生産者がシャンパーニュの品質基準になります。

     

    ただし、各メゾンのプレスティージュ・キュヴェといわれる上級モデルは、例外的に優れた収穫年のブドウだけを原料に造られ、「ヴィンテージ・シャンパーニュ」としてリリースされます。

     

     

     

    ヴィンテージワイン専門店 – シエル エ ヴァンもよろしく☆

     

  • すぐに使えるワインのウンチク Vol.01

    日々、カスタマー業務をやっていますと、ご注文と同時に色々なご質問を頂戴する機会が増えてきました。

    もちろん当店では、ワインのことならどのようなご質問でも承りますので大歓迎です。

     

    しかし、我々のように仕事としてワインと向き合っていない愛好家様の場合、ワインは大好きだけど知識を詰め込むのはやはり中々大変なようです。

     

    まぁ、これはよく考えてみれば当たり前のことで、私もワイン以外の他業種のことなんて知識もありませんし、誰でもそうでしょうけど、毎日、目の前の仕事や生活に追われ、現役を引退でもしない限り趣味趣向に時間の投資をする余裕なんてそうは取れませんよね。

     

     

    というわけで、少しでも皆様のお役に立てればとの思いから、私のブログに新しいカテゴリを追加しました。

    題して「すぐに使えるワインのウンチク」。

     

     

    インターネットの情報は、いいかげんだったり、他サイトのコピペだったりといったものが多いのですが、責任を持って正しい情報をオリジナルで配信いたしますので、レストランやお仲間とのワイン談義にぜひご活用くださいませ。

     

     

    さて、記念すべき第1回目は、「夏の黄昏にシャンパーニュを」。。

     

    ご結婚披露宴など様々なパーティーで定番の飲み物といえばシャンパンですよね。

    輝く黄金の中に立ち上がる小さな泡がとても美しく、爽やかな喉ごしともあいまって、特にこの季節には人気の高い飲み物の一つです。

     

     

    誤解されやすいのが、「発泡性ワイン(スパークリングワイン)=シャンパン(シャンパーニュ)」というもの。

    スパークリングワインとは、発泡性ワインの総称であり、その中で特に代表的で最も知名度が高いのがシャンパン(シャンパーニュ※以下シャンパーニュで表現)なのです。

     

    シャンパーニュはその名のとおり、フランス北東部に位置するシャンパーニュ地方の限定された区画で栽培された特定のブドウ品種を原料とし、規定の製法で生産された発泡性ワインだけがシャンパーニュと名乗ることができます。

    ということは、例えブドウ品種、同じ製法(シャンパーニュ製法)で造られた発泡性ワインでも、他地区で造られたものはシャンパーニュとは名乗れません。

     

    ちなみに、同じフランスでもシャンパーニュ地方以外で造られるスパークリングワインはいくらかあり、「クレマン」、「ヴァン・ムスー」、「ペティヤン」などがあります。

    他国ならスペインの「カヴァ」、イタリアの「スプマンテ」が有名ですね。

     

     

    さて、シャンパーニュの規定に定められている使用ブドウは黒ブドウの「ピノ・ノワール」、「ピノ・ムニエ」と、白ブドウの「シャルドネ」です。

    どのブドウをどのようなセパージュで用いるかは生産者によって異なりますが、シャルドネ100%で造られるキュヴェは「ブラン・ド・ブラン」と呼ばれ、一般的に高級辛口シャンパーニュの代名詞となっており、各メゾンのプレスティージュ・キュヴェに位置します。

     

    ものすごく大雑把に大別しますと、ブラン・ド・ブランは切れ味鋭いシャープで洗練されたエレガントな飲み口。対し、ピノ・ノワールの比率が高い物は、辛口シャンパーニュの鋭い切れ味を土台としながらも、コクや厚みが感じられます。

     

     

    そしてシャンパーニュ製法の最大の特徴が瓶内二次発酵です。

     

    シャンパーニュの最大の特徴は誰もが知るあの繊細な泡でしょう。

     

    例えば、他の炭酸飲料である「ビール」、「炭酸ジュース」と比較したら、人の目で見てもはっきりと違いがわかるほど泡の細かさに次元の違いがあります。

    シャンパーニュの、あの他にはないムースのような繊細な泡を実現する製法が、瓶内二次発酵なのです。

     

     

    次回に続く

     

     

     

    ヴィンテージワイン専門店 – シエル エ ヴァンもよろしく☆

     

  • ニッポンのワイン

    ワインの本場といえば、フランスを筆頭にヨーロッパとなりますが、意外や意外、データ的に見ると、日本人が消費する実に3割強は国産ワイン、つまり日本産ワインなのです。

    体感的にはにわかに信じられませんが。。

     

    というわけで、今回は日本のワイン史についてご紹介したいと思います。

     

     

    日本のワイン生産は文明開化とともに始まったらしく、明治7年にはブドウの名産地だった山梨県甲府市で国産ワイン第一号が生まれたようです。

    その3年後には山梨県の県令で、日本発のワイナリー「大日本山梨葡萄酒会社」が創立しました。

    こちらの会社では当初、研修としてフランスへ社員を送るなどして本格的なワイン生産に挑みましたが、勃興期はことごとく失敗してしまいます。

    最大の課題は、日本人の味覚でした。

     

    当時の日本人は日本酒も甘口志向が強く、現在の辛口志向とは対極の状態だったのです。

    加えてワインの酸味と渋みが、昔の純和食に近い料理には合わなかったことも問題でした。

     

    国産ワインの最初のヒット商品が生まれたのは明治14年。

    「蜂ブドー酒」です。

     

    これは本格的なワインとは異なり、砂糖やアルコールを添加した日本人好みの「甘口ワイン」でした。

    さらにこの蜂ブドー酒の次に登場した2つの甘口ワインが、国産ワインの大きなムーブメントを作ります。

    そのひとつが、明治40年に誕生し、日本中を席巻した「赤玉ポートワイン」です。

    これはサントリーが開発したワインで、新聞広告を活用し、女優のセミヌードをポスターに使うなど当時としては先鋭的な広告戦略と、健康に良いという宣伝文句で売り上げを伸ばしました。

    ※予断ですが、つい最近私の父が、赤玉ポートワインを「健康に良いから飲みなさい」と贈ってきてくれました。やはり昔の人は、滋養強壮に効果があると未だに信じているようです。。

     

    この赤玉ポートワインは一時、市場の60%を占めるほどまでにシェアを伸ばしたのです。

     

    そしてサントリーは、昭和11年に「山梨ワイナリー」を設立し、国産ワイン造りに本腰を入れ始めたのです。

     

     

    もうひとつの注目すべき甘味ワインは、赤玉ポートワインに次ぐ大ヒット商品となった「大黒葡萄酒」です。

    このワインの製造元、甲斐産商店は、かつてフランスへの研修を行った大日本山梨葡萄酒会社の経営者一族によって設立されました。

     

    彼らは甘味ワインだけでなく、山梨原産の葡萄にこだわったフランスの伝統的なワイン造りに堅実にチャレンジし続け、後に商号をオーシャンを改めます。

    このオーシャンが、数社と合併して誕生したのがメルシャンなわけです。

     

    現在、国産ワインのシェア1位であるメルシャンは、日本における本格的なワイン造りを継承してきたリーディングカンパニーといえるのです。

     

     

     

    ヴィンテージワイン専門店 – シエル エ ヴァンもよろしく☆

     

  • こんなサービスを待っていました。

    どのインポーターも、どのワインショップも、自社のワインはリーファー輸送&定温倉庫保管だとアピールしますが、業界人として現場の実態を知る私からいいますと、残念ながら「言った者勝ち」というのが実情です。

     

    ここには大手とか小規模とかはまったく評価基準になりません。

    私は大手インポーター数社において、リーファー輸送といいながら常温で輸送し、常温倉庫で裏ラベルをペタペタ貼っている事実を知っているからです。

     

    でもこのシステムがあれば、もうこのような不正を行うことは出来ません。

     

    ————————————————————————————————

     

    こんな便利なシステムを多くの愛好家様は待っていたのではないでしょうか?

     

    結局のところ、リーファーか常温か、それとも空輸かなどを公式にチェックする機関など存在せず、100%当事者がコントロールできるわけですので、不正が起きない方が不思議なワケです。

    はっきりいって、当たり前のようにゴマカシが行われています。 

     

     

    意外と思われるかもしれませんが、小規模インポーターの方が社長のワインに対する思い入れが強かったりして、まじめにリーファー輸送を採用している確率が高かったりします。

     

     

    たまにワイン雑誌などで見かける、優良インポーターベスト5やらベスト10やら。

    信憑性は0%と断言します。

     

    あれはスポンサーとして広告費を払えば、優良インポーターとして掲載してくれるわけですから。

    紹介される原稿も、インポーター側が書き上げ、それを何の調査もせずただただ載せるという、何のことはない単なる広告です。

     

     

    また、例えまじめにリーファーに努めていても、途中で電源を切られたり、通関待ちの保管中に常温で長い間放置されたりと・・・懸念材料はつきません。

     

     

    並級品ならともかく、わずか1ボトル2ユーロのコストでモニターできるのであれば、高級ワインなら安いものでしょう。

     

     

    将来的には、小売価格で1本5000円を超えるようなワインについては、このようなシステムが義務化されれば良いのだと個人的に願ってやみません。

     

     

     

    ヴィンテージワイン専門店 – シエル エ ヴァンもよろしく☆

     

  • フランス人にとってもワインは特別な飲み物

    さて、人それぞれ色々ご意見はあるでしょうが、独断を抜きに考えれば「ワインはフランス」、「フランスワインこそワインの王道」という考え方は、紛れも無く正しい考え方でしょう。

     

    しかし当のフランスでは、実はワイン離れが加速しており、フランスワインはフランス人が飲むための物ではなく、外国の富裕層のための飲み物にどんどんシフトしているようです。

     

     

    フランス食品振興会のデータでは、30年前までは多くのフランス人は晩酌として毎日ワインを嗜んでいましたが、昨今は何とその20%の5人に一人という激減ぶり。

    もっとショッキングなのは、「ワインをまったく飲まない」という人が男性で28%、女性では約半数の47%ということです。

     

    そして64%の人が、普段は飲まないが、パーティーや自宅にお客様を招いたときにはワインを出す。さらにワインは難しく、選び方がわからないという人が71%と、、、これじゃまるで日本と同じじゃないかと思わんばかりの調査結果が発表されました。

     

     

    一流どころのボルドーワインやブルゴーニュワインなどは、常に需要が供給を勝り、年々取引価格は上昇しますが、結局これらは世界中の富裕層の消費に対応するべく造られており、特にアジアを中心とする新興国のニューリッチの爆発的な増加がこれからも継続的に続く以上、グラン・ヴァンなど偉大なワインは、もはや彼らのためだけのワインといえるような時代が到来しそうで・・・心配です。

     

     

    すでに成熟したマーケットより、今まではワインを飲むことの無かった未成熟のマーケットに対し、販路を見出すのは正しいビジネス理論なのでしょうが、今まで日常的に消費を続けてきた愛好家を無視し、金払いが良く消費欲の強いことばかりに目を奪われ、どんどん価格を吊り上げてしまう最近の生産者やネゴシアンのやり方では、普通の経済力の人は付いて行けません。

     

     

    ご存知の方も多いでしょうが、2009年のブドウの出来を過去最高と吹聴し、その取引価格もどうやら過去最高を更新しそうな勢いであるボルドー&ブルゴーニュですが、こんなことをいつまでも続けていたら、ワインはそれこそ美術品や芸術作品のような属性を持つ、贅沢品のシンボルとなり、もう一般人が飲むことのできない領域へ昇天するような気がしてやみません。

     

     

     

    ヴィンテージワイン専門店 – シエル エ ヴァンもよろしく☆

     

  • いいボルドー古酒が2種と、カロンの2007が入荷したのに・・・

    今日は前々からオーダーしていた、ボルドー・クリュ・ブルジョワのオールドヴィンテージ、1971年と1973年という、なかなか個体が見つからないワインが入荷しました。

     

    このワイン、リコルクにリラベルと、外観の綺麗さは完璧です。

    まるで現行ヴィンテージのようです。

     

    オールドヴィンテージワイン独特の退廃美はありませんが、それをお好みで無い方には最適だと思います。

     

     

    また、メドックはサン・テステフの超人気ワイン、シャトー・カロン・セギュールの2007も入荷しました。

     

    ハートのラベルと、ほんのりチョコのニュアンスを感じるテイストから、バレンタインご用達の人気ワインとなっていますが、そもそもハートラベルはどんなシーンにもピッタリなので、プレゼントとして見るなら、もしかするとボルドーワインの中でもナンバー1 のワインかも知れません。

     

     

    にもかかわらず、ホームページにアップできません。。

     

    さぁ、撮影しようと思ったら、なっ何とつい最近買い換えたデジカメが壊れている。。

     

    目の前に新入荷ワインがあるのに、撮影できないこのもどかしさ。

     

     

    イライラしてもしょうがないので、明日メーカーのサービスセンターに直接駆け込みます。

     

    ヨドバシカメラで買ったのですが、そっちに持っていくと修理して手元に戻るのがお盆あけとか・・・。

    「いやっ、それは無理です!!」

     

    っていったら、直接メーカーに持っていったら1時間くらいで修理してくれますとのこと。

     

    明日、朝一で大阪の本町まで行ってきます。。

     

     

    「暑い中、御堂筋線に乗るのが嫌ですが。。」

     

     

     

    ヴィンテージワイン専門店 – シエル エ ヴァンもよろしく☆

     

  • DRCとポムロール…期待しないほうがウソですよね。

    実は今月、シエル・エ・ヴァンがレアワインやオールドヴィンテージワインの入手でお世話になっているクルティエが、フランスから来日されます。

     

    いつも打ち合わせは長くなるので、国際電話だと高くつくのでスカイプを利用するのですが、実は今日の打つ合わせの中、今月末位に日本へ来日されると。。

     

    そしていつものように日本でワインをご一緒しようというお話になるのですが、今日のスカイプで、

     

    「DRCとポムロールを持っていきますよ☆★」

    とサラリ。。

     

     

    「きたぁ~~♪♪」ですよね。。

     

     

     

    ワイン愛好家なら誰しも憧れと尊敬の念を持つ「ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ」の逸品と、プレスティージュボルドーの典型AOC「ポムロール」です。

     

     

    う~~ん、DRCといっても、いくらなんでもロマネ・コンティは無いとして・・・エシェゾー?

    それともロマネ・サンヴィヴァン?はたまたリシュブール??

     

    ポムロールってまさかペトリュス!??

    いやいや、レヴァンジル?それともレグリーズ・クリネ??

     

     

    いずれにしても、愛好家を唸らせるワインであることには間違いないと、マックス期待をしております。

     

     

    こんな仕事をしていても、さすがにこのクラスのワインなんて滅多に飲めません。

     

    その方に直接「銘柄は?」とは聞けませんでしたが、今まで結構いいワインを飲ませてもらっているので楽しみです。

     

     

    また写真やテイスティングはアップしますので、乞うご期待くださいませ。

     

     

     

    価値あるワインの通販サイト – シエル エ ヴァンもよろしく☆

     

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ