今日もワインを飲んでます そして思いついたことを書きつづる

  • エラスリスですが。。

    さて、このブログで何度もお知らせしておりました、チリのプレミアム・ワイナリー

    「ヴィーニャ・エラスリス」のエラスリス・カイ2007。

     

    入荷を予定しておりましたが、、例の読売ニュースの影響でしょうね、

    既にワイナリーでも品切れで、もう現行ヴィンテージは次の2008年に移行してしまいました。。

    (チリワインで今までこんなことって無かったのに・・・)

     

     

    さすがに世界規模のコンテストで優勝すると、勢いが違いますね。

     

     

    ってことで残念ながら、エラスリス・カイの入荷は当面先送りとなってしまいました。ごめんなさい。

    期待されていたお客様には深くお詫び申し上げます。

     

     

    しかし、しかしですよ、このエラスリスのワインは、「カイ」だけではありません。

    今回の読売記事では、たまたまカイが1位になった記事が掲載されたので、カイばかりが注目を集めましたが、この同じコンテストで4位に入賞した

    「ドン・マキシミアーノ・ファウンダーズ・リザーヴ」

     

    そして間にラフィットを挟んで6位に入賞した

    「シラーズ・ラ・クンブレ」

     

    上記2種を見逃してはなりません。(しかもどちらもカイより安い♪)

     

     

    特にドン・マキシミアーノ・ファウンダーズ・リザーヴに関しては、記事になったニューヨークのコンテストでは4位とカイに後れを取りましたが、前回のストックホルムではカイを抑えて1位、ロンドンで4位、ベルリンではまたカイよりも上位の1位と、カイとともに世界最高峰のワインたちで競うコンテストで何回も1位を獲得しているワインで、まったくカイに引けを取っておりません。

    それでいて輸入元参考価格はカイより1300円も安い☆★

     

     

    シラーズ・ラ・クンブレは、コンテストへの参加自体、このニューヨークが初だったので過去のデータはありませんが、それでも参加ワインの顔ぶれからして、輸入元参考価格税抜き6000円ということを考えれば、ある意味カイ以上にお見事といえるかも知れません。

     

    なんせ顔ぶれがスゴイわけで

    (ニューヨーク・コンテストの顔ぶれ)

    1位 : カイ

    2位 : オーパス・ワン

    3位 : オー・ブリオン

    4位 : ドン・マキシミアーノ・ファウンダーズ・リザーヴ

    5位 : ラフィット

    6位 : シラーズ・ラ・クンブレ

    (※5大シャトーはすべて参加、またイタリアのスーパータスカンなども参加しているのです。)

     

    この顔ぶれで、何とヴィーニャ・エラスリスのワインが上位6位に3本もランクインしているのです。

     

    価格的には1/3~1/8以下のワインがですよ☆★

     

     

    ってことで、残念ながらエラスリスの「カイ」は次回2008年がリリースされた機会ということで今回は見送りますが、それとまったく引けを取らない、更にもっとお値打ちなエラスリスの2銘柄

     

    ドン・マキシミアーノ・ファウンダーズ・リザーヴ

    シラーズ・ラ・クンブレ

     

    を入荷いたします。

     

     

    当店納品は明後日(9日)になりますので、急いで当日にアップします。

     

     

    高価なグラン・ヴァンに慣れしたんだ諸氏も、グラン・ヴァンに憧れはあるが1本数万円もするワインには手が出せないというワインラヴァーも、ぜひこのウルトラ・スペシャル・コスパに優れる、超高品質ワインをお試しくださいませ。

     

    今、エラスリスは非常に注目を集めてますので、品切れペースも速いでしょうからお見逃しなく。

     

     

     

  • あけましておめでとうございます。

    新年あけましておめでとうございます。

    いよいよ2010年がスタートしました。

     

    昨年までのマイナスはきっぱり断ち切り、プラスだけは引継ぎ、今年一年間を素晴らしい一年にするべく、今日から歩んでいこうと思います。

     

    シエル・エ・ヴァンは今年の5月で1周年を迎えます。

    まだまだ新参者ですが、自分がワインの消費者の立場でいたのと、ワインをビジネスにしたのとでは随分とワイン観が違ってきました。

    やはり消費者の立場でいたときには、自分サイドから見た価値観でしかワインを見ることが出来ませんでしたが、ビジネスとしてワインの売り手になってからというもの、あらゆる角度からワインを見つめなければならないこと、またあらゆる角度からワインを見つめられるようにもなったと思っています。

     

    シエル・エ・ヴァンはまだまだ極小のワインショップですが、その分大手にはマネの出来ないきめ細かな、人間味溢れるアナログ・ワインショップとして成長し、近い将来、必ず日本ナンバーワンのサイバー・ワインショップまで成長させると心に誓っています。

     

    また今年一年間も、その夢に向かって実直に仕事に励み、少しずつコツコツとシエル・エ・ヴァンを大きくして行きたく思います。

     

    本年も皆様のご愛好、何卒よろしくお願い申し上げます。

     

1 2

ワイン通販なら

想い出生まれ年ワイン、デザイン自由オリジナルワイン

スペシャルコンテンツ

オールドワインの魅力

最新のブログ記事

カテゴリー

タグクラウド

月別アーカイブ